あなたの未来を許さない

Syousa.

第二夜:06【ホームランバッター】

第二夜:06【ホームランバッター】


【ホームランバッター】……田崎修司の精神は、恐慌状態にあった。


 やはりあの女子、【スカー】は自分を騙し討ちにするつもりだったのだ。
 それを、ギリギリの所で見破った。
 危なかった。もう少し遅れていたら、何をされていたか分からない。
 小柄で貧相な体格。地味なおさげ髪に洒落っ気のない太縁眼鏡。気の弱そうな仕草に、よく詰まる喋り方。そういった見た目に油断して、肝心なことを見落としていた。


(くそっ!くそっ!信じようと思ったのに!昨日のあの電撃野郎とは違ってまともな奴だと思ったのに!騙しやがって!)


 話に乗せられて、迂闊にも能力内容をべらべらと喋ってしまったことが悔やまれる。
 勿論、小夜子にはそんな意図は無いし敵意も無いのだが、彼女の心理を田崎が知る訳がない。


(畜生、どうしたらいいんだ)


 一回目の攻撃は打ち分けが出来ずに反対方向へ飛ばしてしまった。
 その次は狙いやすくする為に軽くバットに当てて飛ばそうとしたが、発動条件を満たせずに、普通にペットボトルを弾いただけになってしまった。
 やり直した二回目の攻撃は概ね予定した場所に飛ばせたが、相手にヒットせず。
 直後、開けた穴から【スカー】が店の奥側へ走り去るのが見えた。もうこれで、彼女の位置は特定出来ない。


 背の高い陳列棚の並ぶ大型スーパー。売り場と売り場の間に走る通路以外は、極端に視線が通らない。死角が多過ぎる。
 あまりにも自分に不利すぎる戦場だ、と田崎は思い、怯えた。
 それに加え、【ホームランバッター】は発動条件のせいで、連射が利かない。


(制限が無けりゃ、その辺の物を片っ端から打って燻しだしてやるのに!)


 ……制限。発動条件。
 何て面倒なんだ!と田崎は忌々しげに唇を噛む。
 唇が痛みに耐えられなくなる前に顎を解放し、彼は小さく「【能力確認】」と呟いた。
 すると、左手脇に箇条書きで能力の説明書きが空中に浮かび上がる。対戦開始時に、戦績や対戦者情報が文字で浮かび上がったのと同じ仕組みなのだろう。


 箇条書きの文字列には、【能力名:ホームランバッター】という見出しに続いて、白い文字でこう記されていた。


・金属バットを創り出せる。
・そのバットで打った物を力場で包みこみ、加速させて射出することが出来る。


 ここまでは初日に提示された物と同じ。能力の主な内容だ。
 これを受けて【ホームランバッター】と能力名をつけた。だが今となっては、もう少し捻った名前にすればよかったな、と田崎は思う。


 箇条書きはまだ続いていて、先程の白い文章の下に、黄色の文字で書き連ねられている。


・新しいバットを創りだすと前のバットは消える。
・力場を使って射出するためにはチャージ時間が必要とされる。チャージ完了はバットからの振動で通知される。
・力場を使って射出するためには一定速度以上で打撃する必要がある。


 これは、能力の制限や条件といった、補足的なもの。
 自身のものについては、対戦者本人が確認したものが後から追記される仕組みになっている、と田崎は監督者であるアルフレッドから教えられていた。


『対戦者自身が手探りで能力を把握していくのも、番組を盛り上げる要素の一つだからな。それだけではなく、制限や条件が加わることで各人にランダムに割り当てられた能力のゲームバランスをとっているのさ。多種多様な能力が候補として用意されてはいるが、我々の試験としてもテレビの番組としても、強い能力を取ったらそれで勝ち確定、というのは問題あるだろう?だから制限や条件でバランスをとるのだ。逆もまた然り。絶対に不利な能力というのは、割り当てられないようになっている。だから油断しないほうがいい』


