あなたの未来を許さない

Syousa.

第四夜:01【スカー】

第四夜:01【スカー】


 どくん!


 鼓動と共に小夜子に意識が戻る。


(今度はどんな場所なの?)


 まず、周囲を見回す。


 今度の戦場は、明るい。
 時間設定はどうやら日中のようで、太陽がほぼ頭上から小夜子と地表を照らしていた。


 視界の中に並ぶのは、住宅、民家、一戸建て。その先もまた同じ。反対側もだ。
 高度成長期からバブル頃までよく見られた木造住宅もあれば、プレハブ工法で最近作られた住宅もある。右前方、やや遠目に見えるあの家は、鉄筋造りのコンクリート住宅だろうか。
 割合からすれば従来型の木造住宅が多いところから、おそらくは団塊世代向けに作られた分譲住宅地だったのだろう。
 年月を経て高齢化と老朽化が進み、建て替える家がそこかしこで出てきたため、このように統一感のない家並みになっているのだと思われる。
 近年日本各地で見られる、特段珍しくもない光景だ。


 他にも何か目を引くものはないか、と小夜子が見回していると、


『空間複製完了。領域固定完了。対戦者の転送完了』


 例の男の声が、頭の中に響いた。
 小夜子は真剣な面持ちで、来たわね、と小さく呟く。


『Aサイド!能力名【スカー】!監督者【キョウカ=クリバヤシ】!』


 小夜子の左正面に、能力名とキョウカの名前が浮かび上がる。戦績は「1勝0敗2引き分け」。


『Bサイドォォ!能力名【モバイルアーマー】!監督者【セオドア=ゴメス】!』


 同様に浮かび上がったのは、敵の能力名と、監督者の名前だ。そして勿論、その下に戦績が表示されている。
 ここまでの流れはいつも通り。
 小夜子の目も、敵能力、監督者、戦績、と順に文字を追っていく。


 だが。
 そこで小夜子の視線は止まり、表情は強張った。
 左目の下がぴくぴく、と痙攣する。


 そこには「3勝0敗0引き分け」と書かれていたからだ。


(こいつ、初日から【やる気】になっていた奴だわ!)


 背筋を冷たいものがつぅ、と流れ落ちる感触。
 即座に拳を握りしめ、後退しそうな戦意を踏みとどまらせる。


『領域は現在いる場所、120メートル四方の領域となります。エリア外との区切りは対戦者の視覚に投影することが出来ますので、各自でご確認下さい。今回の制限時間は2時間。対戦中は監督者の助言は得られません。それでは、対戦開始!皆さん張り切って戦ってください!』


 ぽーん。


 間の抜けた、これまたいつもの開始音。


 だが御堂小夜子、いや、【スカー】にとっては。
 真の意味での初陣を告げる、角笛の音であった。





 素早く電柱の陰に身を隠す小夜子。


「えーと、【対戦エリア表示】。こんなのでいいのかな?」


 一字一句同じでなくともそれらしい言葉を口にすれば人工知能が判断してくれる、とキョウカは説明していたが……。


 果たしてその通り。口にした瞬間、小夜子の視界には、オレンジ色をした半透明の壁が表示される。
 ずっと向こう側にも壁。空には天井。振り向けば、少し離れた所にも壁。
 丁度小夜子は、巨大な半透明の立方体の中にいる形になる。おそらくこれが、視覚化された対戦領域なのだろう。
 そして、彼女の位置は立方体の隅、地表側にあたる面。その四方の一角に位置していた。


 120メートル四方といえばあまり広くないように思われるが、ここは住宅街である。
 一般的な分譲住宅で考えれば、120メートルという幅に収まるのは6~8軒程度。
 それが背中合わせで2列合わさって一並びとなり、120メートル四方という範囲であれば、道路幅も合わせれば大体3つ程の並びが存在することが出来る。
 つまり、適当に計算しても36~48軒もの住宅が建っていることになるのだ。
 これは相当な障害物の量であった。


(視界は道路かそうでないかで大きく違ってくるわね)


 道路以外は当然ながら住宅が建っていて視界は限定される。植え込みや生け垣のある庭に進入すれば、なおさらであろう。
 家屋に入り込んでしまえば、もう外からは存在はわかるまい。


 広いが隠れられる場所の少なかった【グラスホッパー】戦、月夜の生コン工場。
 視界は極度に悪いが範囲が店内だけという【ホームランバッター】戦のスーパー店内。
 それらに比べると、範囲がそこそこ広く、かつ隠れる場所には困らない今回の住宅街は、身を隠して生き残るにはかなり適した場所であると言えよう。


(でも、ダメなのよ)


 そう、それだけでは、足りないのだ。


 小夜子は、ここへ、戦いに来たのだ。
 恵梨香の生存を脅かす相手を、倒すため。いや……殺すために。
 だから、生き残るだけでは駄目なのだ。


(だから、考えなきゃ)


 住宅が多いということは、物も多いということだ。
 ナイフのような露骨な武器は期待できないだろうが、包丁はどの家にも確実にあるだろう。場合によっては金属バットやゴルフクラブのような鈍器も手に入れられるかもしれない。
 死角の多い所に誘い込んで、刃物で腹を刺突するなり鈍器で頭部を殴打するなりの奇襲を行えば、小夜子の体躯でも相手を倒せる可能性は十分にある。
 いくら特殊な能力を持っていたとしても、本体は生身の人間である。刺せば血も出るし、殴れば骨も折れる。繰り返せば、当然死ぬ。
 そこが、戦力が大幅に劣る小夜子にとって、最大の付け入りどころであった。


 だが、気になるのは相手の能力である。
 能力名【モバイルアーマー】。
 小夜子もよく見ていた、ロボットアニメで出てくる兵器の種類名だ。
 元となったロボットを基準に考えても、単語の内容から推察しても、装甲系、防御系の能力である可能性が高かった。


 もし予想通り、防御を強化する鎧のような力であれば厄介である。
 今まで対戦した【グラスホッパー】や【ホームランバッター】のような出鱈目な破壊力があるならまだしも、小夜子が繰り出せる攻撃は包丁やゴルフクラブ程度なのだ。


 しかも相手は、初戦から勝ち続けている強豪。
 三人の能力者に勝利し、殺害している強敵である。


(その場合、どうやって倒したらいいのよ)


 ごすっ!


 弱気になりかけた直後に、小夜子は自分の右頬を殴りつけた。


(弱音を吐くな!)


 己で自身を叱咤する。


(大丈夫、やれる!やってみせる!)


 今度は、左頬を殴りつけた。


(そうよ、三人殺している相手だからって何よ。むしろ相手に手加減する必要がないだけ、気が楽だわ)


 そうだ。相手はこの狂った試験に賛同した殺戮者なのだ。
 当然、遠慮しなくていい。
 相手も承知の上で話に乗ったのだ。


 だから、殺していい。


 そこまで考えて、小夜子はふと気がついた。
 あることを思い出し、自嘲する。


(ああ、そうね。多分、そう)


 おそらく【ホームランバッター】も小夜子に対して、同じように考えたのだろうな、と。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く