あなたの未来を許さない

Syousa.

第四日:05【御堂小夜子】

第四日:05【御堂小夜子】


「さっちゃんは部屋で休んでて。着替えもした方がいいんじゃない?その間におじや作ってあげるから」


 小夜子の背中を押すように家に上がった恵梨香。
 そのまま階段の方まで押しやると、自身は台所の方へ向かった。
 勝手知ったる他人の家とは言うが、幼い頃からの付き合いである彼女にとって、小夜子の家は我が家も同然で把握済みであった。
 むしろ、料理がほとんどできない小夜子や小夜子の父より詳しい可能性すら、ある。


(あれ、でもそういえば)


 階段から顔だけ付きだして、廊下越しに小夜子が尋ねる。


「えりちゃん、今日塾じゃなかった?」


 すると、台所の方で買い物袋から色々物を取り出すガサガサという音と共に


「んー、今日はお休みにしたー」


 という返事が返ってきた。


「ええ!?駄目じゃん!」
「いいよ。塾には具合悪いって電話したし、お母さんは今日も帰ってくるの遅いからバレないもん。それに、ちょっとぐらい休んだってへーきへーき。学年トップランカーを舐めちゃだめよ。おほほほ」


 笑い声が、台所と廊下を区切る暖簾の向こう側から聞こえてくる。


「そんなの悪いよー」
「だからいいってば。それに私には……」
「それに?」


 少しの沈黙。


 間を置いて、暖簾をくぐって恵梨香が出てきた。


「ううん、なんでもないの。気にしないで、さっちゃん」


 小夜子の肩をぐいっと押し、二階へと上がるように促す。


「いいから休んでて。出来たら部屋に持って行ってあげるから」
「うん……」


 いつになく強引な恵梨香に気圧され、小夜子は二階へと上がっていった。
 本当に風邪を引いていて恵梨香が看病に来てくれていたなら、喜びで身体がねじ切れるほど悶えるだろう。
 だが、仮病で恵梨香を心配させてしまったという罪悪感から、そのまま喜ぶことは出来ないでいる。


 階段を一歩ずつ踏みしめながら、小夜子は思った。


(それに、って何を言いかけたんだろう)


 ……いや、本当は分かっている。知っている。


「私にはもう、意味が無いから」


 おそらく、それに類することを言いかけたのだ。


 唇を噛み締めながら、小夜子は自分の部屋のドアを開けた。





 もうこうなってしまった以上、今日は病人でいるしかない。
 そう思った小夜子は、恵梨香の言いつけ通り、着替えを済ますとベッドに横になっていた。


 そして、目をつぶっているうちにまた眠ってしまったのだろう。
 次に気がついたのは、恵梨香が食事の用意のために部屋に入ってきた時だった。


 一階から小さな折りたたみ式のテーブルを持ってきた恵梨香は、部屋の中央にそれを展開する。
 部屋中に散らかっている漫画雑誌を一つその脇において鍋敷き代わりにすると、その上に土鍋を置いた。
 蓋を開けると、もわっ、とした湯気がたちこめる。
 土鍋の中には、味噌と卵をあわせたおじや。刻んだネギと海苔がかけてある。
 恵梨香が体調を崩した時、彼女の母親がよく作ってくれるものらしい。
 それを、再現したものなのだろう。


 土鍋から器におじやをよそって、テーブルの上に置く。もう一つ器を出して、そっちにも盛り付ける。
 そして、醤油差しと、同じく台所からもってきたレンゲが並べられた。


「準備出来たよ。さっちゃん」


 のそのそとベッドから降りる小夜子。
 テーブルの前まで這いずり、そしてちょこん、と正座をして恵梨香と相対した。


「わぁい、ありがとう、えりちゃん」
「いいのよ。私も晩ご飯はまだだから、一緒に貰うね」


 見れば、土鍋で作ってあるおじやはそれなりの量があった。
 二人で食べるには十分だろう。


「じゃ、冷めないうちに食べましょう」
「うん!」


 特に意味もなく、ふふふ、と笑い合う。
 手を合わせて、声を合わせる。


「「いただきます」」





「ごちそうさまでした」
「お粗末さま~」


 結構な量のあったおじやは、綺麗に完食されていた。


 元々小夜子は体調を崩していたわけではないし、それに、恵梨香が作ってくれたものならば、どんな物でも完食できる、と小夜子は思っている。
 そして幸いにも、恵梨香は家事が苦手ではない。


 むしろ恵梨香のほうが、食が細っているようにみえた。
 境遇と精神状態を鑑みれば、当然であると言えるだろうが……。


(そんな大変な状況なのに、えりちゃんは私のことを心配してくれてるんだ)


 じん、と鼻の奥が痺れる。


(なんでこんないい子が対戦者に選ばれるのよ)


 慰めてやりたい。元気づけてやりたい。
 全てを明かして、「私が何とかしてあげるからそれまで頑張って」と言ってあげたい。


 だが、それは出来ない。
 恵梨香は、自分のために小夜子が手を汚すことを決して望まないだろう。
 それに、たとえ対戦者同士でも、現実空間で未来人について話すのは【処分】の対象になるということを、昼間にキョウカから注意されていた。
 だから、駄目なのだ。


 などと一人、小夜子が思いを巡らせていると。


「あー、懐かしいねこれ」


 と恵梨香が学習机の脇の箱を指差して言った。
 箱には、【OMEGA DRIVE II】のロゴ。


 恵梨香が四つん這いのまま箱の方へ近付き、感慨深げに眺めている。
 その形の良いヒップが揺れるのを、(顔を埋めたい)などと思いつつ小夜子は鑑賞していた。


「オメガドライブ、子供の頃、さっちゃんとよく遊んだものね」


 懐かしそうに、目を細めて恵梨香が言う。
 それを聞いて、小夜子の脳裏に、幼い頃の光景が蘇った。


 色々なゲームで遊んだものだ。【ソニック・ザ・モールラット】、【縦横記】。そして、【ガンスターヒロインズ】。


 ……そう、【ガンスターヒロインズ】。
 恵梨香は、二人の思い出のゲームをもとに、能力名をつけていたのだ。





 夕飯の後片付けをし、他愛もない会話をひとしきり二人で楽しんだ後、恵梨香は帰っていった。


 その後、精神を落ち着けるため仮眠を取っていた小夜子。
 今はベッドに腰掛けて、「その時」に備えている。


 スマートフォンを見る。
 時刻は「01:59」。


 もうすぐ、対戦が始まるのだ。
 昨日も、一昨日も、その前も同じだったように。
 違うのは、今度の小夜子は狩る側として参加する、ということだろうか。


「やってやるわ。絶対に」


 決意を込めてそう呟く小夜子の意識を、黒い影が静かに覆い隠していくのであった。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く