あなたの未来を許さない

Syousa.

第六日:01【御堂小夜子】

第六日:01【御堂小夜子】


『10月30日金曜日、朝のニュースをお届けします』


 アナウンサーがニュースを読み上げる声が、キッチンに響く。


 そんな中、絶望的な表情を浮かべつつ、小夜子はコーンフレークを口へと運んでいた。
 スプーンを口に入れようとするが、唇が上手く動かない。
 豆乳が顎からだらしなく垂れ、テーブルを濡らした。


(えりちゃんが、人を、殺した)


 昨晩、対戦成績を見た時の衝撃が、抜けきらない。


 あの恵梨香が。
 あの優しい恵梨香が。
 自分のために誰かを犠牲にするくらいなら、間違いなく自分の死を選ぶであろう、あの子が。


 対戦相手を、殺したのである。


 無論、グラスホッパー戦のように、相手の事故という可能性もある。そうであって欲しい、と小夜子は願う。
 だが同時に、それは無いのだろう、とも小夜子は理解していた。


 昨晩は5回戦。
 もう既に4回も、死線をくぐって来た人物が相手なのだ。
 そうそう、そんな幸運が期待できるとは思えなかった。


 やはり、恵梨香が殺したのだろう。


 豆乳とは違う透明な液体が、ぽたり、とテーブルに垂れた。


 どれほど、追いつめられたのだろう。
 いかに、その判断を下すのに迷ったのだろう。
 手を下した後に、どれだけ苦しんだのだろう。


 恵梨香が相手を殺さざるを得なくなった経緯を様々に想像するだけで、小夜子の目から涙の粒が次々とこぼれ出た。


(でも、駄目よ小夜子。あなたがえりちゃんを支えなくて、どうするの)


 萎れそうになる、自らの心を叱咤する。


「そうよ。私がしっかりしなくてどうするの」


 目に力を取り戻した小夜子は、今度は貪るようにコーンフレークを流しこむのであった。





 時計は「07:30」を表示していた。
 約束の時間の7時40分までは、まだまだ余裕がある。
 それでも小夜子はじっとしていられず、戸締まりをして家の外へと出た。


 待ち合わせの場所である、御堂家と長野家の境目。


 そこには、既に恵梨香が立っていた。


 青白い顔をして、目の下にクマを作り、たった一日だけで随分とやつれたような印象を受ける。
 そして、何処を見るでもなく。口を半開きにしたまま、ぼんやりと空に視線を向けていた。


 そんな彼女の姿を見ただけで、小夜子の眼球の裏が熱くなる。
 溢れそうになるものを、やや顔を上げて抑えこみ。
 血が出そうなほど、拳を握りしめて耐えた。


 彼女の存在に気付いた恵梨香が、小夜子へと向き合う。


「……おはよう、さっちゃん」


 弱々しい声で挨拶し、儚げに微笑んだ。
 そして、いつも挨拶と同時に抱きついてくる小夜子のタックルに備えたのだろう。鞄を置き、手を肩幅程まで広げて、迎える体勢をとった。


「おはよう、えりちゃん」


 駆け出すと、熱いものが溢れそうだ。
 目を細めて必死に、涙のダムを作りながら、小夜子はゆっくりと歩み寄り。
 眼鏡を外してポケットに入れると、恵梨香の胸に顔を埋めた。


 恵梨香が小夜子の肩に手を回して、ぎゅっ、と抱きしめてくる。
 いつもは、無いことだ。


(ああ、やっぱり辛いんだわ、えりちゃん)


 小夜子の堤防が決壊した。
 涙が頬を伝い、恵梨香の胸を濡らす。
 小夜子は肩の震えを隠すために、さらに顔を埋めて、ぐりぐりと頭を振った。
 痙攣するかのような呼吸を気取られぬよう、両手で恵梨香の胸を強く揉みしだき、誤魔化した。


