あなたの未来を許さない

Syousa.

第三日:04【御堂小夜子】

第三日:04【御堂小夜子】


 替えの下着とパジャマに着替え、失禁で濡れた床を雑巾で拭く。
 簡単に片付けを済ませた小夜子は、キョウカの前に再び座った。
 ちゃんとした後片付けは、面談時間が終わってからだ。


『多分サヨコも予想はついているだろうけど、この神経干渉は、痛みを与えるのが目的じゃあない。それは副次的なものだ』
「そう」
『君達の日常はモニターしているって、さっき言ったよね』


 自慰行為を覗かれていたことを思い出し、小夜子がぷるぷると拳を震わせる。


『待って、待って。で、当然君達の言動も監視しているわけだ』
「でしょうね」
『うん。君達の体内のナノマシン、そしてバイオ人工知能……ああ、DNAコンピュータって言うべきなのかな?まあそれらは、僕達の乗っている航時船のメインフレームと常に交信し、管理されている』
「用語ははっきり言って全然分からないけど、何となくわかったわ」
『もし君が僕達未来人のことを、君達の時代の誰かに話そうとしたり、伝えようとしたりした場合にはメインフレームがそれを判断、ナノマシンに命令を下して君の神経を灼き切るようになっている。まあ機密保持のための、当然の処置さ。勿論そんなことをしたら君は死ぬ。よくて廃人さ。「痛みを与えることが出来る」というのはあくまでそれの副産物なわけだね』
「じゃあ、もし私が誰かにあんたたちのことを話していたら、まずその時点で殺されていた、ということ?」


 他人に伝えたところで狂人としか思われまい。
 そもそもが、自分だって信じられない事態なのだ。
 そう思って誰にも話さなかったことが幸いした。


『そうなるね。君は無意識の内に賢明な判断をしていたわけだな』
「だからそういう大事なことは一番始めに言えっつってんだろおおおおおおおお!!」


 絶叫とともに小夜子の拳が飛ぶ。アバターをすり抜けてフローリングの床に命中する。
 ごつん!という音と振動が小夜子の腕まで伝わった。


『君は実に馬鹿だな。僕の本体は今、遠い南方にいるんだから、どうやっても殴れないよ?それに、僕だからいいけど、これが他の監督者だったら機嫌をそこねて神経干渉の仕置をしてくるかもしれないんだぞ』


 小夜子は拳をさすっている。
 馬鹿にしたような目で、キョウカがそれを眺めていた。


 ぴろりん、という音がしてスマートフォンが震える。SNSメッセージの着信通知だ。目にも留まらぬ速さで、素早くそれを手にとって見る小夜子。
 キョウカが「おおっ」と驚嘆の声を上げたほどである。


 小夜子にSNSを送ってくるのは、恵梨香以外には誰一人として存在しない。
 それが小夜子の反応速度を極限まで向上させた理由である。


《さっちゃんどうしたの?なんかすごい声したけど》


 先程の小夜子の叫びが、隣にまで聞こえてしまったのだろう。それを聞いた恵梨香が、心配してメッセージを送ってきたのだ。


 小夜子の表情が、ぱぁっ、と明るくなる。


 すぐにスマートフォンを操作しだして、恵梨香へと返信を送る。


《大丈夫、ちょっとゲームやってて興奮しただけなのー。それよりさっちゃん帰ってくるの早かったんだね、生徒会のお仕事はもう大丈夫だったの?》


 ものすごい勢いで文字を入力して、送信。
 高速で動く指をみて、キョウカは『すげえ……気持ち悪い……』と呟いていたが、小夜子の耳には入らない。


 約2分後。
 ぴろりん。


《うん、先生が急な用事で来られなくなったもんで、明日に延期になったの。だから帰ってきちゃった。今さっき家に着いたんだよ》


(生徒会で先生っていうと山下か……あのクソ教師、えりちゃんが具合悪いのをおして学校にいったというのに急用で延期だと!?万死に値するわ)


