あなたの未来を許さない

Syousa.

第五夜:04【アクセレラータ】

第五夜:04【アクセレラータ】


「【残り時間確認】」


 フェオドラの目の前に「00:35:12」と残り対戦時間が表示される。


 あれから50分近くもの長い時間、【スカー】に動きはなかった。


 フェオドラは、最初の20分弱を、瓶を投げつけられた現場付近で警戒し続けた。
 何も無かったので、次の10分強は展示館の周りをぐるりと歩きながら、敵を探す。これまた、何も発見出来ない。
 そして今に至るまでの残りの時間。いつでも能力を発動できるように注意しながら、彼女は遊歩道沿いにゆっくりと索敵を行っていた。


 明らかに、時間の経過により緊張が解け、行動が大胆になってきている。
 どんな人間でも、緊張を持続させ続けることは出来ないのだ。


 周囲を窺い、注視し、何もないことを確認する。
 移動し、また周囲を窺う。
 傷を受けず、戦いもなく、敵の姿も見えない。動く気配も感じられない。
 ルーチンワークとなりかけた行動。


 何もない時間、が続き過ぎた。


 そんな時間が続けば、必ず人間の集中力は低下する。油断も出てくる。
 彼女も修羅場を数度くぐり抜けているとはいえ、軍人でも警官でもない。そういった自身の心理状態を管理する教育も当然受けてなどいない。元々はただの女子高生でしかないのだ。


(やっぱり、【スカー】は時間切れを狙っているんだ)


 開始直後のアナウンスによれば、【スカー】は既に2勝を挙げているはずだ。
 だから、この試験自体に「やる気」が無いとは思えない。
 だが、この対戦。当初からスカーの行動には当初から積極性が見られないのだ。
 これはどういうことだろうか。


(そうか、【スカー】の能力は、この戦場には適さないんだ)


 夜戦は都合が悪いのか。
 はたまた開けた屋外という環境が適さないのか。
 それは分からない。


 おそらく、瓶を投げてきたのは能力発動のための、何らかのトリガーだと思われる。
 だが結局、何も仕掛けてこなかったところをみると、あれは失敗に終わったのだ。
 それで【スカー】は、今回の対戦を捨てて、生き延びることのみを優先したのだろう。
 だからあれ以降は、ずっと闇に隠れているのだ。


(そんな選択肢をとってくるとはね)


 引き分けが許される【スカー】の立場を、フェオドラは羨ましく感じた。


(でも私は、引き分けでは終われない)


 引き分けに終われば、また「総括」が待っている。


 闇に隠れ続けるなら、いいだろう。
 戦う気が無いなら、好きにすればいい。
 だが、そっちの都合が悪いことなど、知ったことではないのだ。


(やってこないなら、こっちからやってやる)


 しかし、どうやって探すのか。
 戦場はあまりにも暗すぎる。
 いっそ管理事務所に戻って、懐中電灯でも探してくるか。


 そこまで考えたところで、フェオドラは、はっ、と思いついた。


 簡単な話だ。実に簡単で、単純な話。


 光源がないなら、作ればいい。それもとびきり大きい奴を、だ。





 事務所の中に戻ったフェオドラは、各窓のカーテン、壁近くの可燃物、そういったものに徹底的に放火して回った。可燃物が無いところには、雑誌や新聞紙を運んできて焚き付けた。倉庫の中には板切れも何枚か転がっていたので、それも薪代わりに使う。


 当初は、先程事務所を漁った際に無視していた机の中のライターで行うつもりだったが、事務員の机とおぼしきものの中に、都合がいいことに着火専用の小型器具があったので、それを使って火を点けて回った。
 引き金を引けば筒の先から火が出るのだから、ライターより数倍楽である。


 奥から順に火をつけ、天井まで燃え広がり始めたのを確認しながら、入り口へと向かう。


 一般家庭の家屋で火災が起きてからもっとも火が強くなるまで、おおよそ7~8分程度と言われている。この事務所がそれに比べて火に弱いのか強いのかまでは彼女には分からないが、木造部品をふんだんに使った建屋は、しっかりと火の勢いを強めていった。
 それも、加速度的に。


(灯油でもないと厳しいかと思ったけど、いらなかったな)


 屋内から脱出したフェオドラは、事務所の脇、火の粉を被らない程度の位置に立ちながらそう思った。


 十分だ。これで、十分だ。


 燃え上がる炎は、煌々と周囲を照らしている。
 巨大な光源として。
 そしてこの光はこれから、もっと強くなる。


 その赤い光を利用して、ゆっくりと、だがしっかりと全周を見回すフェオドラ。


 あれは、裸の少女のブロンズ像。
 あれは、水鳥の彫像。
 あれは、作者の正気を疑うような現代アートの金属作品。
 あれは、立っている人影。


(……人影だ)


 遠いので、どんな顔をしているかは分からない。
 だが、あれは作品群ではなく、間違いなく、人間だ。
 黒っぽいセーラー服を着た少女が、立っているのだ。


「……見つけた」


 フェオドラの唇が、意識せず釣り上がる。
 本人も知らぬうちに、笑っていたのだ。


(これで「総括」は免れる)


 フェオドラの思考は、その一点で占められていた。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く