あなたの未来を許さない

Syousa.

第二日:06【御堂小夜子】

第二日:06【御堂小夜子】


「未来に繋がっていない?それってどういうこと?」
『言葉通りさ』
「私が子供を作らないとかそういう意味?確かに私は結婚も何もする気はないけど」


 一瞬、恵梨香の顔が脳裏によぎったが、頭を軽く振って、そのイメージをかき消す。


『考え方が単純だね。歴史っていうのは血の繋がりだけじゃない。それだけじゃあ、ないんだよ』


 上手く話を誘導できた、とばかりに浮ついている心情が、キョウカの表情からは見て取れた。


『歴史の結果から見て、君が言う通り、御堂小夜子君、君は生涯独身で子供を残さずに死ぬ。御堂の遺伝子は君で途絶えるわけだね。残念!お気の毒様!』


 残念でも、何でも無い。それはずっと、ずっと小夜子自身が予想し、覚悟し続けていた未来だ。


『だが、それだけでは【未来に繋がっていない】とは言わない。君が死ぬまでの間、君が成すことで他者の人生に影響を与える可能性は、何も無い。君が話すことでも、君が書いたものでも、君が作ったものでも。それが誰かの参考になることも、誰かの助けになることも、誰かのインスピレーションになることも、無い』


 そう、と呟きながら小夜子は無表情に話を聞く。
 キョウカは、したり顔で続けた。


『つまり、君は歴史上において何の存在意味も無い、良くも悪くも【脇役】ですらない存在なんだ。君は何者にもなれなかったし、何にも繋がらなかった。これが未来の僕達が精査した結論だよ』





 未来から来たとか。
 第五次まで世界大戦があったとか。
 アメリカの国名が変わったとか。
 SFみたいな階級社会になっていそうだとか。
 未来の大学がどうだとか。
 テレビ番組がどう、とか。
 そんなことより。
 そんなことよりも遥かに。


『君は何者にもなれなかったし、何にも繋がらなかった』


 この一言が。
 小夜子が自分の心を縛り続けていた鎖に証明書を付ける、この言葉が。
 何よりも、どんな説得よりも。
 小夜子に、キョウカの話を信じさせる力を帯びていた。





『……話、聴いてる?』


 というキョウカの声でハッとする小夜子。


「ちょっと、ぼうっとしてた」


 合点が行き過ぎて、軽く茫然自失していたらしい。


 本やテレビで見かける「人生を変えた一言」というフレーズを、小夜子は今までずっと馬鹿にしてきた。だが、あるいはそれは、このように心、いやもっと精神の根深い箇所に平手打ちを受けるような、そんな一言を指すのかも知れない、と思った。


『ひどいな、人が一生懸命説明してるのに』
「ゴメン」


 キョウカは放った言葉が小夜子に与えた衝撃が、自らの意図せざるものであったことに気付いていない様子だった。
 気付いたとしても、何が小夜子の心を掴んだかについては理解できないだろう。
 それは、小夜子だけが理解できる、暗く湿った哲学なのだから。


「いいから続けてよ」





『さっきも言ったけどさ。まず、理解して欲しいんだけど』
「何について?」
『僕達は君に救いの手を差し伸べに来た存在、という事実さ』
「は!?」


 反射的に声を出す。
 勝手に押しかけて、理不尽に殺しあわせて。一体どこをどう考えれば、そんな認識が出来るというのか。
 そんな小夜子の態度に少し鼻白んだ様なキョウカだったが、おほん、と咳払いをして話を続けた。


『今回の僕達の試験に参加してもらう君達対戦者は全員、先程言ったように未来に繋がらない、いてもいなくても今後の歴史には何も影響はない人間だ。存在自体、いや、生きている意味すら無い、と言っていい』


 いや、その理屈はおかしい、と否定しようとした小夜子だったが、彼女自身が自分の存在に全く価値を見出していないのである。すぐにそのことに思い当たり、口をつぐんだ。


(少なくとも、私に関してはその通りだ)


