あなたの未来を許さない

Syousa.

第五日:03【御堂小夜子】

第五日:03【御堂小夜子】


『サヨコ、いいかい』


 キョウカの声で、はっ、と目が覚める。
 ネットで調べ物をした後、ベッドで横になりながら資料を読んでいるうちに、いつの間にか眠ってしまっていたようだ。
 枕元の目覚まし時計を見ると、「20:15」と表示されていた。窓の外も、もうすっかり暗い。


『少し疲れていたようだったからね。そのまま寝かせておいた。ただ、そろそろ遅い夕食を取っておいた方がいいと思って、起こさせてもらったんだ』
「そういえば、帰ってきてから何も食べていなかったわ」
『4回戦が終わったところで、残った対戦者はあと20人。まだ何日か、対戦は続くからね。きちんと食べて、心身の衰弱を防がないといけない』


 残り20人。開始時は50人の対戦者がいたそうだから、半数以上が脱落し、死んだということになる。


「【対戦成績確認】」


 口にした小夜子の眼前に、画面が投影される。
 キョウカの話を聞いて、何となく生き残っている対戦者の名前を流し見してみたのだが。そうしてみると、ふと、ある生存者の欄に目が止まった。


 能力名【ホームランバッター】、監督者アルフレッド=マーキュリー、2勝0敗2分。


 二日前に相見えた【ホームランバッター】……田崎修司である。
 彼がまだ生き残っていることに恐れを感じるような、それでいて少しほっとしたような複雑な感情が小夜子の胸中を駆け抜け、彼女は深く、ゆっくりと息を吐く。
 そして、彼の戦績の「2勝」という数字を、やや悲しげな眼差しで眺めていた。


「やっぱり、殺られる前に殺るしかねーんじゃねえか!」


【ホームランバッター】の叫びを思い出す。


 確かに【ホームランバッター】との交渉は失敗し、小夜子は彼に殺されかけはした。
 だが一度は、相対して話をした相手であり、互いに手を組もうと考えたのだ。そして、彼が小夜子に対しあのような行動に出たのが恐怖ゆえというのも、今となっては理解できる。
 彼に対して憎しみや怒りという感情は、湧かなかった。
 だから、小夜子との対戦があった後、彼がどんな経緯を経て二人も殺すことになったのか。
 それに想像を巡らすと、陰鬱な気分にさせられるのであった。


 だが。
 もし、次に彼と対戦カードが組まれた時は。相見えたならば。
 躊躇はしない。
 絶対に倒す。


 確実に、殺す。


 小夜子はそう、心に刻みつけた。





 あさがおマートで帰りに買っておいた弁当を自室に持ち込んで、食べ始める小夜子。
 妖精姿のキョウカのアバターは、その脇でふわふわと浮かんでいた。


「私の体調まで気遣ってくれるとは、随分と丁重な扱いじゃない」


 箸を動かす合間に、小夜子がキョウカへ向けて言った。


『戦術面でのアドバイスは出来ないし分からない。ルールももう理解してきているし、君も対戦慣れしてきている。もうこの段階まで来ると僕達監督者の役目は、君達のモチベーションと士気の維持、メンタルの管理が主だからね。当然のことさ』
「まあ確かに。戦闘面でアドバイスもらえないなら、腹時計の代わりくらいしか役に立たないもんね」
『言うなぁ、君も』


 苦笑するキョウカ。


「まあいいわ。話し相手くらいにはなれるでしょ」


 弁当に入っているピンクの漬物を一つ、口に入れる。口内に濃い塩味が広がった。


「そういえばアンタ、前に飛び級してるから歳は私とあんまり変わらないって言ってたけど、いくつなのよ」
『女性に歳を尋ねるのは失礼じゃないかい?』
「私も女よ。生物学的にはね。くだらないこと言ってないで、いいから答えなさいよ」


 米飯を摘んで食べる。もぐもぐもぐ。


『……10歳』
「ガキじゃねーか、ボケ!」


 米粒を吹き出しながら、小夜子が大声を上げる。


『そうやって舐められるから言いたくなかったんだ!』
「何が『歳が近い』よ。10歳!?ぜんっぜん、子供じゃない!」
『もうじき11歳だよ!』
「対して変わんな」


 ぴろりん。


 小夜子の声を遮ったのは、SNSメッセージだ。当然送り主は、恵梨香である。


《どうしたの?》
《近所迷惑マジごめん。ネットでレスバトルしててムカついちゃって》
《二十ちゃんねる?よつば?》
《よつば》
《まあ、ほどほどにしときなよ~》


(心配かけてごめん、えりちゃん)


