あなたの未来を許さない

Syousa.

第四夜:03【スカー】

第四夜:03【スカー】


 地震ではない。


 ばきっ!


 という、木が折れ、裂ける音。
 それが聞こえる度に、足元から大きな振動が伝わってくる。
 小夜子は、すぐに状況を察した。


(あいつ、柱を全部壊して、家を壊すつもりなんだ!)


 主要な支えを失ったのだろう。木材がめきめきと悲鳴を上げながら、二階が傾き始める。
 すぐさま小夜子は窓を開け、外へ身を乗り出した。
 手持ちのビール瓶は投げ捨てる。躊躇なく窓の手摺を乗り越え、ぶら下がり、庭へと飛び降りる。


 よろめきながらもなんとか走って、崩れる家から距離をとることに成功した。
 所詮は日本の分譲住宅である。庭の幅は数メートル程度しかない。すぐに小夜子の体は、隣家を隔てるブロック塀に突き当たる。
 先程【モバイルアーマー】が打ち砕いた塀と違いコンクリートブロックで作られているのは、隣家の敷地に属する部分だからなのだろう。


 ばらばらばら。
 ががががががが。
 がしゃん!がしゃん!


 傾いた屋根から、青い瓦が雪崩を打って滑り落ちる。
 そのまま地面に落ちるものもあれば、先に落ちた瓦にぶつかって砕けるものもあった。
 行動が遅ければ、小夜子は瓦の雨に打たれていただろう。良くて打撲、下手をすれば頭蓋骨折で行動不能に陥っていたはずだ。


 ぞっとしながら見ていると、瓦の滝ごしに一階のガラス戸から【モバイルアーマー】の姿が見えた。
 台所のあたりだろうか。丁度、目前の柱を殴打するところらしい。


 めきっ


 彼の拳が柱を砕いた瞬間。


 家は自重を支えきれなくなり、一階部分を押し潰すようにして、盛大に崩れた。





(アイツ、潰れやがった!)


 いくら上階の敵を燻しだすためとはいえ、自ら柱を壊して回りそれで潰れていたのでは、笑い草である。


 そう。相手が生身であれば、笑い話で済んだのだ。


 だが【モバイルアーマー】は、塀を打ち破り家屋に衝突しても傷一つつかぬ強固な鎧を纏った能力者。加えて、家屋の壁を容易に破砕する力を有している。
 これで彼を倒せる、いいや、ダメージを受けると思う方が難しいであろう。
 ならば、ここからは二択である。
 瓦礫から脱出して来たところを攻撃するか、相手が下敷きになっている間に離脱するか。


(今のうちに、隠れなきゃ)


 小夜子は後者を選んだ。


 ビール瓶。ボールペン。マイナスドライバー。
 あれ程の防御力を持つ相手に、現在彼女が保有する武器では全く歯がたたないのは明白である。
 ならば、一度姿をくらまして時間を稼ぎ、対策を考えるべきであろう。


(流石に脱出には時間がかかるはずよ。今のうちに隣の家の塀を登って逃げよう)


 と小夜子が潰れた家に背を向けてブロック塀に手をかけた、その瞬間。


 ばきばきばきばき!


 という音が耳に入った。


 反射的に振り返ると、崩れた瓦礫の山が動いているのが見えた。
 正確には、その倒壊した家の一部が、横へと押し出されているのだ。
 埋もれた【モバイルアーマー】が、まるで土砂を押し分けるブルドーザーのように、瓦礫と化した家屋をまるごと横へ押しのけているのである。


「うっそでしょ!?どんだけ馬力あるのよアイツ!」


 驚愕のあまり叫び声を上げる小夜子。
 その間にも、瓦礫の山は動き続けていた。
【モバイルアーマー】が押し分けて脱出してくるのは、時間の問題だ。


 すぐに向きを変え直し、塀に向かい合う。


 道路に出ないのは、視界が開けすぎているからだ。
 もし道路に出たところを見つかってしまえば、あの奇っ怪な中腰ダッシュで追いつかれるのは間違いない。


(あの速度は洒落にならないわ)


 100メートル程の距離を、数秒足らずの間に一気に詰められるのである。そのことへの恐れが、車道へ出るという選択肢を彼女から奪っていた。
 そのため、直接隣家へと向かうのである。


 ブロック塀の高さは、小夜子の身長よりも20センチ程低い。
 上部に手をかけて、軽く飛び上がり、よじ登る。足場がないため非力な小夜子は体を押し上げるのに難儀したが、それでも何とか塀を乗り越えることができた。


 すぐに隣家家屋への侵入経路を探し始める小夜子。
 とにかく、隠れたい。
 モバイルアーマーが瓦礫から出てきた時に、視界外にいることが大事なのだ。


(だめだ、雨戸が閉まっている!)


 防犯のために戸締まりされていたのだろうか。この家の窓は、全て雨戸が閉まっていた。
 これでは、窓を割って侵入することなど出来ない。


 小夜子はこの家に隠れるのはすぐに諦め、もう一軒隣へと進むことにした。
 反対側のブロック塀とその向こうの生け垣を乗り越え、二軒目の隣家に転がり込む。


 だが、その家も雨戸が閉まっているではないか。
 一瞬、雨戸をどうにかして開けられないかと考えたが、そんな時間も道具もない。


(ああもう!雨戸ってホントに防犯効果があるのね畜生!)


 心のなかで感心し毒づきながら、さらに隣へ進む。
 生け垣の隙間からこれまた隣の家のブロック塀によじ登り、敷地へと侵入する。


 建屋を見ると、北米風の小洒落た家だ。ツーバイフォー工法の輸入住宅だと思われるが、小夜子にはそんなことは分からない。
 ただ分かったのは、


(雨戸が無い!)


 ということである。
 その家のガラス戸にも窓にも、雨戸はついていなかった。


(2軒も間を空けてあるし、姿を隠すのに丁度いいわ!)


 おそらく【モバイルアーマー】も瓦礫から脱出している頃だろう。
 だが、抜け出てきたとしても、彼は下敷きになっている間に小夜子を見失っている。どの方向へ逃げたかすら分からないはずだ。
 よしんばガラスを割る音が届いたとしても、これだけ沢山並んだ家々から、割れた窓を探して回るのは手間がかかるだろう。
 かなり高い確率で、時間は稼げるに違いない。


(出来るだけ道路から見えにくいトコを選んで……)


 やっていることは完全に空き巣であるが、四の五の言っている場合ではない。
 目星をつけた小夜子は、庭の花壇に使われているレンガを拾って、ガラス戸の鍵付近を殴りつける。
 ばりん、と音がして窓ガラスが粉砕された。


(よし、これで入れる!)


 だが。
 小夜子が鍵へと手を伸ばすと同時に。


 じりりりりりりりりりりん!


 けたたましいベルの音が、周囲に鳴り響いた。
 窓に取り付けられていた、防犯装置の仕業である。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー218180

    最後まで一気読みできた

    0
  • ノベルバユーザー263294

    とてもよかったです
    感動しました

    2
  • ノベルバユーザー246638

    感動

    3
  • ノベルバユーザー128531

    素敵な作品をありがとう

    4
コメントを書く