あなたの未来を許さない

Syousa.

第五夜:06【スカー】

第五夜:06【スカー】


 振りかぶって。
 振り下ろす。
 持ち上げて。
 叩きつける。


 繰り返し、行う。


 その度に「ごきり」という音や「ぐちゃり」という音が、赤く照らされた周囲に響いた。


 まだか。
 まだか。
 まだなのか。


 胃からこみ上げる熱いものを必死に抑えつつ、小夜子は「作業」を続けた。


 やがて。


 ぱんぱかぱぱぱぱーん。


 という貧相なファンファーレ。


『Aサイド【アクセレラータ】死亡!勝者はBサイド【スカー】!キョウカ=クリバヤシ監督者、おめでとうございます!』


(終わった)


 ハンマーを下ろし、杖代わりにして体重を預ける。
 足はがくがくと震え、彼女自身を支えきれない。
 締め付けから解放されたかのように、荒い呼吸を繰り返した。


(うまく、やれた)


 戦場に、恵まれた。
 夜間だったのは、大きかった。
 武器にも、困らなかった。
 考察するために、相手の能力を発動させるのにも成功した。
 罠の材料も、十二分に手に入った。
 何より、相手との相性が良かった。


 とにかく、様々な条件が揃っていたのだ。


 小夜子はそのことに感謝しつつ、ハンマーを強く握りしめる。
 途端、相手の頭蓋を打ち砕いた感触が手に蘇り、再び酸っぱい味が口まで押し寄せる。
 人を殺めた実感は、【モバイルアーマー】の時よりもより強いものであった。


『6回戦は明日の午前2時から開始となります。監督者の方も、対戦者の方も、それまでゆっくりとお休み下さい。それでは、お疲れ様でした!』


 胃液が口中まで遡ってきた感触を感じながら、小夜子の視界は暗転。
 体は、闇へと沈んでいく感覚に包まれた。





 どくん。


 という鼓動。復活する視界。
 嘔吐寸前で維持されていた感覚まで蘇り、小夜子の口腔は胃液で満たされる。


『サヨコ!生き残ったんだね!』


 部屋に帰還した小夜子に駆け寄るキョウカに向けて


「おぼるええるえええ!」


 座り込みながら、吐いた。


『ファッキンマーライオン!』


 と叫びながら吐瀉物を緊急回避するキョウカ。
 小夜子はそれに対し、


「……600年後でも……マーライオンってまだあるの?」


 息も絶え絶えに尋ねた。


『あるよ。シンガポールは核の直撃を受けなかったからね』
「ああ、そう」


 自分で尋ねておきながら、興味なさげに相槌を打つ小夜子。
 すー、はー、すー、はー。
 数秒かけて呼吸を整えると


「【対戦成績一覧】」


 と、荒く、低い声で呟いた。


 小夜子の眼前にいつもの画面が投影される。
 生存者は白地に黒字の枠。
 脱落者は黒地に白字の枠。
 それらが、小夜子には分からない規則性で並んでいる。


(少ない)


 昨日見たのと比べても、生存者の枠はぐっと減っていた。
 そのことが、小夜子の不安を掻き立てる。
 嘔吐による体力の消耗からではなく、恐怖と焦燥から、彼女の呼吸が早くなる。心音が強まった。


 一覧に【ガンスターヒロインズ】の名前は、無い。
 震える右手を左手で支えながら、画面をスクロールさせた。
 スクロールさせて、止める。
 視線を走らせて、またスクロールさせる。また止めて、視線を走らせる。


 対象を発見したのだろう。小夜子の目が止まり、やや動いた後、大きく見開かれた。
 そして、


「うああああああああああああああああ!」


 悲痛な声を上げながら、額を床に打ち付けた。
 口を押さえ、声を必死に殺しながら。
 それでも漏れ出る声を上げつつ。
 涙を溢れさせて。


「嘘よ。嘘よ。嘘よ!」


 何度も何度も。フローリングに額を叩きつけていた。


 尋常ではない小夜子の様子から、ある可能性を推察したキョウカが、


『まさか、エリ=チャンが!?』


 小夜子の側へ飛び移り、投影された画面へと目線を移した。
 慌てて一覧を上から順に確認し、ついにキョウカは対象へ辿り着く。


 能力名【ガンスターヒロインズ】。監督者レジナルド=ステップニー。


 その枠の色は。


 白地に黒文字であった。
 生存を示す、希望の配色だ。


 キョウカはふぅ、と胸を撫で下ろし、床に伏したままの小夜子へ向けて言った。


『何だよ、エリ=チャンはちゃんと生き残っているじゃないか。質の悪い冗談は止めてくれよ!』


 だが、小夜子は顔を上げず、いやいや、とでもいうかのように、床に顔をつけたまま首を振る。
 そしてそのまま右手だけを上げ、画面を指差した。


『だから、エリ=チャンは生き残っているってば。見間違えでもしたのかい?』


 再び首を振る小夜子。


 指はまだ、画面を差している。


『ひょっとしてエリ=チャンじゃないのかい?じゃあ、何だっていう……』


 そこまで言いかけたところで、キョウカの動きが止まった。
 もう一度画面を注視して、気付いたのである。


 小夜子のその、慟哭の理由に。


 能力名【ガンスターヒロインズ】。監督者レジナルド=ステップニー。
 対戦成績、1勝0敗4引き分け。


 長野恵梨香が、人を殺したのだ。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く