あなたの未来を許さない

Syousa.

第二夜:03【御堂小夜子】

第二夜:03【御堂小夜子】


「……あの、田崎さんは、未来人に私達が戦わされている理由については、聞かされましたか」
「ああ、大学の授業だっていうんだろ?ふざけた話だ」


 そのあたりも、説明を受けているらしい。この件に関する反応も小夜子と同じようだ。もっとも、あの理由を聞かされてそう思わない当事者がいるのだろうか。いや、いるまい。


「その、私達が選ばれた理由も?」
「俺達が、くだらない人生を送って、ろくでもない死に方をするだけ。早死の役立たず。いてもいなくても変わらない存在だ、だから実験材料にする、って話か」


 早死に、ということは聞いていないが、大体内容は合っている。頷く小夜子。


「俺は20代でクスリ覚えて30代で内臓壊して死ぬ、とか言われたぞ。あんたはどうだって言われた?」


 田崎は苦々しげに言う。


「うへ、そんな、私、自分の未来の話までは聞かされてないです」


 小夜子は自分の無価値さを説かれただけで納得したが、田崎はそれに加え、自分の未来が悲惨なものであるという予告までされたらしい。


 普通の人間であれば、たとえ自分の人生が無価値で終わると知ったとしても、それが理由で無関係な他人を殺める、という踏ん切りはつかないだろう。
 そこで田崎の監督者は、やがて訪れる苦痛と破滅の回避という、分かりやすくて切実な餌をぶら下げたのかも知れない。ただ、目の前の田崎がそれに乗っているとは思えなかった。


「まあ多分、聞かされて愉快なモンじゃないだろうとは思うけどよ。でもさ、そもそも連中がそう言っているだけで、本当なのかどうか。俺達を戦わせる為に、わざとそんな理由をでっち上げたんじゃないか?」


 田崎や小夜子達の歴史上の存在価値について未来人が行っている説明に対し、田崎は懐疑的な様子だった。


「そうですね。私もそう思います」


 嘘をついた。
 小夜子自身は自分が無価値だと思っている。いや、信じている。
 それ故、自分が未来に何にも繋がらない人間で、歴史に影響しないように実験体として選ばれたのだ、というキョウカの話にも、天啓を受けたかの如く納得したのだ。
 それに。少し話しただけ、しかもアバター越しの会話ではあるが、キョウカは嘘をついていない、と小夜子は確信していた。


 確たる証拠があるわけでは無い。
 無い、が、キョウカはおそらく、小夜子に対してそんな小細工をする必要も無いのだ。そんな手の込んだ話を作り上げてやる気を起こさせても、能力【無し】の普通の人間が、漫画みたいな能力バトルを勝ち抜けるわけがないのだから。


 だが、そんな認識を他の【対戦者】に持たれては困る。
 自分の未来が無いと本気で思われては、未来人がぶら下げた「未来へのご招待による、人生の救済」とかいう褒美に飛びつこうとする輩が出てきかねない。
 ……いや。キョウカの話では既に出ているのか。


 これから先彼等の説得も行わねばならないかと思うと、小夜子は胃が締め付けられるような感覚に襲われた。
 しかし何にせよ、未来人の思惑に乗る人間をこれ以上増やすわけにはいかない。


(言葉には、気をつけないと)


 そう思いながら小夜子は、緊張で口に溜まった唾を静かに飲み込んだ。





 その後、小夜子は田崎から対戦のルールを教えてもらった。勿論、田崎が知る範囲でだが。
 要約すると、


・対戦は、現実世界を複製した空間で行われる。
・対戦者は毎晩午前2時に、現実世界から複製空間に転送される。
・能力は対戦用に用意された複製空間でのみ使用可能である。
・対戦中に死亡した対戦者はそのまま複製空間に放置され、死体は現実世界へは戻らない。
・対戦終了時に生き残っていた対戦者は現実世界へ転送される。肉体的な負傷や疲労は全て修復される。
・場外エリアへの離脱は即座に死亡。