 小夜子の自己否定は、そのままキョウカの理屈への肯定に繋がってしまっている。


『だから僕達は、試験のトップに協力した対戦者には、【未来】と【生きる価値】の可能性を与えることにした。これは大変な慈善活動だよ?』


「……それってアンタ達的に、過去の改竄になるんじゃないの?」
『君達は今後、僕達の現代……まあ、現代だとややこしいから27世紀と呼んでおこうか。そこに至るまでの時間で、生物としての血脈は勿論、関与した事柄が僕達の現代まで何も繋がっていないことが、歴史上の事実として明らかになっている。これは学校の天体量子コンピュータで手間をかけて検証し計算したものだから、間違いない。今更君達を、歴史上意味があった存在に仕立てあげる、なんてのは歴史の改竄だ。それは時間犯罪だし、そもそも僕達程度の力では、歴史の復元力を上回る関与は出来ないだろう』


 歴史の復元力、という耳慣れない言葉に対して首をかしげる小夜子。キョウカは小夜子の疑問に気付いていないのか無視しているのか、そのまま話を続ける。
 キョウカの常識と小夜子の常識は一致しない。だからどこで疑問を抱かれるか、ということにも気付きにくいのだろう。


『だが、君達が27世紀以降の未来に繋がるかどうかは僕達の時代では何も確定していない。当然だね。僕達27世紀人にだって、それは未来なんだから』


 未来人にも、自身の未来は分からない、ということなのか。


『君達は、21世紀から27世紀までの歴史上、何も存在価値は無い。それは確実だ。歴史の復元力もあるから変えることも出来ない。だが、27世紀以降、僕達の未来においては、君達にも生きる意味と価値があるかもしれないんだ!これはどういう意味か解るかい?サヨコ』


 続けざまにまくし立てられて、少々理解が追いつかない小夜子だったが、少し頭の中で整理して考えた後、口を開いた。


「……27世紀に私達が行けばいい、ということ?」
『ゴメイトゥ!その通り!だから君達の中で生き残った一人を、一人だけを、僕達の27世紀まで連れていってあげる!勝者は、そこから改めて、確定していない未来へと挑む権利が与えられるんだよ!君達にとってもこれは悪い取引じゃない。いやむしろ、差し伸べられた救いの手以外の何物でもないはずだ』


 えへん、と咳払いをするキョウカ。


「未来に行きたくない、と言ったらこの時代に残れるの?」
『それはノーだよサヨコ。君達の勝者を1名、27世紀に連れて行くことは各方面にも申請済みだ。今更変更はきかない。それに言い方は悪いが口封じも兼ねてる。もっとも、未来人がやってきた!なんて話なんか、この時代の人間は誰も信じないだろうがね。僕らの時代ならともかく』
「勝ち残った人を未来に連れて行ったとして、そこから先の未来に影響するかもしれないんじゃないの」
『ひょっとしたらそうかもしれないね。連れて行った子が僕らの時代では大化けして政治家や企業家、あるいは僕らの時代よりも頑健な肉体を活かして、スポーツ選手になれるかもしれない。少なくともメディアは放っておかないだろうね。芸能人にもなれるかもしれないよ』


 小夜子はそんなことには何の興味もない。
 ないが、あるいは芸能人とかメディアとかいう言葉に惹かれる対戦者もいるのだろうか、と気にはなった。


「じゃあ、過去の人間を連れて行くのは【27世紀からの未来】にとってはあまりよろしくないんじゃない?歴史改竄的な意味で」
『時間を移動する術を手に入れるまで、人類は未来に対し責任を負ってきたそうだがね。けど、タイムマシンが出来た以降の人類は、過去に対して責任を持つようになったんだよ。だから、僕達の時代では、過去を変えさえしなければ僕達は何をやってもいいんだ。まあ、君達の時代では理解し難い考え方だとは思うけどね。未来人は、過去にのみ責任を負うのさ』


 小夜子の目前にいる妖精の姿をした彼女は、したり顔で語った。
 きっと何処かにいる本人も、同じような表情をしているに違いない。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く