あなたの未来を許さない

Syousa.

第二夜:02【御堂小夜子】

第二夜:02【御堂小夜子】


 返事が返って来た!


 暗闇の中で光明が差した思いである。
 再び息を吸い込み、声のした方へ顔を向け大声を上げる小夜子。


「わ、私も攻撃しません!少し、少しだけ!話をさせて下さい!」
「ああ、分かった!」


 今度の返答は早かった。


 小夜子はすぐに本題に入る。双方の緊張をほぐすような器用なコミュニケーション能力は小夜子にはまるで無かったし、何より時間をかけることで相手の気が変わるのが恐ろしかったのだ。


「その、この対戦には引き分けによるペナルティは無いんですよ!このまま制限時間いっぱいまで何もしなければ、どちらも死ぬ必要はないんです!私は、これから対戦する皆さんに協力してもらって、みんなでずっと引き分け試合を続けてもらうようにしたいと考えています!そうすれば多分、未来の連中だって試験を中止して帰ると思うんです」


 一気にまくし立て、最後に「あの……どう思います?」と、付け加えた。


 少しの沈黙。
 先程と同じ方向から、声。


「いいんじゃないか!?」


(同意してくれた!?)


「俺だって、殺し合いなんて嫌だ!昨日の夜なんか電撃ビリビリみたいな奴に追いかけられて、死ぬかと思ったんだよ!だから!」


 ……だから?
 言葉の先を待ち、唾を飲み込む小夜子。


「俺もその話、乗るよ!」





 恐る恐る立ち上がり、生鮮食料品売り場からレジの方へ、ゆっくりと歩き出す。
「情報交換をしよう」と持ちかけてきたのは、【ホームランバッター】こと田崎修司の方からだった。
 その際に顔合わせを求められ、小夜子は少し躊躇ったが、ここで相手を信用出来ない様であれば、今後対戦を組まれる相手全員を説得するなど到底おぼつかないし、何より小夜子が不信感を見せることで相手から警戒され、今回の提案自体を蹴られてしまっては、元も子も無い。


(そもそも戦ったら、勝ち目なんかゼロなんだから)


 そう考えて、相手の良心に賭ける事にしたのだ。


 このスーパーはよくある大型スーパーの例に漏れず、店内の窓ガラス側に並んだレジ群、サービスカウンター及び特設台といったカウンター群に対し各売り場が縦に並んだ構図になっている。
 カウンター群のすぐ前は各売り場との通路スペースが店内のほぼ端から端まで伸び。そして、その売場の中央を分断するように中央通路が横切って、売り場の列を店の奥側と手前側、という手合で分けていた。
 もう少し詳しく説明すると、店の奥側に10列、手前側に10列、背の高い陳列棚を備えた各売り場が並んでいることになる。
 カウンター群は、手前側のさらに手前だ。レジ側以外の外周は冷蔵ショーケースが配置され野菜や肉、惣菜等を展示していた。


 小夜子は陳列棚沿いに歩き、そろり、と通路まで出た。そして恐る恐る頭を出して、周囲を見回す。


(いた!)


 生鮮食料品売り場の列から数列先の菓子売り場前に、男は立っていた。


 学ラン姿の、背の高い男子。広い肩幅、制服の上からでもわかる、がっしりとした筋肉質な身体。髪は坊主頭に近いくらい、短く刈りこんであった。
 そしてその右手には、金属バット。
 ああ、本当にホームランバッターそのままなのだな、と小夜子は思った。


 相手の姿を確認した所で、双方が動きを止める。
 小夜子は武器を携えた体格の良い相手にやや気後れしたものの、一方で【ホームランバッター】は小柄な少女に脅威を感じなかったのだろう。警戒をやや解いた様子である。
 やがて【ホームランバッター】は自分が持っている金属バットが相手を威圧しているのだと気付き。足元にバットをゆっくりと置くと、横へ軽く蹴飛ばした。
 バットが何かの陳列棚に当って、がらん、と音を立てたところで、小夜子も彼の意図を理解する。自身は徒手空拳のため、両手をゆっくりと上げ、無理矢理に笑顔を作った。
 攻撃しない、という意思表示だ。


