あなたの未来を許さない

Syousa.

第四夜:06【モバイルアーマー】

第四夜:06【モバイルアーマー】


 小夜子とは違う並びに建っている、ある家の中。
【モバイルアーマー】こと金堂武雄は、痛みと怒りに身をくねらせ、悶えていた。


 植木鉢で殴られた額が、ずきずきと痛む。もしあれが後頭部や頭頂部であったなら、痛いどころでは済まなかっただろう。
 左腕はさらに深刻だ。まず間違いなく、骨までいっている。ヒビが入っているのか、それとも折れているのかまでは分からないが。どちらにせよ、腫れてくるのはもう少し後だ。


(あのチビ!早いところぶっ殺して、この対戦を終わらせてやる)


 そう。対戦を終わらせれば、傷は全て元通りになる。
 一刻も早く終わらせれば、その分苦痛からの解放も早くなる。
 だから。


(早く終われよ、チャージタイム!)


 心の中で、叫んだ。





 金堂の能力【モバイルアーマー】には、限界が存在するのだ。
 一度呼び出した強化外骨格は、エネルギーが続く限りその強力な力を振るい続ける。
 だが、動く度にエネルギーは消費され続け、底をついてしまうと強制的に装甲は解除され、消滅してしまう。
 そして、再び使用するまでには時間をかけて充填されるのを待たねばならなかった。


 その残量については、メーターなどの具体的な表示は一切なく、スーツから伝わるエンジン音のような鼓動が残りのエネルギーをおおまかに伝えるだけであった。
 着装直後は「どっ。どっ。どっ」というゆっくりとした鼓動だったものが、消費されるに従い「ど、ど、ど」となり、解除される直前には「どどどどど」と猛烈に早まる。
 着装者は、この変化から残りのエネルギー残量を推察せねばならないのであった。これは、慣れておかないと、ギリギリの線がなかなか見極められない。
 製品であればユーザーからクレーム必至の不便さではあるが、監督者のセオドアは、


『君の能力は強力すぎるから、その辺でバランスをとっているのだろうな』


 と言っていた。
 当事者である金堂からすればふざけた話だが、監督者にとっては納得できるものなのだろうか。
 まあ所詮、死地に赴くのは金堂ら対戦者なのである。


 だがセオドアの言う通り、【モバイルアーマー】は確かに強力すぎる能力であった。
 初戦で対戦した【音速エスパー】の、テレキネシスのようなもので物をぶつけてくる攻撃はこちらには全く通用しなかった。
 二回戦では【ヒートアックス】が操る赤熱化した斧で足を打たれたが、モバイルアーマーの装甲は熱に対しても十分に耐えた。
 三戦目の【ワーウルフ】が変身した狼男の速度と膂力、そして鋭い牙と爪も難なく退けた。


 圧倒的。まさに圧倒的な性能である。
 装着時は無敵、と表現しても過言ではなかった。
 敵からの攻撃は無効。
 こちらが殴れば、相手は豆腐のように千切れ飛ぶ。
 その一方的な暴力に、金堂は酔いしれていた。


 それだけに、反動の大きいチャージタイム中は気をつけなければならないのである。
 先程の負傷は、家の中に誘い込まれて手間取らされた苛立ちと、あと一歩で追いつめられるという焦りが産んだ、大失敗だ。
 やはりまだ彼は、この【モバイルアーマー】の能力を掌握しきれていないのである。


(普段から練習出来れば、もっと何とかなるのに)


 とは思うが、能力は対戦用の複製空間でしか使えないのだ。どうしようもない。


(まあいいさ、エネルギーが切れる前に絶対にぶっ殺してやる。あのメガネブス)


 早く終わらせて、この痛みから解放されたい。
 こんな目に遭わせたあの女に、思い知らせてやる。
 金堂の精神はどす黒く塗りつぶされていく。


 どくどくっ、と体内に何かを注がれるような感覚が、金堂の背中を駆け抜けた。
 チャージが終わったことを知らせる合図だ。


 そして同時に、金堂の耳に聞き慣れない音が飛び込んでくる。


 きゅいーん、きゅいーん、きゅいーん。


『火事です 火事です 火事です』


(火災報知機?)


 どの住宅にも備え付けられている、火災報知機の警報音だ。
 音はずっと、鳴り続けている。


(【スカー】の仕業か?)


 何故、わざわざ自分の居場所を知らせようとするのか。


 決まっている。罠だ。
 誘き寄せて、不意でも突くつもりなのだろう。
 子供でも分かる、あからさまな策。


(だが、いいだろう。乗ってやる)


 自分から居場所を教えてくれるなら、好都合だ。
 探す手間が省ける。時間が短縮できる。この痛みも、すぐに終わらせられる。


【スカー】の能力はまだわからない。
 だが、金堂はその点に関しては全く心配していなかった。


 衝撃も、熱も、刺突も。この鎧には、通用しない。
 相手が何をしてこようと、問題はない。
 装着時間中であれば、何も効かない。


 相手が姿を見せたら、追いかけて殴り殺すだけだ。


「そうさ。俺の【モバイルアーマー】は、無敵なんだ」


 激しく痛み続ける左腕と額を押さえながら、金堂は玄関へと向かった。





 ちゅいいいいいいいん!


 火花を散らしながら、【モバイルアーマー】が中腰の姿勢のまま路上を走っていく。
【モバイルアーマー】の強化外骨格に装備されたホイールダッシュ機能……足裏のホイールを高速回転させて、滑走する機能……は、道路のような平坦な地形で効果を発揮する。100メートルをおよそ5秒程度で走り抜けるのだ。
 そのため、大音量で警報を鳴らし続ける家の前に辿り着くのにも、さほど時間を要さなかった。


(この家か)


 警報を鳴らしているのは、プレハブ工法の近代家屋。
 その前で、金堂は急停止する。


(【スカー】はあの中にいるのだろうか)


 見れば、窓から煙も出ている。警報を鳴らしただけではなく、実際に火を着けたらしい。
 ならば、家の中ではなく、この周囲に潜んでいる可能性が高いだろう。


(構わんさ。仕掛けてこいよ。お前の行動なんてお見通しさ)


 装甲の内側で金堂が、にぃ、とほくそ笑む。
 攻撃を誘うため、視線はあえて煙を吐く家に固定する。


(いいぜ、早く来いよ!)


 金堂が心の中で呟いた瞬間。


 ごつん。
 ぱりん。


 という音と共に、装甲越しの後頭部に何かがぶつかった衝撃を感じた。
 一瞬遅れて、


 ぶわっ。


 と何かが広がるような音。視界が急激に明るくなる。
 金堂はすぐにその正体を察した。


 これは、火だ。


【スカー】という能力名からは全く予測をしていなかった攻撃内容ではあったが、金堂は動じない。
 この強化外骨格は、赤熱化した斧の攻撃にも耐えたのだ。問題は、無い。


(馬鹿め!後ろだな!)


【スカー】の位置を確認すべく振り返った金堂の顔面装甲に、またもや何かが命中した。
 視界が炎で埋め尽くされる。
 続けてもう一発、命中した。火勢が強まり、思わず金堂は息を呑む。


 そう。


 息を呑んでしまったのだ。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く