あなたの未来を許さない

Syousa.

第二日:07【御堂小夜子】

第二日:07【御堂小夜子】


 頭が痛い。吐き気がする。


 長々とキョウカの理屈を聞いていた小夜子だったが、頭を押さえつけられ揺すられるような嫌悪感に襲われていた。


 だめだ。


 本当に、だめだ。
 文化が違うとか、価値観が違う話ではない。
 これは、圧倒的な強者と弱者、支配者と被支配者。研究者と実験動物。その関係からくる選別と、ささやかな報酬に過ぎないのだ。


 要は、実験動物の内、成績のいい一匹だけを指さして、


「他は全部処分するがお前は殺さないでおいてやる。ありがたく思え」


 それだけのこと。
 それだけのことを、同じ人間に対してやるというのだ。
 そして、それだけのことをやってのける、圧倒的な力と立場の差があるという証拠なのだ。
 小夜子は強烈な不快感のあまり、身体を掻きむしりたい欲求にかられた。





『まあ、ただ、君は能力がよりにもよって大外れだったからなぁ』


 キョウカが頭を掻きながらぼやく。


『流石に勝ち抜くのは、無理なんだよね……』


 溜息。


「人の死刑宣告を、その程度で片付けないで欲しいんだけど」
『でも、【グラスホッパー】みたいな能力を持った連中と毎晩戦うんだぞ?どうやって勝つつもりなのさ?あんなラッキーパンチは二度も起きないよ?優秀な僕も、流石にアドバイスのしようがなくて困ってるんだ』
「別に、戦う必要なんかないし」


 小夜子の言葉に対し、首をかしげるキョウカ。漫画なら、頭上には「?マーク」が浮かびそうな仕草である。いや、実際にキョウカの頭上には「?マーク」が浮かんでいた。


(そう言えば、この姿はアバターだとか言ってたっけ……)


 キョウカの妖精の姿が何らかの未来の技術で投影された映像に過ぎないとすれば、ハンガーを投げつけた時に身体を素通りしたのも道理である。何かの機械で投影しているのか。それとも知らぬ内に、小夜子の脳に細工でもしたのだろうか。


(脳に細工?)


 想像した途端に頭が痛むような錯覚に襲われたが、そんな小夜子の苦痛など知らないキョウカは「オゥ」と感嘆の声を上げて指をパチン、と鳴らした。


『そうかなるほど!生き延びる日数が長くなるだけでも僕の成績に加点されるからね!君は出来るだけ隠れたり逃げたりして引き分けに持ち込んで、生き延びる日数を稼ぐのか!考えたね!偉いよサヨコ!ありがとう!』


 何故無条件に、小夜子がキョウカの成績のために尽くすという前提で話を進めているのか理解に苦しむが、その辺はとりあえず無視しておくことにした。
 いちいち言い返していては、それこそ話が進まない。


 溜息をついてから、口を開く。


「そうじゃないわ。私は、これから対戦する相手全員と話をして、引き分けで終わらせるように協力していくの。誰だって好き好んで人殺しなんかするわけないじゃない。しかもアンタ達の都合で無理やり戦わされているわけだし。相手がどんな人かは分からないけど、落ち着いて話せば絶対にわかってくれると思うの。全員で八百長すれば、誰も死なないで済むんだから」


 小夜子の発言を聞いたキョウカの反応は、冷ややかなものだった。


『んー、無理なんじゃないかなあ』
「まさか、引き分けは両方共死ぬってわけ?昨晩のアナウンスみたいな声は引き分け数まで言っていたけど」
『いや、時間切れで引き分けは、特にペナルティは無い。昨晩の対戦結果表を見たら、かなりの割合で引き分けに終わっている対戦があったしね。まあ初陣で萎縮していた子もいるだろうし、君の言うように双方話し合って無気力対戦に持ち込んだケースもあったかもしれない』
「やっぱりそうでしょ。普通そうなのよ。アンタ達としては目論見が外れるでしょうけどね」


 希望が感じられてきたのか、小夜子の声に力が入り始める。


『まあそれはそれとして構わないんだ。テレビ局としてはそういうのもドラマ性として許容するだろうし、僕ら大学側としても、これは試験でもあり実験でもある。そういった君達の反応や対応は、人間を指導、誘導する際の事例や教材として活用できるわけだからね』
「で、結局私達がみんな話し合いで八百長しちゃったらさ、そうそう人殺しなんかさせられないんだー、っていうことを理解して未来に帰ることになるんじゃない?」
『そうはならない』
「何でよ」
『君は昨晩【グラスホッパー】に殺されかけたのを覚えていないのかい?』
「あれは、その……話し合いが足りなかったのよ!いきなりだったし!説得しようにもあんたが何も説明しなかったから、何もわからなかったの!む、向こうだってきっと混乱していたのよ!」