 実際には山下先生はクソ教師でも何でもない普通の教員だし、急用も本人が悪いわけはないのだが、体調不良の恵梨香に忍耐を強いた、という一点だけで小夜子の憎悪を掻き立てたのだ。理不尽な話である。


《そうなんだ。具合の方は大丈夫?看病にいこうか?何か作ろうか?汗かいた?身体拭こうか?舐めていい?》
《さっちゃんのエロすけ。大丈夫だよ。もう何ともない》
《心配だわ》
《まあ今日は早めに休んでおくつもり。おつかれーエロすけー》
《おつかれー(キス顔の絵文字)》


 スマホを眼前からゆっくりと下ろす小夜子。
 その顔は、とても満足気な笑みをたたえている。


 そしてその顔をみて、キョウカは溜息をついた。





『君が生き延びたいのは、あの美人が理由なんだね』
「そうよ。悪い?アンタ達が帰ってくれれば何の問題もなく、私はあと一年半あの子と一緒にいられるのよ」
『別に悪くないさ。野蛮な君達の時代ならいざしらず、27世紀では同性愛は至って一般的だ。女性同士なら子供だって作れる』
「別に私は同性愛者じゃないわ。女は嫌いだし」


 自分の母親や中田姫子、そして今まで出会ってきた学友達。
 女性という存在に対して、小夜子は肯定的なイメージを抱いていなかった。


「ほんと、女ってクソよ」


 吐き捨てるように言う。


『そんなこと言ったってさ……君も女だろう?』
「私はクソでいいのよ!」
『お、おう……』


 迫力に押されるキョウカ。


『でも、君がご執心のエリ=チャンだって女性なんじゃないか?』
「あの子は女神だからいいの!」


 鬼のような形相で詰め寄ってくる。


(だめだ、こいつクレイジーだ)


 キョウカは、小夜子のキャラクターに対する認識を変えねばならないな、と思った。





『面談時間が残り少なくなってきたけど、今日の時間ロスは流石に君のせいだからな』


 キョウカが、頭を抱えながら言った。
 どうしてこうなってしまうのか、と絶賛後悔中の小夜子も額を押さえている。


「ああ、そうだ。残り時間っていえば、【ホームランバッター】と話していて思ったんだけど、初めてアンタが来た日の面談時間が5分しかなかったのって、なんで?向こうは1時間あったって言ってたけど」


 あまり触れられたくないことを尋ねられ、キョウカは舌打ちをする。


『さあね』
「ひょっとしてアンタ、遅刻してたの?」
『違う。僕は時間にルーズじゃない』
「人によって割当時間が違うとか?」
『多分、違う。どうやらそうじゃないみたいだ』
「あ、分かった。先生から嫌われてて、それで時間を短くされたんだ」
『教授の仕業じゃない。他の奴が細工したんだ!』


 声を上げてから、しまった、という顔をするキョウカ。
 小夜子はそれをしばらく眺めていたが、キョウカにぐっと詰め寄って口を開いた。


「心当たりあるの?じゃあ、誰の仕業なのよ。私にも関わることなんだから、教えてくれてもいいんじゃない?」
『いやだ』
「人のオナニー覗いておいて自分はだんまりなわけ?」
『それは悪いと思ってるさ。でも、答える義務はない』
「いいじゃないの、どうせ私はアンタ達の授業の教材として、じきに殺されるんだし」


 分かってはいるが、自分でそう口にしたため、気分がさらに暗澹とする小夜子。
 そんな小夜子に対し、キョウカは


『うるさいな!黙れよ!また痛覚神経に干渉するぞ!』


 怒鳴った。


「……分かったわよ」


 諦めてあぐらをかきなおす小夜子。
 気まずい沈黙が二人の間を支配し、そのまま数十秒が経過した。


 その沈黙を破ったのは、キョウカの方だ。


『【対戦者名簿一覧】』


 と口にしたアバターの前に、画面が一枚表示される。
 先程小夜子が見たのと同じ、対戦者とその監督者、そしてその対戦成績が一覧表示されたものだ。


 キョウカはそのうち3枠を指さし、選択。点滅させた。


『監督者【ヴァイオレット=ドゥヌエ】、【アンジェリーク=ケクラン】、【ミリッツァ=カラックス】。こいつらが犯人だ』
「同じ学生の仕業なの?」
『そう』
「アンタ、こいつらに嫌われてるの?」
『嫌われてるわけじゃない。僕の優秀さに嫉妬しているだけさ』