「さっきも名乗ったが、俺は田崎修司。高2だ」


 先に口を開いたのは【ホームランバッター】である。


「わ、私は御堂小夜子」


 緊張と恐怖で口が言葉をうまく紡ぎ出せないが、小夜子もなんとか返す。


「こ、高校2年生です、よろしく、お願いします」


 少しの沈黙。
 次に口を開いたのは、彼の方だった。


「タメ年だな、俺達」





「ほらよ」


 と、田崎修司が投げて寄越してきたのはパックのオレンジジュースだった。彼自身はスポーツドリンクの500ミリペットボトルを左手に持っている。どちらも、飲料売り場から持ち出してきた物だ。
 掴み損ねたパックを床から拾い上げながら、小夜子は「ありがとう」と返す。
 好意に応えてジュースを飲もうとしたが、パックについているストローを押し出そうとしたところで手が止まってしまう。店の商品を勝手に飲んでいいものか、躊躇したのだ。
 そんな小夜子の様子から、何を案じているか察したのだろう。


「アルフレッド……、ああ、俺の監督者とかいう未来人が言うには、ここはこの対戦の為だけに空間をコピーして作ったらしいんだ。だから多分、それを飲んでも万引きにはならない、と思う」


 と田崎は話した。
 無骨な外見と違い、彼の察しが意外に良いことに少し驚きつつ、小夜子は頷いてストローを取り出し、パックに突き刺して口をつけた。


「あの、すいません」


 ジュースを半分ほど飲んだ所で、小夜子がおずおずと手を挙げる。


「何だい?」


 田崎はレジカウンターに腰掛けてスポーツドリンクを飲んでいた。


「私の方の未来人、その、なんていうかちょっと性格的に問題があるみたいで、ルールとかそういうことは全然教えてくれなかったんです」
「例えば?」
「その、例えば今日なんか、『領域は店内』とか始めに言われましたけど、あれってもし店の外に逃げ出したらどうなるんです?やっぱり即座にゲームオーバーですか?」


 小夜子の質問内容に若干驚いたような表情を見せたものの、すぐに田崎は親切にも教え始める。


「……店の外に出なかったのは正解だな。場外エリアへの離脱は即、負け扱いになるんだ。出た途端に、即座に死ぬ仕組みになっているらしい。分解?されるとかアルフレッドの奴が言ってたけど、よく分かんねえ。つーか、そういう大事な話は初日に説明してくれなかったのか?」


 そう言われて、初日のキョウカの様子を思い返す小夜子であったが。思い出されるのは口汚く罵りながら当たり散らしている妖精の姿だけ、だった。


「アルフレッドは『初日でも1時間しか時間が無いから要点だけ話しておく、信じる信じないは後で考えればいい、まずは初日を何とかして生き延びろ』つって、その辺の説明はしてくれたんだよ。ただ、未来から来たっていう話を聞かされたのは今日になってからだけどな」
「え?1時間?わ、こっちの未来人は『5分しかない』って言ってましたけど。じ、実際5分しか時間がなかったし……」
「ん?そうなのか?ひょっとしたら人によって持ち時間が違うのか?」


 首を傾げる田崎。


「わ、分からない、です。ただ今日は、初日と違って1時間くらいは話す時間がありました」
「それは俺も同じだな。基本的に監督者と俺達が面談出来る時間は一日あたり1時間に制限されている、ってアルフレッドから聞いてるし。でもさぁ、なら、今日のその1時間でそういったルール事くらい説明してくれても良さそうな物なのになぁ。なんだか、あんたのトコの未来人はやる気ないみたいだな?」


 へっ、と鼻で笑う田崎。


「ああ、それは……」


 と言いかけた小夜子だったが、そこで口ごもった。


「私の能力が『何も無し』だったので、あの未来人はヤケを起こしたんだと思うんですよ、あはははは」


 と話していいものだろうか?


 能力が無いと分かった時点で、確実な1勝、1日の生存をとる為に。そして最終的に生き残る為に。小夜子を倒す方向へと思考を変える危険性があるのではないか?
 急にその点に気づき、慌てて言い換える。


「アイツ、その、性格悪いんで、わ、私、言い合いになっちゃって。昨日も、今日も。それでヘソ曲げたんだと思います」


 嘘は付いていない。本当のことだ。だが、咄嗟に言い換えたため歯切れが悪い。
 不自然さを取り繕うように作り笑いをしながら、小夜子は田崎の方を見た。


 数秒の沈黙。


「そっか」と答え、田崎はペットボトルに再び口をつけ、残りのスポーツドリンクを飲み干した。
 数秒の間に、彼が何を考えたのか。何も思わなかったのか。


 小夜子には、分からない。



「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く