 思い返してみれば、【グラスホッパー】も、冷静な様子ではなかった気がする。当然ではあるが。


『昨晩与えられた、たったの5分間で、ただの女子高生だった【グラスホッパー】をその気にさせたテイラー……うん、そう。監督者の名前だよ。僕と同じ授業を受けているメンバーだ……彼の説得術は大したものだな、試験が終わったら話を聞いてみたいものだ』
「とにかく昨晩はいきなり過ぎたの!ちゃんと話せば何とかなるわ!」


 キョウカへ向け声を荒げる小夜子。
 その顔へ向け、キョウカはすっ、と両手を突き出した。
 左手は指を全部広げた平手。右手は親指だけを畳んだ平手だ。


『9人』
「えっ?」
『全被験体50人中、昨日、対戦相手に【勝った】奴は9人いる。君を含めてだけどね。これがどういうことか解るかい、サヨコ』
「それは……」
『やる気になって相手を倒した奴が、8人はいるってことさ』
「う……」
『説得するのはいいさ。八百長に持ち込むのもいいだろう。そりゃあ、全員が無気力対戦をするようであれば、君も死なずに済むかもしれない。対戦ではね』


 だが、と一言おき、キョウカは先程突き出した手の指を見ながら、さらに続けた。


『8人は、もう話に乗っているんだ。これを説得するのは困難だと思うよ』
「そ、それでも馬鹿みたいな殺し合いを続けるよりマシだと思うかもしれないじゃない?」
『初めの晩に皆がその考えに至って説得していたら、そう出来たかもね。でもそんなことは不可能だったし、そしてもう、これからも不可能だ。特にサヨコ、君にはもう無理だね』
「何でよ!」
『解らないかい?何故かって、そりゃあ』


 キョウカがそこまで口にした所で、


 ぴぴぴぴぴぴ!


 と電子音が鳴り響いた。
 一瞬、自分の携帯電話でも鳴ったのかと思った小夜子だったが、すぐに自分の設定した着信音ではないことに気付く。


『ああもう!時間になっちゃったじゃないか!一日1時間しか面談時間は無いのに!君がロクでもない質問ばかりするからだぞ!この馬鹿!』


 妖精姿で、地団駄を踏んでいる。
 どうやら、キョウカが何かしらのタイマーを設定していたようだ。


『いいかい、時間がないから手短に言うよ。今夜午前2時から2回戦が行われる。君はとにかく逃げるか隠れるかして、制限時間終了まで凌ぐんだ!運が良かったらまた』


 正確には【ま】のあたりで、キョウカの姿は光の粒子を撒き散らし、消えた。
 同時にぴぴぴ、という電子音も途切れ、部屋の中は瞬時に静寂に包まれた。





 部屋の中を動くものは何も無い。
 先程まで、あの非現実的な羽虫が地団駄を踏んでいた床を見つめるが、やはり何も無い。


 静かだ。


 エンジンの音が聞こえて、遠ざかる。
 近くの道路を路線バスが通ったのだろう。
 また、静かになった。


 数十秒ほど呆気にとられていた小夜子だったが、ゆっくりと立ち上がると、のそのそと先程嘔吐したゴミ箱まで近づき、持ち抱え、トイレへと向かった。


「……片付けなきゃ」


 臭気に眉をしかめながらトイレへ嘔吐物を捨てる。
 洗面所で水を入れてすすぎ、またトイレへ捨てる。これを2回程繰り返し、ゴミ箱を部屋に戻した。


 一人になった途端、やはり先程までのことは自分の妄想なり精神的な問題なりが引き起こした幻覚ではないか、という当初の不安が蘇ってくる。
 やがて、現実的な感覚に引き戻された小夜子の認識でそれは確信となり、やはり父親が出張から帰ってきたら、頼んで何処かのメンタルクリニックに通院させてもらうか相談するべきなのか、という問題が彼女の思考の大半を占めるようになった。


 そのままぼんやりと夜まで時間を潰す。
 ネットを巡回しても、全く頭に入ってこないが、とにかく指と目を動かして気を紛らわせた。
 いつもやっている、恵梨香とのSNSでのやり取りもする気が起きなかった。


 夕飯にはあさがおマートで買った弁当を食べ、風呂に入り、早めに就寝することに。
 時計は21時過ぎ。やや早いが、構わず寝てしまう事にする。


 起きるのは朝の6時30分。アラームはセットした。
 目が覚めたら恵梨香と学校に行こう。
 学校から帰ったら、明日も早めに寝よう。
 父が出張から帰るのは3日後だか4日後だっただろうか?
 それまでに相談するべきかどうか決めよう。
 まぁ、ひょっとしたら、明日からはこんな幻覚はもう出てこないかもしれない。


(うん、きっとそう)


 だからとにかく、早く休んで心身を落ち着けよう。


 そう、だから……


 と、考えながら。
 小夜子は眠りに落ちていった。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く