あなたの未来を許さない

Syousa.

第四夜:04【スカー】

第四夜:04【スカー】


 小夜子の顔から、さーっ、と血の気が引いた。


 必死に距離をとったのも、懸命に姿を隠したのも無駄になった。
 これだけの大音量である。間違いなく【モバイルアーマー】の耳にも聞こえているはずだ。
 そして、防犯ベルは一時だけではなく今も鳴り続けている。音源を辿れば、自然とここに誘導されるだろう。


(すぐに場所を変えないと!)


 戻るか?さらに隣へ行くか?それとも裏の家へ向かうか?
 小夜子の脳内で選択肢が用意され、裏へ向かう決断が下された。


(そこから道路を渡って別の並びに行けば……)


 と考える小夜子の耳に、


 ちゅいいいいいいいん!


 という耳障りな音が聞こえてきた。


(あの中腰ダッシュだ!)


 急ぎ、駆け出す。庭の端に辿り着く。
 裏との境界になっている塀によじ登ったところで後方を一瞥すると、警報装置が鳴っている家の前の道路に、火花を散らしながら【モバイルアーマー】が姿を現した。
 向こうも小夜子の姿を発見したのだろう。顔、というべき頭部装甲の正面がこちらを向いている。その赤い目が、まるで敵意を伝えるかのごとく一段と強く輝いた。


 小夜子の体が塀の上を乗り越える。
 モバイルアーマーが向きを変えた。
 セーラー服のスカートを翻しつつ砂利の上に飛び降りる。
 巨体は猛然と突進。蹴られた路面は割れ、踏みしめられた庭の土が抉られた。
 靴で足下の小石を鳴らしながら、走る。
 装甲が塀に接触した。壁面がいとも簡単に砕け、余波を受けた周囲の部分も倒壊する。角ばった太い足が砂利の上へと踏み込んだ。
 細い脚を懸命に動かして駆ける。
 その背中のリュック目掛けて、黒い腕が伸びる。掴もうとするが、失敗した。目標を外した指が彼女の肩に軽く触れる。
 少女は強い力で押され、姿勢を崩す。前のめりになって、転倒した。


 砂利に叩きつけられるように転倒した小夜子の上に、【モバイルアーマー】が四つん這いになって覆いかぶさる。


「やっと、捕まえたぞ」





 小夜子の右肩が押さえつけられる。強い力で砂利と装甲に挟まれ、小夜子は苦悶の声を上げた。
【モバイルアーマー】の頭部装甲が、小夜子の眼前にずいっ、と迫る。赤い目のような部分が、小夜子の目と視線を合わせた。


 吐息を、肌に感じる。
 顔面とおぼしき箇所の下部についた、2つの丸い部品。
 ビルの外壁などによく取り付けられている半球型の換気口のような形状をしたその部分から、コーホー、という呼吸音が漏れている。その度に、吐息が小夜子の顔に吹きかかっているのだ。


「手間取らせやがって」


 パイプ越しにでも喋っているかのような、そんなくぐもった声を彼がしていたのは、外部スピーカーではなくこの呼吸孔ごしに発せられていたからなのだろう。


「時間が無いから、手早く済ませる」


 上体を起こし、【モバイルアーマー】が左半身をよじる。いや、腕を振りかぶっているのだ。
 振り下ろす先は、小夜子の顔面。勿論、その頭部を潰すためである。
 脱出しようともがくが、モバイルアーマーによる拘束は外れない。
 力の差が、ありすぎる。


 それでも足掻き続ける彼女の顔へ、鉄拳が照準をつける。


 だが、振り下ろさんとするまさにその瞬間、【モバイルアーマー】の装甲体が、ぶるん、という音をたててその姿を変えた。
 直線的なフォルムは崩れ、まるでゼリーのようなぶよぶよとした黒い軟体と化し、【モバイルアーマー】の体からぼとぼとと地面へと剥がれ落ちていく。
 それは砂利の上にも、小夜子の体にも、顔にも降り注ぐが、すぐに霧散して消えてしまった。


