あなたの未来を許さない

Syousa.

第二日:02【御堂小夜子】

第二日:02【御堂小夜子】


 そうこうしているうちに時間は経ち、他の生徒達と通学路が重なるあたりまで二人は進んできた。


 小夜子は恵梨香の腕に絡めていた自分の腕をほどき、密着させていた身体を離す。
 そして歩くペースを緩め、恵梨香の後方に位置を変えようとした。
 恵梨香は「別にいいのに」という顔でいつも首をかしげるが、小夜子にとっては、そうはいかない。
 15メートルほど遅れて距離を確保し、たまたま方角が一緒という体で恵梨香に付いて行く。


 しばらくすると。


「長野、おはよ」
「おはよう、恵梨香さん」
「エリチン、オッス」


 と、女生徒達の集団が現れた。同学年の女子達だ。恵梨香と同じクラスの生徒もいれば、違うクラスの生徒もいる。
 彼女達は、小夜子を一瞥もしない。


「おはよう」


 微笑んで、彼女達に挨拶を返す恵梨香。
 小夜子はそれを見て、病気だらけの萎れた雑草の中に一輪咲く、穢れのない白百合の花を連想した。


 美しい。貴女はただ、本当に美しい。
 他の有象無象とは違う。格が違う。別の生き物。
 そしてその美しさは外側だけじゃない、内側も清く正しく優しく麗しいことも、自分は良く知っている。誰よりも知っている。
 貴女は、今日も至高。


 ねっとりとした視線で恵梨香を見つめつつ、そう考えながら、小夜子は一団から距離を置いて歩き続けた。


 また数分の後、さらに女生徒達が加わる。
 そのまた数分後には、集団は倍に膨れ上がった。
 集団の、中央にいるのは恵梨香である。


 恵梨香は、人気がある。
 一言で片付けてしまえばそれで終わってしまうが、とにかく人気があるのだ。
 同学年からも、上級生からも、下級生からも。女子からも、男子からも、教師達からも、だ。


 成績は学年トップクラスだ。貼りだされる順位表では、いつも5番以内には彼女の名前があった。「うまく出来なかった」と話していた時ですら、彼女が90点以下を取った所を小夜子は見た事がない。
 どの教科も「良くて」平均点の小夜子とは大違いである。


 運動もできる。彼女自身は部活には所属していないが、中学生の時は、部員の足りないバレー部の助っ人を頼まれ、何度か試合に出ていた。小夜子も全て観に行った。本職の部員達に劣らぬ恵梨香の働きを、小夜子は鮮明に覚えている。
 中学三年生のマラソン大会でも陸上部のエースに次いで二位をとり、体育教師から「何で部活をしなかったんだ」と嘆かれていた。
 ちなみに小夜子はビリから3番目である。


 恵梨香は生徒会にも所属している。二年生なので長はつかないが、書記として書記長や会計長、生徒会長達の手助けをしている、と聞く。生徒会内だけでなく他の生徒や教員からの評価も極めて高く、次期生徒会選挙に出れば会長として当選確実との下馬評だ。
 小夜子はクジ引きで決まった、名ばかりの図書委員をやった事しかない。


 中学生の頃、モデルをやったことまである。母親の友達に強く頼まれて断りきれず、ティーンズファッション誌のモデルをやったのだ。恵梨香は小夜子以外にはそのことは言わず、勿論小夜子も誰にも言わなかったが、その号が出るやいなやクラスで話題になり、すぐに他の学年にまで名前と顔が大きく知られてしまった。
 恵梨香は恥ずかしがって数回で辞めてしまったが、小夜子は彼女が載っている号を各6冊持っている。実用と観賞用と保存用と保険用と秘蔵用と家宝用。表紙を飾った回は、特別に切り取って額に入れてある。
 いくつかの芸能事務所からスカウトがあったが、恵梨香は全てを断っていた。


 内面も美しい。
 小夜子は、恵梨香が誰かの悪口を言っているのを聞いたことが無い。
 電車では自然な所作で年寄りや妊婦に席を譲るし、迷子がいれば放っておけない質だ。
 後輩からは頼られ、先輩からは可愛がられる。勿論同輩からも一目置かれる人物。
 物腰は柔らかく、穏やか。それでいて、良くない事は良くないとはっきり言う強さもある。
 清く、正しく、美しく。
 それは彼女のために時代を先取りして生まれたフレーズなのだ、と小夜子は思っていた。


 スクールカースト最底辺の小夜子が級友達の中傷や侮蔑から守られているのは、恵梨香がそう言わせぬようにしているからだ。少なくとも恵梨香の把握している範囲の中では、小夜子は小学校時代からずっと守られていた。
 あくまで恵梨香の把握している範囲内では、だが。


 将来に夢も持っている。歴史研究の道に進んで、詳しく知らない人でも興味を持てるような本を書きたいのだという。
 どの時代をテーマにしたいのかと、以前小夜子が尋ねたことがある。


「19世紀から20世紀初頭のヨーロッパをテーマにしたいけど、他の時代も面白いものはたくさんあるので迷っちゃう」


 と、恵梨香は答えていた。
 正直な所小夜子にはあまり、というかさっぱりわからないが、目を輝かせて夢を語る恵梨香がひたすらに美しかったのは、記憶に焼き付いている。
 ただ、本格的な歴史研究の道に進むためにはかなり有名な国公立大学や大学院に進む必要があるので、まずはその学校に入れるように勉強する必要がある、とも話していた。
 それならばどんな大学に行きたいのか、と尋ねられて恵梨香が例を挙げたのは、超がつくような難関校。
 だが彼女の頭と努力なら問題無いだろう、と小夜子は思う。


 ……そして、彼氏もいる。
 生徒会の会計長で吹田という先輩だ。
 この事実は小夜子をいつも暗澹とした気分にさせるが、「私の」恵梨香ほどの人物なら彼氏くらいいても当然だ、と思っているので、その度に自分の心を言い聞かせている。
 それに、小夜子はどう足掻いても恵梨香の彼氏にはなれないのだから。


 恵梨香は小夜子にとって親友であり、姉妹であり、憧れであり、恋慕の対象であり、女神であった。彼女は様々な物を備えていて、それにふさわしい人格もあり、希望もある。未来のある人物だ。


 一方で、小夜子には何も無かった。少なくとも彼女は、自分には何も無いと思っている。
 勉強もダメ。運動も苦手。努力も出来ない。やりたいことも無い。将来何が出来るとも思えない。


 そして、小夜子の手は、小夜子の想いは。
 恵梨香へは絶対に届かない。届けてもいけない。絶対に。絶対に、だ。
 彼女は小夜子の思いを拒絶したりはしないだろう。
 拒絶はしないが、受け入れることも出来ない。
 それは恵梨香を、あの優しい恵梨香を必ず悩ませるから。
 彼女を、苦しめるから。


(本当は、私なんかが横にいていい子じゃない)


 と小夜子は思っている。思い込んでいる。が、離れられない。物心ついた時からの幼馴染という立場を最大限に利用して、恵梨香の脇に留まっている。


 だが、それも長くは続かないだろう。
 小夜子の頭では、一緒の大学は絶対に無理だ。
 恵梨香の進学先の近くで就職する?ツテもない遠方で?そんなことは、非現実的である。


 そうすると、あと1年半しか一緒にいることは出来ないし、「自分のような者は恵梨香のそばにいるべきでは、ない」。小夜子はそう認識していた。


 その先のことなど、考えたくない。


 どうせ自分は、何者にもなれないし、何も出来ない。
 小夜子はずっと、そう思っている。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く