あなたの未来を許さない

Syousa.

第一夜:02【御堂小夜子】

第一夜:02【御堂小夜子】


 どくん、という鼓動に似た音と共に小夜子の意識が戻る。
 そこは自分の部屋ではなかった。屋外だが、見覚えすらない場所だ。
 周囲を見回す。街灯や照明の類は無いが、月が明るいおかげで、周囲に何があるかは見ることができた。


 ミキサー車、ショベルカー。積まれた砂や砕石。飾り気のない2階建て程度の施設がいくつか。そしてひときわ目立つのは30メートル弱の高さの、四角い建物。建物は上の方からベルトコンベアーが斜めに地面へと伸びている。
 その壁面には【安全第一 寺田生コン】と書かれていた。どうやらここは生コンクリートの工場らしい。それも、敷地の広さを見るとかなり大型の工場のようだ。


「夢ながら無茶苦茶だわ」


 と嘆く小夜子。夢に整合性や脈絡を求めても仕方が無いことは分かっている。分かってはいるが、それにしても、何でこんな場所が夢に出てくるのか。
 そもそも彼女は、コンクリート工場には立ち入ったことすらない。街へ出る時に乗るバスの窓から、コンクリート工場らしき施設を見たことがある程度だ。


 この夢の漫画じみた導入部は、自分の日々の読書環境から理解できる。先程の不愉快な妖精モドキも、子供の頃に読んだピーターパンの絵本あたりの記憶に由来するものだろう。しかし、そこから突然のコンクリート工場とは。脈絡が無さ過ぎて呆れたものだ。


 ぴゅう、と不意に吹きつけた風に体が震え、腕を組んでさする。
 そこで小夜子は、自分がパジャマではなく自分の学校の制服、紺のセーラー服を着ている事に気付いた。
 外していた筈の眼鏡もかけている。寝る前にほどいていた髪も、普段の髪……三つ編みの一つ結いになっていた。


「結局夢なら、何でもありってことなのかね」


 と小夜子が溜息まじりに呟いた時。


『空間複製完了。領域固定完了。対戦者の転送完了!』


 男の声が、小夜子の頭の中に流れてきた。
 先程の夢で、キョウカと名乗る妖精モドキが話しかけてきた時のように、直接頭の中に響いてくる。
 ただしキョウカは若い女、というよりは少女の声をしていたが、これはバラエティ番組のアナウンサーのような、どこか芝居がかった男の声だった。


『Aサイド、能力名【グラスホッパー】!監督者【クエンティン=テイラー】!』


 音声と共に、小夜子の目前に突如文字が浮かび上がる。


「え!?」


 びくっ、と反射的に後ずさる小夜子。
 視線よりやや低めの位置に現れたその文字は、読み上げられた物と同じ内容で、ご丁寧にしっかり漢字とカタカナで書かれていた。


『Bサイド、能力名【スカー】!監督者【キョウカ=クリバヤシ】!』


 先の文字列より右にずれ、やはり空中に浮かび上がったその文字は、Aサイドと同じく読み上げられた内容が書かれていた。


『領域は工場敷地内となります。対戦相手の死亡か、制限時間1時間の時間切れをもって終了。対戦中は監督者の助言は得られません。それでは、対戦を開始します。対戦者の皆さんは、張り切って相手を倒して下さい!』


 そして、ぽーん、とやや間の抜けた音が鳴り響いた。
 どうやら開始音のつもりらしい。


「キョウカってさっきの妖精モドキのこと?これは、あの夢の続きなの?」


 問いかける小夜子。相手は先程の声の主に対してだが、対象が見当たらないので空に向かって大声をあげている。


 返事は無い。


 少し間をおいた所で、妖精モドキの『なるべく楽に死ねるといいね』という言葉が思い出された。夢の中とはいえ、あまり気分のいい言葉では無い。
 16年も生きてくれば、高い所から転落する夢だの、海で溺れる夢だのを見た事もある。あの独特の、落下感や息苦しさ。
 勿論、実際に死んだ事も死に掛けた事もないので、それこそ夢での記憶でしか無いのだが……おそらく現実でその時に味わうものとは全く違うのだろう、と理解していても、好んで体験したい感覚では無かった。


(夢だとしても、避けられるものは避けたいわ)


 と思いながら周囲を見回していると、


 どうっ


 と小夜子の右後方から大きな音がした。反射的に振り返る。
 先程目についた【安全第一 寺田生コン】と書かれた四角い背の高い建物。小夜子は知らないが、プラントという建物……を挟んだ反対側から上空に、何か影が飛び上がった。


 照らすものが月明かりだけなのと、小夜子からは100メートル以上の距離があるので、それが何かまでは判らない。
 その影はみるみるプラントを飛び越して、垂直に上昇していく。


 高い。


 30メートル近い建物の屋根どころかその倍、いや三倍の高さに達しようとしていた。
 上昇するにつれ速度が落ちていったその「何か」は最終的に一瞬停止し、今度は落下を始める。
 しかし、上昇する時と違い、その物体の下側には青く輝く炎の膜の様なものがまとわりついていた。


 小夜子が以前テレビの科学特集番組で見た、隕石が大気圏に突入するシーンの再現CG。もっともあれは赤色の炎の膜だったが……
 あれは、それによく似ていた。


 そして。


 ごおおおお。


 と轟音を立てて落下し、再びプラントの陰に隠れて見えなくなる。
「何あれ」の「な」、まで小夜子が口にした瞬間、プラントの向こう側で青白い閃光が走り、


 どごん!


