あなたの未来を許さない

Syousa.

第五日:02【御堂小夜子】

第五日:02【御堂小夜子】


 昼休み。
 昨日は一日家にいたため、昼食のパンをあらかじめ用意できなかった。
 そのため、今日は購買に行ってパンを買ってきたのだが。


 教室に戻って自分の席へ向かうと、中田姫子が小夜子の机の上に腰掛けているではないか。
 取り巻きの佐藤と本田は、やや離れたところから、にやにやしながら小夜子を見ていた。おそらく、小夜子がどんな反応をするか楽しんでいるのだろう。そして、どんな反応をしてもそこから嫌がらせに繋げるつもりなのだろう。
 手を変え品を変え、マメなことだ、と小夜子は思った。


 以前の小夜子であれば、萎縮して教室の外へ出てしまっていただろう。
 だが、今の小夜子にとって、彼女達によるイビリなど最早どうでもよくなっていた。正直なところ、中田姫子に対して神経を遣ってやれるような精神的余裕など、もう、無いのだ。


 つかつかと自分の席へ歩み寄ると、


 どん


 と自分の机を蹴っ飛ばした。
 姫子が机ごと倒れる。


 教室の中が、しん、と静まり返った。
 姫子は予想外の事態に呆然とし、佐藤と本田も固まっている。
 クラスメイト達からも、注目が集まっているのを感じた。


 だが、どうでもいい。
 これ以上私の心を無駄なことに向けさせないでくれ、と小夜子は思った。


 机を立て直し、席につく小夜子。
 カレーパンを机の上に置き、袋を開け、齧る。
 自販機で買った乳酸菌飲料のパックにストローを刺し、口をつけた。


 いつの間にか立ち上がっていた姫子は、しばらく呆けたような表情で佇んでいた。


 が、すぐに怒りに顔を歪ませて小夜子に詰め寄ると、机をばん!と叩いて、


「おい、ミドブ!何してくれるのよ!」


 と怒鳴りつけてきた。


 普段ならこんな時、とても目を合わせられるはずもない小夜子であったが、今日の小夜子は以前の彼女とは違う。
 相手の目と視線を合わせ、落ち着いた様子で返事をする。


「私は自分の机をうっかり倒してしまっただけよ。中田さん」
「アタシが座ってるでしょ!?」
「そうだったかしら。何で私の机の上にあなたが座っていたの?」
「何でってそりゃ……」


 正当な理由なんて、あるはずがない。クラスメイトの衆人環視の中、流石に「嫌がらせのためよ」とは言い出しづらく、姫子が口ごもる。
 普段の姫子ならもう少し上手く嫌味に切り返してきそうなものだが、動揺もあってか、その舌は全く以て冴えない様子であった。


「だから、私は自分の机をうっかり倒してしまっただけなのよ」


 食事を再開する小夜子。


 姫子が小夜子を攻めあぐねていると、佐藤と本田が加勢に現れた。


「え?何?ミドブ何キレてるの?」
「ミドブの分際で、ありえないっしょ」


 そう口にしつつ、姫子の両脇に立つ。
 二人の加勢で気を持ち直した姫子は、クラス中に聞こえるようにわざと大きな声で話しだした。


「いや、コイツね、昔から不意にキレたり暴れだしたりするのよ」


 小夜子はパンをもしゃもしゃと食べ続けている。
 姫子はだんだん普段の調子を取り戻してきたのか、意気揚々と喋り続けた。


「私はこいつと小中と一緒だったんだけどね。まあ昔からこいつは危険人物扱いだったわけよ。小学校の時、いきなりキレて同級生に汚水をぶっかけて泣かせたり、近所の犬を刃物で刺して大怪我させたり。中学では大人を石で殴って警察沙汰になったこともあったわね。ねえ?御堂」
「大体合ってるわ」


 即答する小夜子。
 尾ひれも付いているし、説明不足でもあったが、姫子が述べたのは、概ね事実なのであった。
 だが、釈明する気にもならない。


 クラスメイト達が、ざわめく。
 そんなエピソードは知らない佐藤と本田が、「ホント?」「マジキチ」などと言いつつ、若干引いた素振りをみせた。


「だから、みんなもコイツには気をつけたほうがいいわよ」


 姫子が、クラスメイト達に向かって得意気に声を上げる。
 また少し、教室がざわめいた。


 小夜子は意に介さない。
 実際、気をつけてもらったほうがありがたい。そう思った。


 当初の目論見は外れ、思わぬ展開にもなったが、結果的にクラスでの小夜子の立場を、より一層貶めることに成功したからだろう。
 中田姫子は、機嫌良さ気に取り巻き達と教室から出て行くのだった。





 放課後。


 ぴろりん、と小夜子のスマホが鳴る。
 先程恵梨香へと送った、SNSメッセージへの返信だ。


 強く握られた手。
 離した指を、繋ぎとめようとした恵梨香。
 朝の様子から恵梨香が心配になった小夜子は、一緒に帰ろうかとメッセージを送っておいたのだ。
 それに対する返信は、


《今日は生徒会の手伝いがあるので、先に帰ってて~》


 というものだった。


 こんな状況で今更生徒会の手伝いもないだろうに、と思う一方、


(むしろ普段の生活を維持するほうが、えりちゃんの精神が安定するのかもしれないわ)


 とも思えてきた。


(うん、きっとそうね)


 心のなかで一人呟く小夜子。


 何にせよ恵梨香は、今日は一緒には帰れない、と伝えてきたのだ。
 無理に彼女のペースを乱すほうが、余程危険かも知れない。


 そう考えて、小夜子は一人で家路につくのであった。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く