あなたの未来を許さない

Syousa.

第二夜:04【御堂小夜子】

第二夜:04【御堂小夜子】


 確かに、始めは警戒されていた。それは分かる。
 だが、八百長計画には理解を示してくれていたし、田崎自身が争いを望んでいるようには、小夜子には感じられなかった。
 そもそも田崎がその気なら、彼女が交渉を持ちかけた時点で【ホームランバッター】の能力を使えば倒すことが出来たはずだ。情報交換や会話の間でも、その機会は幾らでもあった。
 あの時は警戒されている様子は無かったし、会話の内容にしても、小夜子は注意して言葉を選んでいたつもりである。
 能力が無いという、弱点を曝け出す告白までしたのだ。


(なのに、どうして?)


 何故田崎の態度が一変したのか、小夜子には理解出来なかった。


 混乱し、やや硬直しかけている彼女に対し、田崎は続けて言葉を浴びせる。


「能力も無しなのに、アンタはどうやって昨晩相手を殺したんだ!?」
「えっ?」
「うっかりして、さっきのさっきまで気付かなかったよ。アンタ、1勝してるんだものな!」
「はあ!?」


 疑問符をつけてはいたが、同時に脳内で小夜子は回答を見出していた。


 脳裏に蘇る、数十分前の光景。


『Bサイドッ!能力名【ホォォォムランバッター】ァッ!監督者【アルフレッド=マーキュリー】!』


 芝居がかった読み上げがあった際、対戦開始の紹介時に浮かび上がった双方の能力名。
 能力名【ホームランバッター】の下には「0勝0敗1分」と書かれていた。
 そして同じく浮かび上がった【スカー】の下にある文字列は、「1勝0敗0分」。


(あれだ!)


 昨晩の対戦で【グラスホッパー】は死んだ。
 小夜子からすれば、一方的に追い掛け回されていたところ、隠れていたら相手が勝手に自滅しただけの悪夢である。
 手を下したわけでは無い。殺意を抱いて来た相手が事故死したのだ。
 だから、無残な屍を晒したグラスホッパーに関して多少の同情はあるものの。彼女を倒したという実感は無いし、良心の呵責も感じていなかった。


 それ故に、他の相手から「人殺し」だと思われるなど考えもつかなかった。
 そしてそのことが、表示された対戦成績についての考慮や、それに関して交渉相手にどう取り繕うべきか……とうことに関しての対策と配慮を欠く結果となってしまったのだ。


「俺はこんな能力があっても、昨晩のビリビリ野郎から身を守るのが精一杯だった。何も武器が無いのに、あんな凄い力のある連中を殺せるはずがない!」 


 田崎はバットを小夜子の方へ向けながらしゃがみ、その辺に転がっていたフルーツの缶詰を空いている手で拾い上げた。彼の能力を考慮すれば、銃に弾を装填し、撃鉄を上げるに等しい行為である。


「言えよ、お前の能力が何かって!どうやって昨日、人を殺したのかってさ!」
「私、殺してません!」
「嘘つくんじゃねえよ!相手を殺さなきゃ勝ち星つかないだろうが!」
「あ、相手が足を滑らせて勝手に転落死したんですよ!」


 一瞬きょとん、とする田崎。
 だがすぐに険しい顔に戻り、怒鳴った。


「馬鹿かお前!もっとまともな嘘つけよ!」
「ほ、本当ですって!」


 実際小夜子が説明した通りであり他の何事でもないのだが、口にしてみると、なんとも急場の言い訳臭い。これでは田崎が信じないのも無理は無いだろう、と彼女自身が思ってしまうくらいだ。


「危なかったぜ、罠に嵌まるところだった。考えてみればおかしいよな、もう既に一人殺してる奴が、今更全員で八百長しようなんて持ちかけてくるのがさ。俺も注意が足りねえよ」
「だから違うんですって!」
「うるさい!情報交換だとか八百長だとか適当な話を持ちだして、ずっと俺を殺す隙を狙ってたんだろう?もう騙されるもんか!」
「話を聞いて!」


 何とか田崎を宥める為に、両手を上げ歩み寄ろうとする小夜子。
 だがその足は「来るな!」という田崎の怒声で止められた。


「そうやって近づこうとするってことは、お前の能力は距離が近くないと使えないんだな?昨日のビリビリ野郎もそうだった。そうはさせねえ。やらせねーぞ、このチビ!」


 喚き散らしながら、缶詰を胸の高さまで持ち上げる。
 そして、大きく息を吸い込み、


「やっぱり、殺られる前に殺るしかねーんじゃねえか!」


 と震える声で叫んだ。


(駄目だ、もう話を聞いてもらえない!)