 と大きな衝撃音。直後に何かが金属やコンクリートにぶつかる音、ガラスが割れる音が聞こえてきた。


 先程上下運動があった空中に、砂煙と共にアスファルトかコンクリートか何かの破片が多数、浮かび、落ちていくのが見える。破片が地面に落下する音もすぐに聞こえてきた。


 小夜子は唖然として立ち尽くし、砂煙の立ち上る方角を見続けていた。
 すると再び、同じ場所から影がまた飛び上がり、青い炎の膜をまといながら轟音と共に落下していくのが見えた。続いて衝撃音、何かが金属やコンクリートにぶつかる音が聞こえ、続いて砂煙が上がる。
 小夜子の視界の中で、その影はさらにもう2回ばかり同じ行動を繰り返した後、垂直の上下運動からやや落下地点をずらした、放物線を描いた上下運動に移行していった。


 ここで初めて小夜子は、あの影は跳躍しているのだ、と気付く。


 そして、そのまま影が跳躍を何度も繰り返すのを眺めていたが、5回目の跳躍の落下時に、その影が何なのか、をようやく確認することができた。
 どんな顔をしているかまでは流石に判らないが、風圧になびく長い髪らしきものと、スカートの様なものが、落下時の青い炎に照らされて見えている。
 6回目の跳躍時を狙って目を凝らして観察してみたが、やはりそれは同様の姿をしていた。


「……人間だわ、あれ」


 ずっと見続けていると、跳躍はとうとう9回目に達した。
 ここに来て、小夜子は思った。あの人影は何かを確認しようとしているのだ、と。
 同時に、先程の夢で妖精モドキが話していた『能力のランダムロール』『なるべく楽に死ねるといいね』という言葉や、ここに来てから聞こえた声が言っていた、『対戦』『張り切って相手を倒して下さい』という言葉が断片的に脳内で再生された。
 あれはいかにも漫画的でゲーム的で、あまりにも現実感の無い、夢ならではの台詞だったのだが。


 もし。


 もしも、今見ているこの夢が、あの妖精の夢の続きであるならば。
 あの人影は何らかの能力を与えられていて、その確認の為に、何度も何度も跳ねて力の加減を試していたのではないか。小夜子はそんな気がしてきた。
 もし小夜子がその状況にあったらならば、やはり最初は手に入れた力を練習してみようと思うだろう。妖精モドキの話を真に受けていたならば。
『ハズレ』『何も無い』などと言われていなければ。


「そう言えば、私が【スカー】で向こうが【グラスホッパー】だっけ」


 思い出し、呟く小夜子。
 視界内ではあの影、【グラスホッパー】が10回目の跳躍。轟音。


「グラスホッパーって確かバッタよね」


 プラントの向こうで閃光と衝撃音。


「ひょっとしてピョンピョン跳ねるからバッタなわけ?」


 跳躍11回目。轟音。


「……適当すぎない?」


 閃光と衝撃音。


「でもバッタは跳ねるだけだけど」


 12回目。轟音。そしてまた閃光と衝撃音。


「あれに踏まれたら」


 踏み潰された甲虫、通学路で見た猫の轢死体、先週ネット掲示板でうっかりリンクを踏んだ、海外の交通事故のグロテスク画像。そういったものが次々と小夜子の脳裏に浮かぶ。
「多分死ぬわね」の部分はあえて口に出さなかった。言えばそれがそのままこの悪夢の筋書きになりそうな気がしたからだ。


 腹が締め付けられるような痛みは恐怖。背中に穴を開けられて、中身を吸いだされるような錯覚は不安。
 全身でその不愉快な感覚を受け止めながら、自分が怯えているのだ、と理解した。


「何で、夢でまでこんな嫌な思いしなければいけないの」


 と、忌々しげ呟く。
 せめて、夢くらいあの子との甘い一時でも……と考えかけた所で、小夜子は異変に気付いた。


 13回目の【練習】が、無い。


 飽きたのか。そうかも知れない。
 疲れたのか。ならばいい。
 まあ、普通に考えれば【練習】が終わったのだろう。
 では、【練習】が終わった後はどうするのか。


 当然、【実践】である。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く