 嘘を交えた短いメッセージのやりとりを終え、食事、そしてキョウカとの会話に戻る。


「しかしまああれよね」
『うん』
「私がオナニー覗かれたの怒った時に、アンタだってやるでしょ!?っていったら『嗜む程度には』とか言ってたわよね」
『ああああああああ!』
「あらまあ、まだお子様なのに。お・ま・せ・さ・ん」


 妖精が絶叫し、光の粒子を撒き散らしながら床の上をのたうち回る。
 小夜子はそれを、にやにやしながら眺めていた。


 確かに、こうやって話していたほうが精神の安定にはいいかもしれない。
 不安が紛れるのを、小夜子は実感していた。





『そういえば、昼間の君の行動をモニターしていた時』


 うん、と唐揚げを頬張りながら小夜子が頷く。


『ナカタヒメコ?が君が昔やらかしたことを口にしていたが、あれは本当かい?』
「違うけど、事実でもあるわ」
『中学に大人を石で殴ったってのはエリ=チャンのスカウトマンに対してやらかしたことだよね?前に言ってた』
「そう、それね」
『小学生の頃、近所の犬を刃物で刺したってのは?』
「あーあれはね。3年生の頃、鎖を引っこ抜いて逃げだしてきた近所のクソ犬がたまたま帰宅途中だったえりちゃんに遭遇して、足に噛み付いたことがあったの。で、私、一緒にいたから。噛み付いてる犬の目をね、鉛筆で刺して追い払ったの」
『……君は本当にクレージーだな』
「はあ?どこが?えりちゃんの柔肌に傷をつけるなんて!犬畜生の分際でそれをやったのに、片目を抉られただけで済むなんて。殺処分を免れたのは女神の温情だけど、本来なら万死に値する重罪よ?」
『ああ、うん、そうだね……』


 引きつった顔の妖精というのは、お伽話に慣れ親しんだ者には、きっと新鮮な光景だっただろう。


『じゃあ、いきなり同級生に水かけて泣かせたってのは?』
「……ああ、まあ内緒にしてよ?」
『うん』
「小学校入りたての頃ならたまーに聞くじゃない?学校でお漏らししちゃうとか」
『まあ、子供の頃はねえ』
「子供が何言ってるんだか……まあ、えりちゃんもさ、まだ小さかったから、漏らしちゃったことがあったのよ」
『へえ、あのしっかりしてそうなエリ=チャンがねえ』
「こないだまで幼稚園児やってた子供だもの。仕方ないわ」


 腕を組み、一人でうんうん、と頷く小夜子。


「全校一斉清掃の時間だったんだけどね。その日は6年生と一緒に組んで掃除することになってたんで、なかなかトイレに行きたいって言い出せなかったんでしょうね。私、丁度一緒の班で掃除してたんだけど、ふと、えりちゃんの異変に気がついたのよ。で、これはイカンって思ってね。水拭きに使ってたバケツの水をぶっかけて、ひっぱたいて、喧嘩したフリして校門まで追いかけて学校の外に出して家に帰させたのよ。いやー、マジで危なかったわ。ギリギリセーフ。もう少しで、あの可憐で聡明なえりちゃんに、お漏らしのあだ名やトラウマが刻まれるところだったもの」
『……君はどうなったのさ』
「ん?ああ、職員室で先生方から滅茶苦茶怒られたわねえ。烈火の如く、ってああいう怒り方を言うんだと思うわ」


 さらりと言いながら、唐揚げの下に敷かれたパスタを小夜子は口にする。
 が、むしゃむしゃと咀嚼し嚥下し終えると、箸をおいて俯いた。
 肩を落とし、目に力は無い。寂しげな、暗い表情をしている。


「でもね、私、そのことについてはずっと後悔しているの」


 意外な小夜子の変化に、キョウカが戸惑う。


「どうして、私はあの時えりちゃんを家まで追いかけなかったのか、って」


 顔を上げ、どこか遠くを見ているような、切ない目。


「何で、どさくさに紛れて、えりちゃんのお漏らしパンツを手に入れておかなかったのか!って。ずっと悔やんでいるの」


 そう口にしながら。
 悲しげな。本当に、悲しげな瞳をしていた。


『ああ、そう……』


 キョウカはただ、相槌を打つことしか出来ない。


「手に入れてたら、私、きっとものすごく大切にしていたわ。それこそ、家宝クラスよ」
『子孫もそんな宝を遺されても困るだろう……』
「末代だからいいの!それに、子孫といえど他の奴に堪能させてなるもんですか!」


 きっ、と睨みつける。


『ああ、はい。よく分からないけど。汚いんじゃないの?』
「まあ、キョウカみたいなお子様には、分からないかもね」


 フフフ、と笑いながら、今度は流し目で見てくる小夜子。


『大人になっても、まるで分かる気がしないよ、サヨコ……』


 少し疲れたような声で、キョウカは小さく呟いた。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く