 キョウカのアバターは、小夜子と目を合わせようとしない。


「ひょっとしてアンタ、普段からこんなことされてるんじゃないの」
『別にそういうわけじゃない、ちょっと嫌がらせされたりすることがあるだけだ』
「例えばどんな」
『死んだ両親や祖父母のことを侮辱されたり、講義中に生卵ぶつけられたり、ロッカーに生ごみ入れてきたり、座席に塗料を塗られたり、テキストを隠してきたり、泥水のバケツを投げつけられたり、ケチャップかけられたり、食事にゴキブリ入れられたりとか、レポート盗まれたりとか』
「アンタそれ、いじめられてるっていうのよ!?」
『違うよ』
「てか、大学でもまだイジメなんてあるの?いい年こいてそんな奴いるわけ?」
『いじめられてなんかいないってば!嫉妬されているだけだ!君みたいなスクールカースト最底辺のファッキンナードと一緒にするな!馬鹿!』


 すっかり余裕を無くしたキョウカの金切り声に、今度は、小夜子の方がたじろいでしまう。
 キョウカはそれっきり、背中を向けて黙りこんでしまった。





 ぴぴぴぴぴ!


 昨日聞いたのと同じ電子音。
 面談時間終了のアラームだ。


 それを聞いて、キョウカがのそり、と小夜子の方へ向き直った。


『とりあえず、逃げ隠れに徹していれば、余程の相手でなければ大丈夫だと思う』
「ええ、そうするつもりよ。明日も私はえりちゃんに会うんだから」
『昨日みたいに、妙な期待をもって相手に接触しようとは思わないほうがいい』
「身に染みて分かっているわ」


 昨晩のホームランバッター。その恐怖に歪んだ顔を思い出し、表情が曇る小夜子。
 キョウカは少し思い悩むように頭をふらふらとさせていたが、意を決して、口を開いた。


『正直、2回も生き延びてくれたことに感謝している』
「アンタの成績が良くなるもんね」
『それだけじゃない。あれだ……君が生き残って僕が加点されるほど、連中の鼻を明かしたことになるからさ』
「ああ……」


 キョウカが名前を挙げた、三人の話を思い出す。


『だからその……次も生き残れるといいね』
「そのつもりよ」
『あと……話を聞いてくれて、ありがとう』


 そこまで言ったところで、キョウカのアバターは消失した。


(あいつの話なんか聞いたっけ?)


 と小夜子はきょとん、としていたが、やがて「ああ」と手を打った。
 三人からキョウカが受けた仕打ちを聞き出したことなのか、と合点したのだ。


(……たったあれだけで「話を聞いた?」)


 だとしたら、キョウカはどれだけ人との接触に飢えていたのだろう。
 そんなにも彼女は、周囲から孤立しているのだろうか。
 相談できる友人も家族もいないのかも知れない。
 すると、まさかだが、ひょっとしたら、始めに会った時からの浮わついた様子は、彼女を苛む者以外と会話が出来ることに浮かれていたのかもしれない、とまで思えてきた。


 だがすぐに、小夜子は頭を振ってその考えを頭から追い出す。


 だからどうだというのだ。
 自分は彼女達のせいで死にそう、いや殺されそう、いいや、近々殺されるのだ。
 連中の事情など、どうでも良い。


 下手をすれば今夜にでも殺されて、もう恵梨香に会うことも出来なくなる可能性だって、十分にあるのだから。
 そうと考えると、小夜子の目から涙がぼろぼろとこぼれ落ちた。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く