 田崎が缶詰を上にトスした瞬間に、小夜子は自分の計画が完全に崩壊したことを理解した。
 即座に思考と反射は、回避と逃走に全てが割り振られる。
 振りかぶった田崎のバットがスイングされて缶詰に衝突するまでの間に、小夜子は自分の右手側に並ぶ調味料売り場の列へと、身を飛び込ませていた。


 彼女が幸運だったのは二つ。
 昨晩のグラスホッパー戦で追われた時の恐怖がまだ心身にこびりついており、思考が追いつく前に反射的に身体が動いていたこと。
 もう一つは、田崎がバットで【打球】を打ち分けるのに慣れていなかったことである。
 その為、田崎の打った缶詰は彼から見て右手のレジ群へ飛んでいき、小夜子は陳列棚の並ぶ左側の売り場へと転がり込んだ形となった。


 背後で、レジカウンターと袋詰の台が砕かれなぎ倒される音と衝撃。
 振動で近くの陳列棚から商品がぼとぼとと落ちる。様々な商品がたてる色々な音を聞きながら、床に伏せていた小夜子はゆっくりと顔を上げた。
 疲労したその顔には、絶望の表情が浮かんでいる。


(……完全に失敗だ)


 交渉は決裂した。これは同時に、小夜子の計画も崩れたことを意味する。
 全員に八百長の協力を取り付けねばならないのに。これからは、既に「やる気」になっている相手までも説き伏せねばならないのに。
 目論見は第一歩目で躓き、倒れたのだ。


 彼女の脳内で『特に小夜子、君にはもう無理だね』というキョウカの言葉が再生された。
 その時は、口下手で引っ込み思案で、いわゆるコミュニケーション障害である小夜子では相手を説き伏せることなど出来ない、という意図なのだとなんとなく思っていた。


(違う、そうじゃないんだ)


 小夜子には初戦で勝ち点が1つ、ついている。
 殺してはいない。いないが、他者から見れば勝ち点は勝ち点だ。


(もう、その時点で相手からは信用されないんだ。人殺しとしか思われないんだ)


 だから、小夜子にはもう無理なのだ。そういう意味でキョウカは言っていたのだろう。
 そのことに気付いた小夜子は、悔しさと腹立たしさで拳を握りしめた。


 もう駄目だ。
 考えが甘すぎた。
 きっと、このままここで死ぬんだ。


 田崎からすれば、小夜子は自分の保身の為に他者を殺めた殺人者であり、その殺人者から身を守り、そして打ち倒すことは正当防衛以外の何物でもない。そう考えるであろう。いや、考えたがっているのだろう。
 その認識が、田崎が一線を踏み越える後押しするに違いない。最早、田崎……いや、【ホームランバッター】は【スカー】を殺すことを躊躇わないはずだ。
 そして、それに立ち向かえる力は。小夜子には、無い。


(やっぱり、私では無理なんだ)


 運動でも、勉強でも。交友でも、恋愛でも。当然、生命の駆け引きでも。自分は、何をやっても駄目なのだ。
 知っている、そんなことは。分かっている、自分のことは。私は、あの子とは違うのだから。あの女神とは違うのだから。
 そう考えて全てを諦めようとしたその時。
 脳裏に見慣れた光景が蘇った。


 自分に手を差し伸べる、背の高い少女。長く美しい黒髪、整った顔立ち、優しげな目元。笑顔はきらきらと輝いている。
 他の誰でもない。小夜子の女神だ。


(そうだ)


 目を見開き、手に力を込める。


(私は明日も、あの子に会うんだ)


 上半身を更に起こし、片膝をつく。


(いや、明日も明後日も!)


 歯を食いしばって立ち上がり、誰に言うでもなく、呟いた。


「だから、今日はまだ死んでやれないわ」



「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く