あなたの未来を許さない

Syousa.

第一夜:05【御堂小夜子】

第一夜:05【御堂小夜子】


 ゆっくりと身体を起こし、運転席のドアを開け、小夜子はミキサー車から地面に降りた。
 聞こえるのは、自分が小石混じりの砂を踏む音だけ。
 あたりは、しん、と静まり返っている。


 恐る恐るプラントの方向へ歩いていくと、探していた「モノ」は、すぐに見つかった。


【グラスホッパー】だ。
 コンクリートのたたきの上に、彼女は寝ていた。


 明かりは月だけだ。光量はまったく足りていない。
 だが、闇夜に慣れた小夜子の視覚は、【グラスホッパー】の姿を自身の脳へ十分に伝達した。


 彼女は、動かない。
 いや、動けないのが一目で理解出来た。


 おそらくコンクリートに始めにぶつかったのであろう。左腕が、関節が一つ増えたかのような形に曲がっている。何か白っぽいものが、腕から突き出しているのが分かった。
 腕だけで衝撃を吸収しきれるわけも無い。首も、普通ではありえない方向に曲がっている。
 頭部の状態に至っては、小夜子はもう直視する事すら出来なかった。


「膨らんでる……うっ」


 こみ上げる胃液に抗えずに、崩れるよう膝をついて、吐く。


 涙目で嘔吐しながら、再び【グラスホッパー】へ瞳が向いた。


(見たくない)


 と思いながらも、視線が吸い込まれる。
 彼女の頭部を中心に、水たまりのようなものが広がりつつあった。
 捲り上がったスカートから、下着と脚が見える。


 この状況と不釣り合いな、その脚の白さについ、目がいった。


 こんな惨状を目にしながら、何処に目をやっているのか、と猛烈に自己嫌悪しつつ。
 小夜子は再び胃液を吐いた。


 ぱんぱかぱぱぱぱーん。


 間の抜けたファンファーレが鳴り響く。


『Aサイド【グラスホッパー】、死亡!勝者、Bサイド【スカー】!キョウカ=クリバヤシ監督者、おめでとうございます!』


 対戦開始を告げたのと、同じ男の声だ。
 小夜子の目前には、開始時と同様に、『勝者【スカー】』と文字が表示されていた。祝福のつもりなのか、文字にはキラキラと光るエフェクトまで付いている。


「何がおめでたいの!馬鹿!いいから早く救急車呼んでよ!」


 立ち上がり、空に向かって叫ぶ小夜子。
 だが同時に、救急車が来てももう助からないであろうことも、理解していた。
 それでも、言わずにはいられない。


『2回戦は明日の午前2時から開始となります。監督者の皆様も、対戦者の皆様も、それまでゆっくりとお休み下さい』


 小夜子の叫びに対する返事は、無い。
 男の声は、一方的に喋り続けているだけである。


『それでは、お疲れ様でした!』
「ちょっと待ちなさいよ!」


 瞬間、小夜子の視界から全ての光が奪われた。


(これ、ここに来る時と同じ……?)


 足元が消失するような感覚と共に、意識も闇の底へと沈んでいく。
 抵抗する事も出来ずに、そのまま小夜子は気を失った。





 どくん。


 という鼓動とともに、視界が蘇る。
 見慣れた壁、見慣れた天井、宿題が置かれたままの勉強机、床に積み重ねられた本の山、派手な格好をした美少女フィギュアの置かれた棚。
 眼鏡はかけていない。服はパジャマだ。そして今座っているのは、自分のべッド。
 何処でもない。ここは、小夜子の自室だ。


 周囲には誰もいない。
 あの、キョウカと名乗った不愉快な未来人も見当たらない。


 急ぎ枕元のスマートフォンを手に取り、見る。
 眼鏡をかけていないので、ぐぐっと顔に寄せて画面を覗き込んだ。
 画面には、「午前2時00分 10月26日 月曜日」と表示されている。


「時間……経ってない?」


 しばらく見続けていると、2時1分になった。
 そのまま、枕元へ投げ捨てる。


「……夢、か」


 ぼんやりと天井を見上げて、小夜子は呟く。
 おそらく夜中に寝ぼけながら起きてしまい、座ったまま、また寝てしまったのだろう。
 目覚めてみると、馬鹿馬鹿しい限りだ。


 それにしても、嫌な夢だ。実に嫌な夢だった。
 おまけにひどく疲れた気がする。
 身体は疲れていないが、精神が磨り減った様な感覚。
 明日、いや今日は学校なのに。


 まあいい。
 起きる時間までは、もう4時間少々あるのだ。


(早いとこ、寝直しておこう)


 掛け布団を手繰り寄せ、頭まですっぽりと潜る。


 布団の中、丸まるような格好をして、小夜子は眠りについた。



「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く