 といった内容であった。
 わざとルール解説を運営側が行わず、限られた時間で監督者が対戦者とコミュニケーションを取り説明を行って納得させる、という方式も。未来人の【教育運用学】とかいうお勉強の観点からなのだろう。
 その点、田崎側の監督者は、及第点を超えていたようだ。


 一方で小夜子から田崎に提供できた情報は、未来で世界大戦や核戦争があったとか、キョウカ達の国はアメリカを中心として統合された国だとかそういう話ばかりで、生き延びるのに必要な情報とはとても言い難いものである。そのことに、彼女は若干の申し訳無さを感じてすらいた。
 しかし田崎にとっては新鮮な情報だったようで、小夜子がたどたどしく未来人達の歴史や背景を話す度に、興味深げに相槌を打っていた。





「……そういえばさ、御堂さんは能力ってどんなのが当たったの?」


 情報交換も終わり一時的に会話が途切れた所で、田崎がぼそりと切り出した。
 あるいは田崎からすれば、単純に会話を続けようと切り出しただけなのかもしれない。
 だが、今の小夜子にとっては最も尋ねられたくないことであった。


 「あ、あの私は、その」


 狼狽する小夜子。田崎はその様子に気付かぬのか、無視しているのか。そのまま喋り続ける。


「御堂さんは【スカー】だっけ?俺は【ホームランバッター】って名前にしちゃったんだけどさ。まあちょっと見ててよ」


 座っていたレジカウンターから降りて、小夜子とは逆の方向へ歩き出す。


 ぶぉん、と羽虫が飛ぶような音と同時に田崎の右手が赤く光り始めた。
 やがて光は筋となって彼の手元から伸び、幾重にも折り重なって棒状の姿を形成していく。


(うわ、能力系バトル漫画の武器召喚みたいで格好いい)


 などと一瞬思ってしまった小夜子だが、光が消えた後に田崎の手に握られていたのは、ありふれた普通の金属バットだった。いささか落胆する。


 「俺の【ホームランバッター】はこんな風にバットを作り出して」


 そう言いながら田崎は、近くの「お買い得品コーナー」という台から特価シールのついた焼き鳥の缶詰を一つ取り出し、軽く上に放り投げ、バットを振りかぶる。
 グラウンドで野球部が行う守備練習。そのために打者役は、トスしたボールを打つ。そんな光景は小夜子も何度か見たことがあるが、まさにそれと同じ。ノックそのものである。


   だが、バットがボール代わりの缶詰に命中した瞬間。
  缶詰は青い炎のような膜に包まれ、ごおん!という空気を叩き破るような音をたてながら、ものすごい勢いで陳列棚を貫通、なぎ倒しつつ店の奥へと飛んでいった。
  ふう、と一呼吸置いて田崎が振り返り、言葉を続ける。


 「打った物がスゲー感じで飛んでく能力なんだわ」


  缶詰が飛んでいった方向は、大きな穴。そしてその周囲では様々なものが引き裂かれ、倒れ、散らばっており、それはニュース映像で見た外国の内戦現場を髣髴とさせる有様だった。
   ホームランどころではない。砲弾が飛んで行くようなものだ。


 「ただ俺、野球部じゃなくて柔道部なんだよね。野球やってたならもっと飛ばす方向とか打ち分け出来たかもしれないけど、そんな器用な真似とても出来なくてさ」


 手に握ったバットを見つめながら眉を顰める田崎。


「おかげで昨晩は電撃使いに一方的に追いかけられてばっかりでさ。話しかけても返事もして来ないし、殺されるかと思ったよ」


 数秒の沈黙の後「マジで殺されかけたんだよ」と彼が低く呟いたのを、小夜子は聞いた。
 だがそこからすぐに田崎は笑顔を作り直し、会話を復旧させる。


「御堂さんの相手は昨日、どんな能力の奴だった?話は聞いてくれたかい?それとも」


 それとも。
 それとも?
 その先を田崎は続けなかった。
 忘れ物でも思い出したかのような、何かに気づいたような、そんな、ハッとした表情を一瞬見せた後、口をつぐんでしまったからだ。


(私、何かまずいこと言ったかしら!?)


