あなたの未来を許さない

Syousa.

第四日:03【御堂小夜子】

第四日:03【御堂小夜子】


「じゃあ、これから私達は協力関係ね。よろしく、キョウカ」


 手を差し出す小夜子。
 キョウカが、すっ、と小夜子のその手まで飛び上がり、指先を抱えるように両手で「掴んだ」。


 アバターでは触れることは出来ない。
 サイズが違いすぎるため、手を重ねることも叶わない。
 そして何より、二人の間には地球四分の一周程の距離があった。


 だが、確かに二人は、握手を交わしたのである。


 小夜子は、キョウカが憎い。
 恵梨香を否定する、恵梨香の生を否定する、恵梨香の未来を否定する、未来人どもを憎悪している。
 だが、どれだけ怨嗟の炎を燃やしたところで、それでは恵梨香を助けられないのだ。


 それゆえ、必要なのだ。この握手は。
 避けられぬのだ、この同盟は。


 だから、本気で手を結ぶ。


 彼女達未来人が、自分をこの境遇に追いやった事実など、どうでも良い。
 恵梨香を救うためならば、そんなことは些細な問題ですらなかった。





『で、まずサヨコに言わなければいけないんだが』
「なに?」
『君の状況からすればいい線をいっている考えではあるが、塩素ガスや硫化水素はアウトだ。使えない』
「どうしてなの」
『条約で禁止されているからさ』


 怪訝な顔をする小夜子に、キョウカは説明し続ける。


『僕達の27世紀では、かつての幾度もの大戦への反省から、ABCD兵器の使用は国際条約で禁止されている。だから当然、僕らも使ってはならないし、ましてやテレビの番組内でその使用を認めるわけにはいかないんだ』
「ABCD兵器?」


 学習机の椅子に座っていた小夜子は、机上のノートパソコンに視線を移す。
 画面に表示されている検索エンジンから、【ABCD兵器】というキーワードをタイプ。
 すぐに画面は切り替わり、


 次の検索結果を表示しています:ABC兵器
 元の検索キーワード:ABCD兵器


 という文字列を映し出した。


「Aはアトミックウェポン、核兵器。Bはバイオロジカルウェポン、生物兵器。Cはケミカルウェポン、化学兵器……か。Dって何?検索で出てこないけど」
『Dはディメンションウェポン。次元兵器だね。空間断裂爆弾とか時空転送弾頭弾とかそういうの』


 時間を移動したり、複製空間を作ったり。あまつさえその空間に転送したり連れ戻したりしているのだから、軍事利用されていても、まあ不思議はないだろう。
 同時に、未来世界との力の差を改めて確認させられ、小夜子は気が滅入る思いであった。


「……地球はかいばくだんは、何に分類されるのかしらね」
『何だい?それは』
「ジョークよ。言ってみたかっただけ。気にしないで」


 そうかい、と軽く受け流して、キョウカは説明を続ける。


『で、話を戻すけどさ。小夜子が想定していた塩素ガスも硫化水素も化学兵器に分類されるから、君達が対戦を行う複製空間内では生成できないようになっているんだ』


 軽く舌打ちをする小夜子。


(調べていた時間を無駄にしてしまったわ)


 と思いはしたが、今更悔やんでも仕方が無い。


「そんな制限ができるの?」
『既に存在する空間に手を加えるのは難しいが、一から世界を構成する場合は、その空間の物理法則を設定するのは結構簡単なんだ。そもそも、対戦者があんな能力を使えるように作っているくらいだしね。現実世界ではいくら僕達の時代だって、あんなマジックは不可能さ』


 対戦者自体にあのような超自然的な力が授けられているのではない。専用に作られた空間でのみ行使が許されている、というわけだ。


「つまり、他の連中は能力の練習も習熟も対戦時しか出来ない、ということか。それなら、能力を活用した作戦やら戦術やらが洗練されてくるのはもう少し先ね。練習と確認が出来ないのだから」
『……ほう、そういう発想で来るか。面白い』


 キョウカが感嘆の声を上げる。


「それに、戦闘中に試行錯誤しなきゃならないなら、能力にばかり意識が向かうだろうし。対戦相手への考察にしても、能力のことばかりが気になるはずよ」


 小夜子の唇が、片側だけ歪んだ。


「ヘンテコ能力バトルに夢中になっている間に、私が普通に倒してあげるわ」





「ガスが使えない分、他に使えそうな攻撃手段があればいいけど。キョウカ、何か心当たりはない?」


 腕を組み、考え込みながら発した小夜子の問いに対し、キョウカは首を横に振って応えた。


『残念だけど、教えてあげることは出来ない。僕達監督者が君達に戦闘面でのアドバイスをすることは禁じられているんだ。もしそれを行うと、その時点で船のメインフレームから通信をブロックされ、面談時間が打ち切られてしまうんだ』
「へえ、そっち側に制限が加えられているとはね」
『これはあくまで【教育運用学】の試験だからね。いかに君達を動機付けて戦わせるか、が課題であって、僕達自身の戦闘理論が試されているわけじゃない。人間を動かす勉強の試験なのに、軍事的な知識で結果が左右されたらおかしいだろう?だからこんな面倒な制限が加えられているのさ』


 そう、そうね。と苦々しげに相槌を打つ小夜子。
 多少は当てにしていたのだ。落胆は、する。


『それに、もし僕達から戦闘面でのアドバイスを受けられたとしても、あまり中身には期待できないと思うんだ』
「兵隊さんでも何でもないものね」
『そうなんだ。そして、それだけじゃない。僕達の時代では兵士や警官といった戦闘を担当する個体は、ほとんど人工知能が担っている。まあ、人間と機械の力量差を考えれば当然だよね。君達の時代でも既にその傾向はあったとは思うけど』


 小夜子の脳裏に、ニュース映像で見た記憶が再生される。
 のっぺりとした顔をした飛行機が、ミサイルを撃っている姿だ。
 あれを突き詰めたものが、未来の戦争だということか。


『つまり、物理的な闘争からは僕達27世紀人はすごく縁遠いんだ。とても、人殺しの技術や戦術なんてレクチャー出来ないのさ。だからこそ君達の戦いが刺激的なショウとして成り立つ、とテレビ局は考えたんだろうけどね』


 人が剣や銃を手にしなくなった未来でも、その残酷さや愚かさは変わらないらしい。


「本当、人間ってクソね」


 小夜子は、短く、低く、そう呟いた。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く