あなたの未来を許さない

Syousa.

第五夜:02【アクセレラータ】

第五夜:02【アクセレラータ】


 伊勢フェオドラは、『県民の森』、公園管理事務所のドアノブに、そっと手をかけた。


 運良く鍵がかかっていなかったのだろうか。ノブは抵抗なく回り、ドアは小さな音を立てて開く。フェオドラは敢えてドアを全開にはせず、そのままそろそろと、音を殺して事務所の中へと侵入。体を全部室内へと入れると、ゆっくりとドアを閉じた。
 事務所の中には、6台ほど事務机が置かれている。彼女は姿勢を低くしたまま歩み寄り、机の引き出しを開けて物色を始めた。


 伊勢フェオドラの能力、【アクセレラータ】は直接相手を攻撃する術を持たない。
 彼女に与えられたこの能力は、一時的にフェオドラ自身の運動速度を数倍まで早めるものであり、それ自体に敵を殺傷する力がある訳ではなかった。「アクセレラータ」という、母親の故郷の言語が意味する通り、この能力は純粋に「加速装置」なのである。
 そのため彼女は対戦ごとに毎回武器を現地調達して、敵と戦わねばならなかったのだ。


 ごそごそと机を漁っていると、幅広のカッターナイフが入っていた。
 殺傷力といい、耐久力といい、他人に向けるのに適した武器ではない。
 が、【アクセレラータ】の能力中でも扱いやすい、貴重な軽量の刃物である。フェオドラは音を立てないようにそれを持ち上げ、白いセーラーの上着についた胸ポケットに、それを忍ばせた。
 引き出しを閉める際に自分の金髪まで巻き込んでしまい、思わず小さく悲鳴を上げてしまう。慌てて口を塞いだが、これは今更意味が無いだろう。


 そのまま同様に他の机も漁り、カッターナイフをもう2本程調達することに成功する。これはスカートのポケットへ入れる。
 だが、他に武器として使えそうなものは、無かった。


(包丁が、あるかも)


 姿勢を低くしたまま、給湯室へと向かう。


 整理されていない給湯室を調べるが、包丁の類は見受けられなかった。


 果物ナイフくらいはあっても良さそうなのに、とフェオドラが考えて事務所へと戻ろうとした時、彼女は目当ての物が見つけられなかった理由を察した。
 デスクを漁っていた時は間仕切りの死角で気付かなかったが、応接スペースの脇にある窓ガラスが一枚、割られているのだ。
 丁度鍵に手が届くように割られた窓ガラスは、鍵を開けた上で、スライドして開かれていた。


 明らかに、何者かが侵入した跡である。
 この戦場で、「何者」かなど、一人しかいない。
 そして、事務所のドアロックがされていなかった理由にも気付いた。


(【スカー】!?【スカー】も事務所に入ってきていて、事務所のドアの鍵を中から開けて、出て行ったの?)


 だが一体何のために、と考えを巡らせる。


 整理されていない給湯室。いや、あれは「散らかされた」給湯室なのだ。


(【スカー】も武器を探しに?)


 包丁の類が全く残っていなかったのは、スカーが持ち去ったからなのかも知れない。そう思いつつ、周囲を警戒しながら事務所の物置部屋らしきものも覗いてみる。すると、そこにも物色された形跡が見受けられた。
 どうやら、「武器探し」の線で正解のようだ。
 念の為にフェオドラも物置も漁ってみる。床に散乱した工具の中に、千枚通しが落ちていた。


(これは、使える)


 拾い上げ、これもポケットに入れる。
 刺突武器は、【アクセレラータ】と最も相性が良い。実際、彼女が倒したうちの2名は【アクセレラータ】による全力疾走からの刺突攻撃が決め手となっていた。
 木槌も落ちているが、これは逆に相性が悪いので拾わないでおく。遠心力を利用する重量系の打撃武器は、高速行動中には重心制御が難しくなり、極端に使い勝手が悪くなるのだ。
 同様に、高速運動を利用しての投擲攻撃も、腕を大きく振ることで体のコントロールがひどく困難になるため使用していない。
 習熟の時間がたっぷりあれば、投擲は、あるいは強力な武器へと変貌したかも知れないが……これは特殊能力を使っての行為なのだ。現実では、練習することすらも叶わなかった。


 他にはノコギリやキリといった、殺傷には向かない工具しか無い様子。


 結局彼女がこの管理事務所で入手出来た武器は、カッターナイフ3本と千枚通しが1本だけであった。


 ポケットの中にある武器の感触を確かめつつ思う。


(これで、倒せるでしょうか。ブルイキン)


 倒せなければ、「総括」が待っているに違いない。
 フェオドラの背筋を、冷たい汗が流れ落ちた。





『人は、苦痛と恐怖で従えるのが、一番合理的で、かつ確実なのだ。それは、歴史が証言している』


 彼女の監督者であるゲラーシー=ブルイキンは、そう言って憚らない男である。
 彼は、選んだアバターこそ小さな可愛らしい子熊の見た目だが、その実は、嗜虐性が高く、独善的で冷酷な人物であった。


 言葉通り、ブルイキンは初接触時から神経干渉を多用した。


 まず、未来人の存在を納得させるために使用した。次いで、初戦から相手を殺しにかかるよう、言うことをきかせるためにも使用した。
 その一方で、対戦ルール以外の説明は、ほとんどされなかった。大学授業の教材にされている、という背景も、四日目になって初めて聞かされたくらいだ。


 初戦の【マンアットアームズ】との対戦で、戦果を上げることが出来ず引き分けに終わったフェオドラに対し、ブルイキンは翌日の面談時に「総括」と称して痛覚神経を蹂躙した。
 痛みから逃れるため二戦目の【オッドアイビーム】は必死に戦い、なんとか相手を殺すことが出来た。禁忌を犯す躊躇いを、恐怖があっさりと凌駕した。だが、彼女の懸命の戦いに対しブルイキンは、『手際が悪い』とこれも翌日に「総括」を実行する。
 三戦目の【デスサイス】では、自分の能力の把握も進み、何となく、とるべき戦法が見えてきた。これに対してブルイキンは『君には期待しているのだ。努力せよ』と軽めの「総括」を行う。
 四回戦の【パペットメーカー】。この戦いでフェオドラは、「小さなダメージを蓄積させ動きを止めた後、死角からの高速接近、急所への全力刺突によるとどめ」という彼女なりの戦術パターンを確立させることになる。
 今度は、「総括」は無く。
 フェオドラは、ブルイキンから賞賛の言葉を浴びせられた。


 フェオドラはその時、嬉しい、と思ってしまった。
 痛みから逃れられたからなのか、褒められたからなのか。
 フェオドラ自身にも、それは分からない。


 発狂寸前の苦痛と恐怖に脅かされ続けた彼女の精神では、もうそんな判断など、つかなくなっていたのだ。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く