あなたの未来を許さない

Syousa.

第三夜:01【御堂小夜子】

第三夜:01【御堂小夜子】


 どくん!


 という鼓動に似た音と共に、小夜子の意識が覚醒する。


(ああ、いつの間にか寝てしまっていたのね)


 彼女はもう、この事態を受け入れていた。
 ふぅ、溜息を軽くついて、周囲を見回す。


 暗い。どうやら夜のようだ。


 風が通っているのではじめは屋外かと思ったが、目が慣れてくるに従ってそれは半分間違いであることに気付いた。天井があるからだ。
 広く広がった天井には、ところどころに避難口の案内と誘導灯が取り付けられ、その周囲だけをぼんやりと照らしている。様々な施設でよく見かける、「非常口に駆け込む人」が描かれた視覚記号。あの明かりである。
 かといって完全に屋内というわけではない。横をみれば、外周には壁は半分ほどの高さしかはなく、そこから上はそのまま外の景色が広がっており、月明かりに照らされた隣のビルを見ることができた。
 小夜子の視界の光源は非常灯と外から差してくる月明かり。この二種類のみであり、その光が、この戦場に存在する障害物のシルエットを、弱々しく照らしていた。
 障害物は、所々にある柱。そして視界の殆どを占めるのは、車である。
 そこかしこに、乗用車やらバンやらが停まっているのだ。
 どうやら、ここは複数階建ての大型駐車場。その二階か三階のようであった。


 自分の身体を見る。
 昨晩、一昨日の晩と同じ。自分の学校の制服。紺のセーラーだ。


(暗い戦場なんだから、隠れるのには都合いいわね)


 前向きな材料をあえて意識することで、小夜子は自分の心を奮い立たせた。





『空間複製完了。領域固定完了。対戦者の転送完了』


 男の声が、小夜子の頭の中に響く。


『Aサイドゥ、能力名【スカー】!監督者【キョウカ=クリバヤシ】ッ!』


 小夜子の左前に、自らの能力名と、キョウカの名前が立体的な文字となって浮かび上がる。そしてその下には、「1勝0敗1引き分け」と戦績も表示されていた。


『Bサイドッ!能力名【ガンスタァァヒロイィィンズ】!監督者【レジナルド=ステップニー】!』


 同様に【ガンスターヒロインズ】【レジナルド=ステップニー】という文字が表示された。戦績は「0勝0敗2引き分け」。


(こいつ、まだ人を殺していない奴だ!)


 殺せなかったのか、殺さなかったのか。それは小夜子には知る由もない。
 だがどちらにせよ、「2勝」とついている相手よりも遥かにマシであることは確かだ。
 実力的にも、人格的にも。


『領域はこの駐車場の3階のみとなります。対戦相手の死亡か、制限時間1時間の時間切れで対戦は終了します。時間中は監督者の助言は得られません。それでは、対戦開始!対戦者の皆さんの健闘を祈ります!』


 そして、ぽーん、と間の抜けた開始音が鳴り響く。


 今夜もまた、小夜子にとって決死の鬼ごっこが始まったのだ。





 小夜子は、素早く静かに近くの車の陰に身を隠した。
 直方体じみた形をした、大きな箱型のバン。様々な業態で愛用される、人気シリーズ車である。そのため、盗難も多いときく。
 その後部にもたれかかりながら、周囲の音に耳を澄ませる。
 何かが金属の車体にぶつかる、べこん、とかぼこん、という感じの音が聞こえた気がした。
 相手も、どこかの車の陰に身を潜めたのだろう。
 ただ、少し慌てているのかもしれない。


「【能力内容確認】」


 小声で呟くと、小夜子と相手の能力が表示される。
 暗闇では見えないのではないかと思ったが、文字自体が薄く光っているため、その心配は無かったようだ。ただ、おそらくはこの空間でも視覚に投影しているのだろう。その光は周囲を照らしてはいない。


 左側を見る。


 能力名【スカー】
・能力無し


 右側を見る。


 能力名【ガンスターヒロインズ】
・(不明)