 アルフレッドはそう、語っていた。
 手乗りサイズのカバの姿で、偉そうに……。


 何にせよ、この制限のせいで、発動の為にほぼフルスイングを要求されるのだ。
 力と体力には自信があるものの、野球経験はほとんど無かった田崎にとって、これはなかなか厳しい条件である。加えて、打つのは球形のボールではなく雑多な商品。一度撃てば能力の作用で勢い良く飛んで行くとはいえ、狙った方向にきっちり飛ばせというのが無茶な話であった。


 心臓の鼓動が早まるのを感じながら、視線を右手側に移す。そこには、相手側の情報が表示されていた。アルフレッドの説明では、対戦中に確認出来た相手の能力と条件が表示されるシステムになっているという。


『こういう情報を元にした読み合いや探り合いも重要なエンターテイメント要素らしいからな』


 というのはアルフレッドの談だ。


 右手脇の文字列を、目で読む田崎。
【能力名:スカー】
・不明


 当然と言えば当然である。【スカー】はまだ何も能力を発動させていないのだ。
 つまりそれは、田崎にとっては全く何も対策を立てる材料が無いということ。
 相手の攻撃方法も分からないし、射程距離も分からない。
 騙し討ちを狙っていたようだが、近接攻撃しか出来ないのだろうか?それとも隙を突くことが重要なのだろうか?


(何も、何一つ分からない!)


 名前も「傷」を意味するのは理解できるが、それだけでは漠然としすぎていて、能力内容を予想するのは困難であった。


 騙されたことに対する憤り。戦場との相性の悪さと能力制限の不利による焦り。加えて【スカー】がいつ死角から飛び出して襲ってくるか分からない恐怖。更には、彼女の能力が何なのかも分からない。
 なんという劣勢!なんという不利!
 これらの材料が、田崎の精神を急速に追い詰めつつあったのだ。





 ぶるん、とバットが震える。能力のチャージが終わった通知だ。多少の前後はあるが、大体1分程度でそれが完了することを、田崎は昨晩と今夜の戦いで既に把握していた。


 唯一の攻撃手段が1分おき!
 しかもコントロールが困難!
 何という使い勝手の悪さか!。


(不公平すぎるぞ!)


 田崎は心のなかで毒づきながら、左手に持っていたフルーツの缶詰を上へとトス。
 すぐにバットを両手で持ち直して全力の打撃を入れた。


 バットに触れた瞬間、缶詰は力場で包まれた青い砲弾と化し、ごおん!と轟音をたてて売り場へと飛んで行く。
 左手側を狙った筈だったが、田崎の精神状態を反映したかのように【打球】は狙いを逸れ、一回目の攻撃が引き裂いた破壊跡のすぐ脇へと飛んでいった。
 結果として、第一打目が開けた穴を拡張する形になる。


(当たってない……)


 焦りから適当に打った上に狙いを外しているのだから、余程の幸運が重ならなければ当たるわけがない。
 だがそれでも、打たずにはいられないのだ。


【スカー】に動きは無かった。


 周囲を見回す。【スカー】の姿は変わらず見えない。
 背中に寒い物を感じ、「まさか」と思い慌てて振り返る。いない。
 すぐに視線を売り場方面へ戻す。


 左手店側奥で、何か影のような物が動いた気がした。
 注視する。
 誰もいない。


 正面右手側、拡張された破壊孔の方から音がする。
 慌てて顔を向けるが、壊れかけた棚から商品が落ちたのか、それとも【スカー】が立てた物音なのかは判別出来なかった。


 バットが振動する。


 慌てて近くの台から菓子パンを掴んでトス。
 柔らかい物でも飛ばすことが出来るのは、初日で確認済みであった。
 両手にもって振りかぶって、打撃。
 今度の狙いは真横にある売り場の陳列棚。概ね狙い通りに飛ぶ。
 陳列棚は真横から砲撃を受け、ほぼ一列まるごとが破壊された。
【打球】は店の奥を破壊しバックヤードまで飛び込んでいく。おそらくそのまま貫通し続けて場外へと出てしまい、バリアで分解されるのだろう。


(とにかく、とにかく打ち続けないと!)