 小夜子と【モバイルアーマー】の間に沈黙が流れる。
 少女は唖然とした顔で。
 少年は動揺した顔で。
 2秒ほど固まっていた。


 思い出したように【モバイルアーマー】が、振り上げた拳で小夜子の横っ面を殴りつける。
 拳が頬にめり込み、メガネが飛ばされ、小夜子の目に痛みで涙が浮かぶ。


 だが、それだけだ。
 普通の拳骨。ただの素人パンチ。
 痛みはするが、それでお終いだ。


(能力が解けた!?)


 小夜子の目に、急激に力が戻る。
 体を捻ると、今度は簡単に拘束を外すことが出来た。
 さらに回転を加えて、横へ転げるように脱出する。


 弾みで、【モバイルアーマー】が体勢を崩す。
 小夜子は立ち上がり、即座に手近にあった空っぽの植木鉢を掴んで彼目掛けて叩きつけた。


 ごつっ


 という音と共に植木鉢が【モバイルアーマー】の額に命中し、


 がしゃん!


 という音を立てて陶器が割れる。


「おぐあ!?」


【モバイルアーマー】が悲鳴を上げた。反射的に、自身の額を押さえる。
 小夜子は続いて次の植木鉢を持ち上げ、再度彼の頭部を目掛けて殴りつける。


「ええいっ!」


 先程と似た音をたて、鉢が命中し、壊れた。
 だが、手応えが浅い。小夜子の攻撃は、彼の頭ではなく額に当てた手と腕の境あたりに当たったのだ。


「ああああっ!」


 再び彼が叫ぶ。
 左手で、殴られた額を押さえつつ、右手で、打たれた左腕を押さえる、といった奇妙な姿勢をとりながら、ぐりん、と身を捩った。


(もっと重い一撃を!)


 瞬時に考えた小夜子は、今度は中身が入った植木鉢を両手で持ち上げ、悶えたままのモバイルアーマー目掛け、振り下ろす。
 全力で、頭部めがけて。


 だが、外れた。


 身をひねりながら立ち上がった【モバイルアーマー】への攻撃は失敗し、植木鉢は砂利の地面に叩きつけられる。
 がしゃん、という音を立てて容器は割れ、土が散乱し、植えられていたマーガレットが転がっていく。
 攻撃を躱して立ち上がることに成功した【モバイルアーマー】は、額を抱えたまま道路へ向けて走りだした。


 形勢は、先程までと完全に逆転していた。
 そのことを感じた小夜子は、植木鉢の脇に置いてあったレンガを拾って、後を追いかける。
 このチャンスは、逃せない。


 跳ねるように道路に出た【モバイルアーマー】は、回れ左をして駆け出していく。
 小夜子もすぐに道路に出た。方向転換して彼の背中を追う。


(速い!)


【モバイルアーマー】は、小太りの体を揺らし、ボタンを留めていないブレザーの上着の裾を翻しながら、みるみる小夜子から距離を離していく。


(ちょっと何よあのデブ!めちゃくちゃ足が速いじゃないの!)


 小夜子はもともと運動神経が良い方ではない。だから、彼女から比べれば大抵の高校生は足が早く思えるだろう。
 だが、それを考慮しても【モバイルアーマー】の動きは機敏であった。
 やや脂肪過多の体で全力失踪する彼は、並んだ家々の端まで辿り着き、角を曲がって姿を消す。


 10秒近く遅れて小夜子が角に到着した時には、彼の姿はもうそこにはなかった。


 息を切らして、彼が消えた方向を睨む。
 もう、この先のどこの角で再び曲がったのか分からない。
 完全に、小夜子は見失ったのだ。
 そして、絶好の好機を逃したのである。


 彼を、殺すための。


「素早いデブだなんて聞いてないわよ」


 苦々しげに呟く小夜子の顎から、汗がぽたり、とアスファルトに落ちた。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く