 まあ、まだ何も分からないのだから、当たり前ではある。
 まず小夜子は、周囲に気を配りながら相手の能力の考察に入ることにした。


(【ガンスターヒロインズ】って、大昔のゲームの名前じゃないの。相手は結構な年齢なのかしら?いやでも選別を受けたのは少年少女らしいし、ただのゲームマニアってだけかも?ああいや、そんなのはどうでもいいわ……ガン、っていうことは銃器もしくは遠距離系の攻撃の可能性が高いか。ヒロインってことは、対戦者は女性?いや、ゲームタイトルだから関係ない可能性も高いか)


 遠距離系、ということは沢山の車が並ぶこの戦場では、視界が悪く使い勝手が良くないと思われる。
 おまけに駐車場の営業時間外なのか、もともとこういう所なのか、それとも戦場づくりのために暗くしてあるのか。本来であれば、ずらっと並んだ蛍光灯で照らされるはずの場内は、非常誘導灯以外の照明は全て落とされていた。


(そういえば、駐めてある車は社用車っぽい車やバンが多いわね)


 駐車スペースにはそれぞれ番号が割り振ってあり、月極の駐車スペースである可能性が考えられた。外周にはビルが立ち並んでいるところをみると、オフィス街の企業向けに貸し出している駐車場なのだろうか。


(まあ、そんなことはどうでもいいわ)


 もし破壊力が高い能力だったとしても、戦場があまり広くない上にこれだけ車が密集していれば、どれかが炎上してしまえば大火災になる可能性だってあるだろう。そうなればどちらが助かるかなど分からない。


(どうやら、相手にとってそれ程有利な場所ではなさそうね)


 それに、この暗くて障害物の多い戦場なら、1時間くらいは隠れおおせられそうだ。
 そう考えるに至り、小夜子はまた一つ前向きな材料を手に入れ、精神の安定に役立てることが出来た。


 だがその矢先、


「お願いです!【スカー】さん!来ないで下さい!そちらから来なければ、こっちから貴方に危害を加えるつもりはありません!」


 と叫ぶ、金切り声が聞こえてきた。


(ちょっと待って!思ったよりもずっと近くないコレ!?)


 声はおそらく左前方からだ。15メートルも離れていないのではないだろうか。
 今隠れているバンの目の前、車の通行スペースを挟んでその向こう。そこの駐車スペースに並ぶ車の列の何番目か、そのあたりから聞こえてきたように思えた。


 急いで床に手をついて伏せ、車の下を覗き込み、その方向を見る。
 あちら側には誘導灯があるため、周辺が薄く照らされている。だが、車と車の間は角度的な問題で見えず、相手の姿を確認することは出来ない。結局、向こうの並びにもほぼぎっしりと車が停まっていることしか分からなかった。
 すぐに起き上がり、バンの陰から周囲を伺う。


 小夜子の鼓動が一気に早まる。
 暑くもないのに、服の下で汗が噴き出してきたような感覚があった。いや多分、実際に汗をかいているのだろう。焦りと、緊張で。


「こちらには迎撃の用意があります!仕掛けてきたら撃ちます!だから来ないで下さい!」


【ガンスターヒロインズ】が震えた声で叫ぶ。
 そして次の瞬間、


 ぱぱぱぱぱぱっ!


 という音と共に、声のした方向、その天井から埃が舞い散ったのが、薄明かりの中で見えた。


(ええええ!あれ自動小銃じゃないの!?)


 日本に住む小夜子には、自動小銃などには馴染みはない。実物を見たことなど当然ありはしない。
 だが、オタク趣味を持つゲーマーでもある小夜子には、ピンと来たのだ。


(あんなの相手に出来るわけないじゃない!)


「お願いです、来ないで下さい!」


【ガンスターヒロインズ】の絶叫は続く。


 そして今度は、


 す、ぱぁん!


 という音と共に、先ほどとほぼ同じ場所、その天井からさっきよりも多くの埃が舞い散っているのが見えた。何か沢山のものが、一度に天井を穿ったようだ。
 先程と同様、あえて着弾が分かるように、明かりで照らされている辺りを撃ったのだろう。


(え!?何アレ!?ショットガンまで持ってるの!?無理無理!絶対無理!)


 心臓の鼓動が高鳴る。早まる。収まらない。


(ショットガンなんて、視界に入っただけでアウトじゃない!)


【グラスホッパー】や【ホームランバッター】の比ではない。非現実じみた派手さや冗談のような破壊力はなかったが、現実に、合理的に人を殺すために作られ、実績もある武器を振るわれる脅威。
 それが、小夜子の心胆を寒からしめた。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く