 恐慌状態にある田崎には、最早自分の行動に合理や計算を当てはめることは出来なかった。


 バットが振動する度にその辺の物を【ホームランバッター】の能力で打つ。
 棚を貫通し、引き裂き、倒す。
 手応えも気配も掴めぬことに焦りを募らせる。
 そして血眼になって周囲を見回し、ひたすらに怯えていた。





 そんなことを幾度も繰り返したが、未だに【スカー】を倒すどころか、その姿さえ確認出来ない。


(まさか、時間切れを狙っているのか?)


 ふとその可能性に考えが及んだ田崎であった。が、すぐにそれを捨てる。


(騙し討ちをしてまで俺を殺そうとする奴が、時間切れなんて狙うはずがない)


 相手が不利だから守勢に回っている、という思考には至らない。
 自分が追い詰められているという前提でしか、既に考えられなくなっていたのだ。


(……時間切れ?)


 周囲を見回すのは続けながら、小さく呟く。


「【残り時間確認】」


 すると能力確認時と同様に、彼の左手脇に文字が浮かび上がった。
【00:05:40】と書かれた文字列だ。その内40、という数字は1秒毎に39、38と減っていくので、左から時間、分、秒となっているのだろう。だから、残り時間はあと5分程度ということになる。
 つまりあと5分、【スカー】の攻撃を受けなければ生き延びられるのだ。


 田崎からすれば、本来はそれで良い。
 いや、良いはずであった。


(でも、今回は良くても、もしまた後で【スカー】と戦うことになったらどうなる?)


 恐怖で塗りつぶされた思考は、整合性も合理性も捨てて、そこから更に別の憶測を生み出す。


(あいつは散々俺の能力を見たんだ。能力内容だけじゃなく、きっと弱点も見破っているに違いない。そして次に対戦が組まれる時には、あいつはもっと自分の能力を把握して、使いこなしているに違いない!そんなことになったら、間違いなく俺は殺される!)


 次に対戦が組まれるまで【スカー】が生き延びているかどうかなど分からない。
 普通に考えれば、同一の対戦カードが巡ってくる前にどちらかが既に斃れている可能性の方が、ずっと高いだろう。


 だが、恐慌状態の精神はその考えを導き出さない。
 代わりに出したのは、


(今ここで【スカー】を殺しておかないと、俺は絶対、次で殺される!)


 という結論であった。


 殺さなければ、殺される。
 これは正当防衛であり、不可避の事態なのだ。


(だが、どうやったらいいんだ!?)


【打球】は全て【スカー】には当たらなかった。
 陳列棚も大分破壊したが、まだまだ残っている。相手の居場所は相変わらず掴めない。
 かといって、残り全ての棚を【打球】で砕いている時間も無い。


(ここからではあいつの居場所も分からない。そもそも分かっても距離があったら【ホームランバッター】の狙いがつけられる自信も無い。距離を詰めて狙いやすくするとしても、打撃準備中に大きく避けられたらどうしようもない。こんな不便な能力でどうやって倒したらいいんだよ……!)


 ぶるん、とバットが能力のチャージ完了を告げた。
 途方にくれながら、バットを握った右手を見る。


 その時彼は、ふと、閃く。


 これで相手を殴ったら?と。


【スカー】を直接【ホームランバッター】の能力で【打球】にしてやれば、一撃で倒せるのではないか、と。


 右手側に目をやった。
 腰の高さほどの台がいくつも並んでいる。台の上には和菓子や箱詰めの菓子類。先程打球にした菓子パンも、この陳列台からとったものだ。


 試しに、田崎は【ホームランバッター】の能力で陳列台を直接打撃する。
 バットが触れた瞬間、台はまるごと青い力場の膜に包まれて、轟音とともに大きな【打球】と化した。
 打球はすぐ近くの窓ガラスと窓枠、周辺の壁を砕き店外へと飛び出すと、即座に「じゅわっ」という音を立てて消滅する。場外負けのシステムは、領域から物が飛び出すことも許さないのだ。


 半ば呆けたように開けた穴を見ていた田崎であったが、この実験の成功で、閃きを実行に移すことを決意した。
【ホームランバッター】の能力で【打球】として飛ばせるのがどの程度の大きさまでかは分からないが、少なくとも台よりは彼女、【スカー】の方が、身体が小さいだろう。いや、間違いなく小さい。


 ここに来て彼は、自分に与えられた能力の強力さに気付いたのだ。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く