あなたの未来を許さない

Syousa.

第四日:02【キョウカ=クリバヤシ】

第四日:02【キョウカ=クリバヤシ】


 主の寝息だけが聞こえている、小夜子の部屋。


 そこに突然、


 ちゃらら!ちゃらららららららら らーらららー ららら
 ちゃらら!ららら!ららららら らー らららー らららら ららっらー!


 というけたたましい音が響いた。
 小夜子が目覚ましに使っている、アラーム音代わりの例の古いアニソンである。
 ぱっ、と手が伸びて、アラームは解除された。


 時刻は正午、「12:00」。
 毒ガスに関しての調べ物を終えて疲れが出た小夜子は、頭を休めるために少し仮眠をとっていたのだろう。
 これは、その終わりを告げるアラームであった。


 気怠げに息を吐いて、ベッドから起き上がる小夜子。
 手製の毒ガスに関しては知識を得たようが、それだけでは不十分だ。


 今から身体を鍛えることも格闘技を習うことも出来はしない。
 ならば、少しでも応用できる知識が必要だ。付け焼き刃でもいい、手数は多いほうがいい。


 気合を入れるためだろうか。彼女は両手で頬をパシン!と叩き、再び勉強机のノートパソコンに向かう。


 そこに、背後から声をかける。


『起きたかい、小夜子』


 小夜子が振り返り、口を開いた。
 最早驚きも、困惑もない。


「待っていたのよ、キョウカ」
『すまない。サヨコ。面談時間のリセットは正午なんだ』
「そうなの。これからの参考にさせてもらうわ」


 視線を交わし、言葉を交わす。
 左程意味の無い、その短いやりとりだけで、キョウカは小夜子に対して強烈な違和感を覚えずにはいられなかった。


(これが、本当にサヨコなのか?)


 昨晩の対戦記録は既に確認している。
 だから、彼女に何があったのかについて、キョウカは把握していた。
 対戦が終わった後の小夜子の様子も、メインフレームによるモニター記録とあわせて観察済みだ。
 それに合わせていくつもの会話パターンを想定し、用意してきたキョウカではあったが、小夜子の目を見ただけで、少しの言葉を交わしただけで、何も言えなくなってしまったのである。


(狼狽えやすいくせにすぐにカッとなる、あの情緒不安定なナードガールが)


 極限状態に追い込んだ人間がいかに変化するか。そこから何を観察できるか。そしてそれをどう導くか。
 それが、キョウカ達が学ぶ【教育運用学】における、今回の試験でのテーマであった。
 能力で殺しあわせるのはその理由付けと、テレビ局との連携によるエンターテイメント性の確保に過ぎない。


(このような変貌を引き出すことが、わざわざあえて実際に人間を使って授業の教材にする理由なのかもしれないな)


 確かに、この小夜子の豹変はシミュレーションや計算で弾き出せるものではない。
 ナマの人間を使わなければ得られない結果だろう。
 そしてそれは、伝聞ではなく実際に目の当たりにしなければ、理解することは到底及ばないのだ。


 キョウカはそのことを実感しながら、もう一度小夜子の目を覗き込んだ。


(同じ顔、同じ声。だが、昨晩までとは決定的に違う)


 面談時、監督者の意識はアバターに同化している。
 アバターの一挙手一投足はまさにキョウカの精神によるイメージそのものであり、逆に、アバターの視界はそのまま視覚にフィードバックされるのだ。勿論、聴覚も。
 地球の四分の一の距離と幾つかの未来技術を経由しながらも、キョウカは、小夜子を目前に相対するに等しい感覚であった。


(ああ、そうか)


 昨晩一晩だけで、御堂小夜子は別の生き物に変わったのだ。
 芋虫が蝶になるように。
 小夜子という芋虫は、あの一夜という蛹を経て変態したのだ。
 蝶ではなく、何かそう、もっと。
 暗く、熱く、悲しく、恐ろしい生き物に。


