あなたの未来を許さない

Syousa.

第五夜:01【スカー】

第五夜:01【スカー】


 時計は「10月30日 午前1時52分」を表示している。


 食後の恵梨香とのSNS交流を経て、仮眠をとって精神の落ち着きを図っておいた小夜子。現在は、部屋の中央に座って転送の時を待っている。
 キョウカはくるんくるん、と小夜子の周囲を回っており、光の粒子を絶え間なく撒き散らしていた。
 相談の結果、本日の面談時間を夜食時に30分、対戦開始前に15分、対戦終了後に15分、と振り分けていたキョウカは、対戦直前の小夜子を相手に、最後の打ち合わせとメンタルケアを行っているのだ。


『服装の変更?』
「そう。今ふと気付いたんだけどさ。出来るかシステムに問い合わせてほしいの」
『うーんどうかなあ……視聴者受けと公平さを考慮して、対戦時の服装は普段の制服姿をベースに構築される、というのは説明済みだよね』
「ええ。だから、普段の冬、学校へ行くときにしていた格好になら、服装を変えられないか、と思ったのよ」


 小夜子は、【グラスホッパー】が羽織っていたPコートを思い出しつつ、言った。


『ああ、普段通学している格好か』
「私、冬場は普段、黒いタイツと手袋、そして黒いマフラーをしてるんだけど」
『手袋にマフラーまで黒か。女の子なのに華が無いねえ』
「それよ。紺のセーラーとそれを合わせれば、肌がかなりの部分、暗い色で隠せるわ。もし戦場が夜だった場合、夜間迷彩の足しになるんじゃないかと思って」


 実際には、暗色と言えど単色ばかりでは夜間迷彩としては機能しにくい。結局は地形に合わせた選択が必要なのである。
 だが、肌が露出するよりかはマシであるし、暗闇に紛れ込みやすいのは、確かだ。
 眼鏡による反射……こればかりは、どうしようもない、か。コンタクトレンズは試したことすらないのだ。


 キョウカのアバターは数十秒程目を閉じてじっとしていたが、やがて、


『大丈夫だってさ。夏服だって可能だそうだよ』


 と、親指を立てながら伝えてきた。


「夏服は白いからいらない。じゃあ、これからは冬の通学の格好で対戦するように、変更なり申請なりしておいてくれる?」
『OK』


 先程同様、キョウカが目を閉じて動きが止まり、同様に数十秒後。


『出来た。これで今回からは冬の格好だね』
「お使いありがとうねえ、お嬢ちゃん」
『……僕は大学生で君は高校生だぞ。子供扱いするな』


 キョウカの頬が、ぷくっと膨れた。
 小夜子はごめんごめん、と言いながら、ははは、と笑う。


 キョウカがまだ子供の年齢だということ。
 それは、キョウカにとっては不本意なアプローチだが、結果的に、小夜子との距離を縮める手助けになったようである。


「……そろそろかな」
『そうだね』
「じゃあ、行ってくるわ、相棒」
『誰が相棒だよ。馬鹿じゃないの』


 そう言いつつも、キョウカの声は少し、浮ついていた。


 キョウカは、恵梨香を危機に追いやり、やがて小夜子に死をもたらす未来人の一味である。
 本来であれば、憎悪と酷薄……負の関係しか成立し得ない二人だ。
 だが、内心の吐露と協力の契約を経て。
 小夜子とキョウカの間には、奇妙な友誼が成立しつつあった。


『健闘を祈ってるよ』
「私じゃなくて、えりちゃんの健闘を祈っていて頂戴」
『じゃあ、二人分祈っておこう』
「そうね」


 そこまで話したところで、小夜子の意識は途切れ、闇へと沈んでしまった。





 どくん!


 鼓動とともに、小夜子の視界が復活する。


 暗い。どうやら今回の戦場は、夜間のようだ。
 足元はどうやらアスファルトらしい。


 周囲を見回すと、ぽつ、ぽつと街灯のようなものが灯っているのが見えた。だが圧倒的に光量は足りず、街灯の直下以外は、弱々しい月明かりに依存せねばならないようだ。


 草木の匂いが強い。ここは都市部ではなく、山に近い方なのだろうか。遠目に見える景色は、山と森ばかりであった。それでいて虫の声が全く聞こえないのには違和感があるが、これは、ここが複製空間だからなのだろう。


 自分の格好を確認する。
 いつもの紺のセーラーに、黒い手袋、黒いマフラー、黒いタイツ。
 キョウカとの打ち合わせ通り、冬の通学スタイルにしっかりと変更されている様子である。
 ポケットをまさぐるが、中には、何も無し。これは今までと同じだ。


『空間複製完了。領域固定完了。対戦者の転送完了』


 既に聞き慣れたと言ってもいい男の声が、小夜子の頭の中に響く。
 このアナウンスは人工知能が喋っている、という話はキョウカから聞かされた。


『Aサイドッ、能力名【アァァクセレラータァァ】!監督者【ゲラーシー=ブルイキン】ッ!』


 小夜子の近くに、【アクセレラータ】という能力名と、監督者名が文字となって浮かび上がる。
 戦績は、「3勝0敗1引き分け」。


 昨晩の【モバイルアーマー】と同じ、「やる気になっている」人間だ。
 小夜子の左目の下が少し、ぴくり、と痙攣した。


『Bサイドゥ、能力名【スゥカァァァ】!監督者【キョウカ=クリバヤシ】!』


 同様に自分の能力名とキョウカの名前が浮かび上がる。
 戦績は「2勝0敗2引き分け」。


『領域はこの【県民の森】、その一部となります。戦場は広く、目印になり易い外壁で仕切られてはおりませんので、対戦者の皆さんは各自で対戦領域の確認を行い、把握しておいて下さい。対戦相手の死亡か、制限時間2時間の時間切れで対戦は終了します。時間中は監督者の助言は得られません。それでは、対戦開始!対戦者の皆さんの健闘を祈ります!』


 ぽーん


 という開始音が鳴り響いた。


 周囲を改めて見回す小夜子。
 足元も、もう一度見る。


 今立っているのはアスファルトの遊歩道。その近くに、側溝があるのが分かった。
 歩き寄り、中を覗き込む。
 暗くて分かりにくかったが、手袋を外して指を差し込んでみると、冷たくぬるりとした感触があった。どうやら、溝には泥が溜まっているようだ。


 躊躇なく手で掬い、顔に塗りつける小夜子。
 泥の不快な感触が肌に広がり、土の匂いが鼻腔に入り込む。
 それらを一顧だにせず、彼女はその顔に、その首に。その手首に。丁寧に、しっかりと塗りつけていった。


 塗り終え、眼鏡をかけ直す。泥の上からマフラーを首に巻き、汚れた手に手袋をつける。赤いタイは外して、ポケットに入れた。
 こんな運命でなければ、おそらく一生することのない、化粧と着こなしだ。


「まずは、武器の調達と戦場の確認。それから相手の能力の考察、出来れば確認」


 深呼吸。


 吸って。


 もっと吸って。


 吐く。


 長い吐息の後、小夜子は唇を歪ませ、目を細めながら呟いた。


「さあ、行くわよ【スカー】。これからは、狩りの時間よ」

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く