「……ブラが硬え」
「やだもー、さっちゃんのエロすけ」


 身を捩るも、恵梨香は小夜子を振り払おうとはしない。


「ぐへへへへ、ねーちゃん、今日も変わらずええ乳してまんな」


 小夜子はわざと中年オヤジのようなダミ声を出して、声の震えを隠蔽する。


「ああ、御堂はん!堪忍して~」


 恵梨香がそれにのって、ボケた。


 ……二人はしばらくそのままの姿勢でいたが、やがて、恵梨香の制服で涙を拭きとった小夜子が、俯きながら顔を離す。


「興奮しすぎて鼻水が出た」


 顔を下に向けたままポケットからティッシュを取り出し、ちーん、と大きな音を立てて鼻をかむ。そして鼻周りを拭くフリをして、残った涙とその跡を拭い取った。


「やだぁ、私の制服で鼻拭かないでよ?」


 ちっとも嫌そうな顔をせずに、恵梨香が微笑んだ。


「じゃ、そろそろ行こうか」
「うん」


 恵梨香が手を差し出す。小夜子がそれを掴む。
 白魚のような指が小夜子の手を這い、指の間に絡み、結び方を変えた。
 そして、しっかりと握りしめる。


 明日も迎えられるかどうか分からない、「至福の15分」の始まりだ。





 会話は、今日も無かった。
 ただ恵梨香の掌の感触だけが暖かく、切ない。


 小夜子が恵梨香を見上げる。
 恵梨香は目を合わせず、前を向いたまま足を進めている。
 引っ張られるように、引き寄せられるように、小夜子も並んで歩いた。


 ごめんね。と小夜子は心の中で呟く。


 ごめんね。何もしてあげられなくて。


 でも、貴女は悪くないわ。
 悪いのはあの未来人どもよ。


 そして、何も出来なかった私。


 私が最初から覚悟を決めていれば。
 もっと早く、他の対戦者を殺し始めていれば。
 貴女は昨日、「その相手」に出会わなくてもよくて。
 手を汚さずに済んだかもしれないのに。


 ごめんなさいね。えりちゃん。
 本当に、ごめんね。


 だから、貴女は気に病まなくていいのよ。


 貴女の罪は、私のせい。
 貴女の罪は、私の罪。


 だからね、もう、泣かないで?





 そろそろ「至福の15分」が、終わろうとしていた。
 他の生徒と通学路が重なる辺りまで、二人は歩いてきていたのだ。


 小夜子が、ゆっくりと恵梨香の指を解き、手を離す。


 いや、離そうとした。


 が、恵梨香が離さない。
 力を込めた恵梨香の指が、二人の掌をきつく重ねたまま、離さないのだ。


 手を振って、引き剥がそうとする小夜子。
 その手を恵梨香は、さらに強く。痛いほどに、握りしめた。


「えりちゃん、手、離さないと。その、もう、みんなが、来ちゃう」


 恵梨香は小夜子の方を見ない。
 ただ、前方に目線を投げたまま。


「いいじゃない」


 そう、一言だけ口にした。


「え、だって。だって」


 小夜子が慌てるが、もう恵梨香はそれには答えない。
 手を結んだまま、いや、引っ張りながら、歩き続けた。


 やがて、


「よう、長野」
「恵梨香さん、おはよう」
「オーッス、エリチン」


 などと、学友達が集まり始めた。


 が、小夜子を引っ張って歩く恵梨香の姿を見て、彼女達は戸惑った表情を浮かべる。


「……何やってんの?長野」


 その内の一人、ベリーショートの体育会系女子が、躊躇いつつ、尋ねてきた。


「何が?」
「いや、そいつ1組の御堂だろ?手なんか繋いで、どうしたんだよ」
「手ぐらい繋ぐよ~、私達、親友だもの。知らなかった?」
「お、おう、そうか……」


 ベリーショートが、小夜子を見る。
 小夜子は赤面しながら、ずっと下を向いて、恵梨香に引かれるままにされていた。


 ベリーショートは、まあいいや、といった風に肩をすくめると、恵梨香と談笑を開始する。


「長野、宿題やった?」
「当たり前でしょ、直美ちゃんは、やってないの?」
「さっき佐伯に言われて思い出してさ。朝の会が始まる前に、写させてよ」
「やぁよ」
「頼むよー」


 間もなく他の学友達も恵梨香といつものようにお喋りを始め、小夜子はその輪の中央で、ひたすら俯いたまま恵梨香に手を引かれ続ける。


 結局恵梨香が小夜子の手を離したのは、下駄箱まで辿り着いてからのことであった。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く