あなたの未来を許さない

Syousa.

第三日:01【御堂小夜子】

第三日:01【御堂小夜子】


 もそもそと、小夜子はコーンフレークを咀嚼していた。
 毎朝食べている、豆乳を使ったコーンフレークだ。
 食べ終えて、洗って、水切りバットに入れる。昨日の朝入れたままのボウルにスプーンが当たって、乾いた音を立てた。


 身支度はもう済ませてある。後は外に出て恵梨香と待ち合わせをするだけだ。
 小夜子ははしゃぐ心を抑えきれず、時計が「07:40」になる前に家を出た。





 早く出ても彼女が早く出てくるわけではなく、その分を家の前で待つことに。
 昨晩あれだけの目に遭ったというのに、小夜子は機嫌よく、鼻歌まで歌いながら待っていた。


 やがて、


「行ってきます」


 という鈴を転がすような声がして、女神が姿を現した。
 玄関のドアを閉め、門を開けて、小夜子の目前へと歩いてくる。
 すらりとした長身、端正な顔立ち、歩くと揺れる美しい黒髪。
 小夜子の唯一絶対神、長野恵梨香である。


「おはよう、さっちゃん」
「おはよう、えりちゃブフ」


 ブフ、というのは、恵梨香が小夜子の正面に立った途端、小夜子が抱きついて恵梨香の胸に顔を埋めたからである。
 恵梨香が168センチ、小夜子が142センチ。二人の身長差だと、小夜子がやや斜め気味に抱きつけば、上手い具合に恵梨香の胸に顔を埋めることが出来るのだ。


「怖い夢をみた」


 と言いながら、埋めた顔をぐりぐりと動かして恵梨香の胸の感触を味わう。
 ぐりぐりぐりぐり、ぐりぐりぐり。
 もひとつおまけにぐりぐりぐり。
 まだまだおまけにぐりんぐりん。


 ……かたい。


 制服の上かつブラ越しだからまあ当たり前ではある。
 だが小夜子は満足であった。体育の時間、準備体操のシメの時とは比べ物にならないような気合の入った深呼吸をして、恵梨香の香りを肺いっぱいに吸い込む。
 これだけでも昨晩の地獄を生き延びた価値はある。そう思った。
 続いて服の裾から手を突っ込んで胸を揉もうとしたが、その前に


「やだもー、さっちゃんのエロすけ」


 と、頭を両手で掴んで引き離された。作戦失敗。
 だが恵梨香は、「残念」という顔をした小夜子に気づいた様子もなく、手を掴み微笑んで言った。


「行こう、さっちゃん」
「うん」


 そのまま手を繋いで歩き出す。
 途中で小夜子は一度手を離し、「恋人つなぎ」に組み替えた。恵梨香は何の抵抗もなしに、その手と指を受け入れる。
 高校生同士で手を繋いで登校、というのはあまり見かけないし、ましてや恋人つなぎである。普通なら拒まれてもおかしくはないが、恵梨香は小夜子の手を拒んだことはなかった。かといって、他の女友達とそんな風に歩いているところも見たことはないので、恵梨香が特段、スキンシップに寛容というわけでもない。
 小夜子はこれを、幼馴染の自分だけに許された特権だと思っていた。





 至福の15分間。
 並んで歩きながら、柔らかな指と掌をじっくりねっとりと愉しんでいた小夜子であったが、相手の指の動きや感触、体温から細かな異変を感じ取っていた。
 どうにも恵梨香の元気がないような気がする。そう言えば、小夜子の話に相槌をうつ声もやや弱いし、歩く速度もいつもより遅く感じられた。


「えりちゃん、具合悪いの?」
「んー、ちょっとね。頭とお腹が痛い、かも?」


 それを聞いた小夜子の表情が曇る。


「えっ!?風邪?学校休む?一緒に帰ろうか?看病しようか?おばさん今日はフツーに仕事でしょ?」


 恵梨香は小学生の時に父親を亡くしている。年の離れた姉がいるが、既に社会人で家を出て大分経っているため、今は恵梨香と母親で二人暮らしをしている。


「ううん、風邪とかじゃないと思うんだけどね」


 頭を振る恵梨香。
 それを聞いて小夜子は、


「生理……は違うよね?ちょっと前に終わったばっかりだし。私の計算だともっと先だったと思うんだけど」


 と言ってしまいそうになったが、堪えた。いくら親友とはいえ、生理周期まで把握し、かつ計算しているなど、流石に引かれそうと気付いたのである。それくらいの常識は、まだ彼女には残っていた。


