あなたの未来を許さない

Syousa.

第一夜:06【ライトブレイド】

第一夜:06【ライトブレイド】


 郊外型ショッピングモールの駐車場。
 駐められた車が、陽の光を反射して輝いている。
 軽自動車、コンパクトカー、セダン、ミニバン。様々な車種。
 週末の買い物で賑わっているのだろうか。駐車エリアは車で一杯になっていた。


 だが、そのどれもが動くことはない。ドアが開く車は1台もない。
 本来いるべき運転手も同乗者も。ここには誰一人、いないのだから。


 ぱんぱかぱぱぱぱーん。


『Bサイド【フレイムウィップ】、死亡!勝者はAサイド【ライトブレイド】!ミリッツァ=カラックス監督者、1勝目おめでとうございます!』


 開始を告げたのと同じ声が、対戦の終了を宣言する。
 それを聞いて緊張の糸が切れたのだろうか。
【ライトブレイド】はアスファルトの路面に、がくん、と膝をついた。


 その左腕は焼けただれ、肘から先はほぼ炭化している。どこまでが学ランの袖で、どこからが焦げた肉なのかすら分からない。
 猛烈な激痛に耐えかね、少年は右手に握っていた筒状の道具を投げ捨てる。
 筒は乾いた音をたてて転がり、少し離れた所に横たわった柔らかい物にぽすん、とぶつかった。


 ぶつかったのは、ブレザー姿の男子学生とおぼしきものの、上半身。
 何故上半身と形容するのかといえば、下半身はやや少し離れた所に転がっているからである。


 ブレザーの男子学生は腰の少し上あたりで上下に両断され、既に生命活動を停止していた。
 不思議とあまり血だまりが広がっていないのは、断面が高温で焼き塞がれたかのようになっているせいだろう。


 能力名【ライトブレイド】。
 創りだした柄から伸びるプラズマを力場で包んだ刃で、敵を焼き切る能力である。
 名前は、テレビで観たSF映画の武器を元に少年がつけたものだ。


 監督者であるミリッツァは、


『時代の流行りものを反映しているのは視聴者に喜ばれるでしょうね』


 と言っていたが。少年はそこまで考慮して名付けた訳ではない。


【ライトブレイド】が震える右手で、炭と化した左腕を押さえようとする。指が触れた瞬間に、左手首から先がぼろり、と千切れて落ちた。


「ひっ」


 驚愕で目を見開く。苦痛と恐怖で涙が溢れだす。
 引きつるような呼吸。
 あっ、あっ、あっ、と声にならないものを発しながらのたうち回る。振動で、さらにコゲ肉がぼろぼろと飛び散った。
 激痛で身を捩りつつ、ライトブレイドは大きく息を吸い込む。痛みを和らげるために、叫ぼうとしているのだろうか。


 だが。


「あぶなかったあああああああ!」


 ライトブレイドが叫んだのは、苦痛の声では無かった。


「でもやれたぞおおおお、やれたんだああああああ!」


 痛みが無いわけでは、無い。
 鼻からは鼻水、口からは涎を盛大に垂れ流し、目から流す涙も苦痛によるものだ。表情の歪みも激痛に襲われているからである。
 だが、彼が上げたのは歓喜の声。勝利の雄叫びであった。


 悶えながら、ライトブレイドは喜びに包まれていたのだ。


(何てことだ!)


 怖かった。あんなに怖い思いをしたのは始めてだ。
 痛かった。いや、今も痛い。痛すぎる。痛いどころじゃない!


 ああ、でも。


 こんなにも興奮と充実を味わったことなんて、無かった。
 そう、今まで一度も!


 こちらの意志を明確に伝えたおかげか、先方も「やる気」をすぐに出してくれたのも良かった。
 これでもし相手が無抵抗だったならば、殺せていたかどうか、分からない。


 何にせよ、良かった。


 延々一週間もかけて、歴史がどうとか、自分の存在価値がどうとか、自称未来人からくどくどと説明を受けていたが、その甲斐はあった。話に乗って正解だ。
 心から、彼はそう思った。


 脳裏によぎる言葉。


『君は、歴史的にも生物的にも、存在する価値が無い』


 そう、あの未来人は言っていた。
 思い出しつつ、ひゅっ、ひ、ひ、と絶え絶えの呼吸をしながら【ライトブレイド】は嗤う。


(そんなことは、僕が一番知っているさ)


 自分の人生に、意味が無いであろうことなんか、分かっている。


 言われる前から、そんなことは知っている。


 ああそうさ。その通りさ。


 ……だけど。


 僕の「生」に意味が無いのなら。


 ならばせめて。「死」には、意味をくれ。





『2回戦は明日の午前2時から開始となります。監督者の皆様も、対戦者の皆様も、それまでゆっくりとお休み下さい。それでは、お疲れ様でした!』


 アナウンスが彼の頭の中に響いていたが、【ライトブレイド】はそれを聞いてはいなかった。
 既に、痛みで意識を失っていたからである。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く