あなたの未来を許さない

Syousa.

第二夜:05【御堂小夜子】

第二夜:05【御堂小夜子】


(えりちゃんに会うためなら。あのヘボ打者から逃げまわるくらい、やってやるわ!)


 立ち上がった小夜子はまず、周囲を見回した。
 両脇には陳列棚がずらっと並び、レジ側通路から店の中央通路まで伸びている。中央通路を越えればまた別の売り場になり、やはり陳列棚が今度は店の奥側通路まで続いているようだ。奥側の通路越しには惣菜売り場の表示を見ることが、出来た。


 背後、先程まで小夜子がいたレジ手前通路の向こう。レジカウンター群は半数近くが【ホームランバッター】の【打球】で破壊されており、残骸や破片が散らばっている。
 その様子を見れば、打球の直撃を受けずとも、かすっただけで怪我を負うことは免れないと理解出来た。いや、怪我どころか下手をすれば一発で動けなくなる可能性も高い。
 打球を打ち分けることが出来ない、と【ホームランバッター】は言っていた。今となっては真偽を確かめる術はないが、実際小夜子はその不慣れに助けられた形になったのだ。


(だから多分、アイツが狙いをつけられないのは本当)


 もし先程小夜子を追って売り場側にきっちり打ち込まれていたならば、その時点で勝敗は決していただろう。


(でも、どうして続けて打ってこないのだろう?)


 缶詰でも箱詰めでも、打つ物はその辺にいくらでも転がっている。流石にバットで打てないようなペラペラした物まで打球に出来るかどうかは分からないが、彼が次の【球】を探すのに左程困りはしないはずだ。


(連続しては、撃てないのかも知れない)


 大砲でも撃つかのような彼の能力であれば、その場で端から店内を掃射してやるのが一番安全で確実だろう。彼の精神が恐慌状態であったとしたら、尚更だ。それを行わないあたりから、小夜子は【ホームランバッター】の弱点を予測していた。


 破壊力と貫通力はある。いや、それどころか即死級の攻撃力だ。だが、連続しては攻撃出来ず、照準も正確にはつけられない。
 そして、ここは大型スーパーを複製した空間だ。背の高い陳列棚がずらりと並ぶ売り場は、身長が140センチ程度の小夜子が立っても他から見えることはない。相手からの視線を遮るには絶好の戦場であった。


(……上手く隠れて逃げ続ければ、時間切れを狙える)


 数瞬の間に、小夜子は考えをまとめていた。


 普段の消極的で内向的な性格、【ホームランバッター】と初めて話した時のようなおどおどした様子からは、考えられない思考だった。
 昨晩【グラスホッパー】に追い掛け回された時とも違う。まるで別人のような冷静さと分析力、そして決断。


 夢ではなく、現実に死が差し迫っているという認識のせいだろうか。
 いや、違う。
 小夜子が愛し崇拝してやまぬ女神。彼女と明日一緒に登校する為。
 あの「至福の15分」をもう一日でも守りたい、という思いが。
 小夜子の精神を、土壇場で奮い立たせていたのだ。


 ぐおん!


 轟音とともに、青い炎に包まれた何かが。小夜子の5メートル程先、陳列棚の左側を猛スピードで貫通し、引き裂き、さらにやや奥側、中央通路すぐ手前の右側陳列棚へと突っ込み、砕き飛び去っていく。
 小夜子から見れば左前方から右側さらに前方へと斜めに貫通していった形だ。線を結んで伸ばせば、飛んできた場所は【ホームランバッター】がさっき立っていたレジカウンター群の端のあたり。飛来した物は言うまでもなく彼の【打球】であった。
 衝撃と風圧で後ろに倒れそうになる小夜子だったが、咄嗟に踏ん張ってこれを堪える。


 打ち分けが出来なかったのか、それとも位置を予測して打ったのかは分からないが、今回も打球は外れてくれた。
 先程の攻撃、第一打が通り抜け破壊した場所のすぐ近く。現在そこに小夜子は立っているが、位置的に彼からは姿は見えていないはずだ。


(やっぱり当てずっぽうで打って来ている)


 だが、最後に小夜子を見た位置から推測して攻撃してきているなら、次は第一打と今回の第二打の中間点に打ち込んでくる可能性が高い。つまりそれは、小夜子のいる位置である。


 小夜子はすぐに移動を始めた。
 移動先は第二打が陳列棚に開けた穴の先、さらに先。売り場を奥と手前に二分する中央通路を越えて、店の奥側の売り場を目指す。


 もし【ホームランバッター】が場所を移動していなければ、陳列棚に空いた破壊孔から一瞬小夜子が横切る姿が見えてしまうが……これはもう仕方が無い。
 バットで打つ、という相手の能力発動条件を考慮すれば、即応は困難だ。狙われる危険性は、低い。
 それよりも。小夜子が潜んでいると【ホームランバッター】が想定するこの列に留まるよりは、店の奥側半分の売り場に移動した方が位置の特定を困難に出来て、タイムアップまでの時間をより稼げる、と小夜子は考えた。いや、「決めつけた」。
 例え間違った推察でも、そうと決めてかからねば動くことが出来ない。十分な検証をしている余裕など無い。とにかく今は素早く考え、決断し、動くことが重要……とこれもまた小夜子は「決めつける」ことにした。


 走りだし、陳列棚の破壊された部分を横切る。
 瞬間、破壊孔の向こう側に視線をやると、【ホームランバッター】の姿が確認できた。目が合った気がしたが、表情までは確認出来なかった。
 小夜子はそのまま中央通路を越えて奥側の売り場へ駆け込み、彼からの視線を完全に遮る。そしてさらにその奥、惣菜や弁当を置いてある売り場まで辿り着くと、右に方向転換して二列進んでから、列の端に設けられたカップ麺の新商品特設コーナーの陰に身を隠した。


 これで【ホームランバッター】からは「店の奥側へ向かった」こと以外は分からない。
 彼の位置から見える視界と情報では、小夜子の向かった先が奥側の右側なのか左側なのかすらも特定出来ないだろう。


(いける。この調子で時間を稼ぎ続ければ、いける!)


 上に積まれたカップ麺を崩さぬよう、ゆっくりと売り場の端にある特設台に身を寄せながら。
 小夜子は高鳴る鼓動を抑えこむように、胸に手を当てた。



「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く