「でもえりちゃん、具合悪いなら無理しないで休んでおきなよ」
「んー、そこまで本格的に具合悪いわけじゃないの。疲れっていうか寝不足?それとも違うかな?まあ、多分しばらくしたら大丈夫になると思う」
「心配だわ」
「ありがとう、でも今日は生徒会の集まりもあるし、ちょっと休みたくないの。今度他所の学校の生徒会との交流会とかがあるとかで、その準備を手伝うの」


(ああ、彼氏もいるしなぁ……)


 と会計長の吹田先輩を思い出す。
 少し崩れた二枚目半。イマイチ頼りない印象だが、優しくおおらかな性格で下級生からも慕われていた。
 恵梨香の彼氏として釣り合うとは思っていなかったが、小夜子も彼に対して悪い印象はもっていない。
 嫉妬はするが。


「そう……無理はしないでね?」
「大丈夫だ、問題ない」


 茶化しながら恵梨香はにやり、と笑った。
 そして「ぎゅっ」と小夜子の手を強く握り、重ねてそのことを強調するのだった。


 そうこうしている内に至福の15分は終わり、他の生徒達と通学路が重なり始める。
 小夜子は恵梨香の手からゆっくりと指を解き、歩みを緩めて15メートル程の距離をとった。
 やがて恵梨香の周囲にはクラスメイトや他の友人達が集まり始めて、恵梨香の傍らに小夜子の居場所は完全に失われる。小夜子はそれをぼんやりと眺めがなら、学校へと向かった。


 いつもの光景、いつもの流れ。
 そう。いつもの。


 明日はこの光景は見られるのだろうか、と思いながら小夜子は歩くのだった。





 昼休み。
 昨日あさがおマートで買ったパンをもぐもぐと食べていると、中田姫子の取り巻き、佐藤と本田の二人が小夜子の席までやってきた。


「なんか臭わない?」


 と言ったのは佐藤。ややふくよかな体型をしている。三人の中では一番背が高く、成績も良かったと記憶している。


「ちょっとね、クサイよね」


 これは本田。これは佐藤とは対照的に細くて小柄だ。以前は眼鏡をしていたが、最近はコンタクトにかえたらしい。元々薄かった印象がさらに薄くなった、と小夜子はこっそりと思っていた。


 二人は「あーくさいくさい」と鼻をつまんで言いながら教室の入口の方へ歩き去っていった。
 入り口の戸のところには中田姫子が立っていて、にやにやとこちらを見ている。おそらく姫子が二人に言わせているのだろう。
 直接来なかったのは、嫌がらせに変化をつけるためなのだろうか。


 今日はこの程度で済んで良かった、と小夜子は思い。そしてそう考えたことに、自己嫌悪した。


(ああいうクズどもこそ未来人の【授業】の教材にされていればいいのになあ。死んでしまえばいいのに)


 だが、三人の様子からは、そんな修羅場をくぐったような変化は見られそうになかった。


 昨晩のホームランバッターはG県……遠い関東地方の高校生だと言っていた。おそらくは日本全国、ひょっとしたら世界規模で【対戦者】を採り上げたのかもしれない。
 だとしたら、小夜子の身近に他の【対戦者】がいるという可能性は極めて低いだろう。


 それに、自分自身は無価値な存在だと認めている小夜子であったが、姫子達がクズだとは思いつつも無価値とまでは思っていなかった。
 憎まれっ子なんとやら、という奴だろうか。性格が悪い人間のほうが世渡り上手であることを、小夜子も知らない年齢ではない。
 ああいう人間のほうが、世間では強いのだ。





 あさがおマートで夕食用の弁当と翌日の昼食用のパンを買う、いつものルーチンワーク。
 今日はそれにペットボトルのジュースを買う、という行動も追加された。


 レジを終え、袋詰めの台にカゴを運び、移し始める。
 あさがおマートはあの半分程度の大きさしかないが、スーパーという場所自体が昨晩の【ホームランバッター】との対戦を思い出させて、気が沈んだ。


 彼もスーパーに行ったら、こんな気分になるのだろうか。
 小夜子は心の中で、呟いた。





 家に帰る。靴を脱ぐ。揃えもしない。台所へ。弁当を冷蔵庫に入れ、パンはテーブルに置く。昨日ビニールに入れたまま置きっぱなしだったレトルト食品を棚にいれ、留守録チェック。何もなし。トイレを済ませて手を洗って、買ってきたペットボトルのジュースを持って二階へ上がる。


 SAYAKOと書かれたプレートが下げられたドア。
 自室だが、トントン、と叩いてみる。


『どうぞー』


 と声が返ってきた。


 もう、驚かない。
 もう、疑わない。


 ドアを開けると、部屋の中にはきらきらとした光の粒子をまとった、妖精が座って待っていた。


『おかえり、小夜子』


 何と言葉を返すか、と数秒迷った後、小夜子は口を開く。


『ただいま、キョウカ』

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く