 キョウカは、そう理解した。





「何があったのかは知っているんでしょ?」
『昨晩の対戦映像も記録も、見せてもらったからね』


 気の毒だったね、言葉を続けようしたが、小夜子がそれを手で制する。


「単刀直入に話すわ。キョウカ。アンタにこの試験で2番目の成績を取らせてあげる。だから、力を貸して」


 静かだが、意志のこもった目だ。
 向き合っているキョウカには、それがより強く感じられた。


「アンタ、虐められているんでしょう?」
『……違うよ』


 目を逸らし、頭を振る。


「私は腹を割って話をしたいの。もう、つまらない意地を張ったり、腹の探り合いをしたりする余裕は無いのよ。私も正直に言うから、アンタにも素直に返事をして欲しいの」


 じっと、見つめ続ける小夜子。


 しばらくそのままでいたが、やがてキョウカはその視線に耐えられなくなる。
 一瞬だけ目を合わせてすぐ視線を逸らし、そして頷いた。


『……ああそうさ。僕はあいつらから虐められているよ。毎日、毎日、毎日!同じ教室の奴らだって一緒になって嘲笑ってるだけさ!学校だって知らんぷりだ!でも、だから何だっていうんだよ!君には関係ないだろう!?』


 声は、震えている。


「私の能力が割り当てられないとか、初日の面談時間がほぼ無いに等しいにされたとかさ。そんな妨害を受けたアンタが、連中を上回る成績を出したとしたらどんな気がする?ズルをしてまでアンタを貶めた連中を打ち負かしたら、よ?」
『別に、何とも、思わないさ』
「アンタ昨日、私が生き残るだけで『連中の鼻を明かしたことになる』って言ってたわよね。じゃあ、私が連中お抱えの対戦者を倒したら、もっと胸がすくんじゃないの?」
『それは、そう、だけど』


 キョウカは目を合わせない。
 いや、合わせられないでいる。
 昨日といい今日といい、思わず内面を曝け出してしまったことを恥じているのだ。悔やんでいるのだ。


 実験動物扱いしていた相手に、自分が認めていなかった、いや認めようとしなかった痛みを。心の傷を暴かれてしまった。
 なんという軽率。なんという迂闊。
 優位性を保ち、常に上から指示し誘導すべき存在、監督者にあるまじき失態である。


 だが、それで心が少し軽くなった事実も、キョウカはどこかで認めていた。


 両親を失い、祖父母を亡くし、天涯孤独となった自分。
 成績を認められて飛び級で大学に進んだが、友人も作れず、それどころかいじめの対象にまでされていた。
 頼れる者も、相談できる者もおらず、周囲は全て、自分を苛むものでしかない。
 小学校に戻してもらおうにも、国の奨学プログラムを受けていた彼女にはそれは許されなかった。
 若干10歳であるキョウカにとっては、心身を磨り潰されるような毎日である。


 そんな中、キョウカは小夜子に出会ったのだ。
 情緒不安定で頭も悪く、態度も悪い。口も悪い。話せば口答えばかりする。
 外では気弱で内気なナードガールの分際で。
 クレイジーでサイコのくせに。
 おまけに、キョウカが必死になって認めずに堪らえようとしていたことまで聞き出し、平気で踏みにじってきたのだ。


 ……それが、嬉しかった。


 小夜子はキョウカを憎んでいる。それは分かる。
 だが彼女は、キョウカを見下していない。
 彼女の感情は、水平にキョウカに向けられたものだ。
 それは、虐げられ、孤立し続けていた者にとって、新鮮な感動ですらあった。


 だから、嬉しかったのだ。


 それを感じてから、小夜子に対するキョウカの感情は、少しずつ変化し始めていた。





「私は【ガンスターヒロインズ】……えりちゃんを助けたいの。だから他の対戦者を殺すわ。全て」


 彼女の状況を考えれば妄想に等しい発言である。
 だが、その目は。その瞳は。「出来る」と語っていた。


 いや、可能性を示唆しているのではない。
 確定した事象だ、とあの瞳は断言しているのだ。
 キョウカはそう思った。


「悪いけど、アンタには一位を取らせてあげることは出来ない。だから、二位で我慢して。でも、えりちゃん以外の対戦者は全部殺す。アンタを苛めている奴らのお抱えも、みんな殺してあげるわ」


 キョウカは、小夜子の計画を全て察した。


『……連中は、さぞかし腹を立てるだろうね』


 ぼそり、と呟く。


「アンタはこの試験で二番目の成績を取れる。連中に意趣返しも出来る。悪い話じゃないはずよ」


 あいつらに仕返しできる。あのクズどもの鼻を明かせる。
 そのことはキョウカの心を強く揺さぶった。それは事実だ。


 だが、それ以上にキョウカは思ったのだ。


 この女がどこまでやれるのかどうか見てみたい、と。
 彼女がやり遂げられるのか観察したい、と。
 小夜子の思いが、どのような結末を迎えるのか、見届けたい、と。


 だから彼女は、小夜子に対し、ゆっくりと、そしてしっかりと頷いたのであった。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く