 何が田崎にそんな表情をさせたのだろうか。小夜子には分からない。
 ただ、田崎の様子があの一瞬を境に変わったのだけは分かった。
 小夜子を見る目つきが、先程までとは別物になっている。


 すっ、と田崎は息を吸い込んでしばらく溜めた後にゆっくり吐き出し、


「で、【スカー】はどんな能力なの?」


 と尋ねてきた。
 やはり田崎は、小夜子の能力を知りたがっているのだ。


(田崎さんにばかり話させて、私が自分の能力を説明しないことで、不信感を抱かせたのかも)


 協力しようというのだ。お互いに手の内を明かしておくのは、別段おかしい流れではない。
 小夜子とて説得には相手の信頼を得なければならないのだから、これは互いに必要な譲歩と言えよう。問題は無い。無いはずであった。


 そう、小夜子に特殊能力が割り当てられていれば、相手の信頼を得るために躊躇なく話していただろう。
 だが、彼女には何も無いのだ。
 相手を攻撃する力も、自らを守る力も何も無い。としか説明出来ない。


 もし、話したら。
 確実に勝利が拾える相手を前に、田崎は考えないだろうか。
 出来るかどうか分からない、全員の説得より、目の前の確実な一勝を、と。
 不確定な可能性よりも、少しでも生存率を上げておく方がいいのではないか、と。
 または、無防備な相手を一方的に蹂躙する欲求に駆られるかもしれない。


 ならば、能力が無いことは隠しておくべきだろうか?


(いや、駄目だ)


 小夜子は拳を握りしめた。汗ばんでいるのか、ねっとりとした感触がある。


(ここで彼を信用出来なければ、彼一人の信頼を得ることすら出来なければ、これから先の全員の説得なんてとても出来ないのよ)


 田崎の顔を見る。その顔に笑みは無かった。
 返答を躊躇う小夜子の様子を、訝しがる顔だ。


(これは、賭け。今回だけじゃなく、これからずっと賭け続けなければならない、博打なんだわ。その一回目で足踏みしては、生き残れない)


 覚悟を決めて、口を開く。緊張で舌が上手く回らない……それでも。


「わ、私の能力は何も割り当てられなかったんです。だからハズレで、スカで。そ、その、駄洒落で【スカー】になったんです」


 正直に話した。
 自分は無力である。無防備である、と。


(変に小細工したってボロが出るだけよ)


 自らの口下手とコミュニケーション能力の低さを、小夜子は自覚している。
 だから、正直に話す。
 後は相手の人間性に賭けるしかない。
 小夜子は、田崎の顔から視線を逸らした。豹変した彼がすぐにでも襲い掛かってくるのではないか。あの能力を使って打球を打ち込んでくるのではないか、と怯えたからだ。


 だが、田崎は襲ってこなかった。
 数秒おいて、視線を田崎の顔へ戻す小夜子。
 田崎の顔には、笑みが浮かんでいた。


 襲っては来ない。
 微笑んでいる。
 どうやら賭けには勝ったようだ、と安堵の溜息をつく小夜子。


 ……だが。


「嘘を、つくなよ」


 目を見開いてもう一度、田崎の顔を見る。


 そう、小夜子は、勘違いしていたのだ。
 田崎は、微笑んでいるわけではない。


「嘘つくなよ!」


 震える声で、田崎が怒鳴った。


(ああ、違うんだ、これは……)


 そこで、小夜子はやっと理解した。


 これは、笑みではない。
 顔を、引きつらせていただけだ。


 小夜子はずっと、自分が攻撃される事に怯えていた。勿論、自身が無力なのを知っているからだ。
 そのため、相手が自分を恐れる、などという考えには及びもつかなかった。
 だが、今はっきりと。小夜子は理解出来たのである。


 田崎修司は、御堂小夜子に怯えているのだ。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く