あなたの未来を許さない

Syousa.

第一夜:01【御堂小夜子】

第一夜:01【御堂小夜子】


『今から5分後に対戦開始なんだけどね』


 その声で小夜子は夢の中から引き戻された。
 うつ伏せになっていた身体を起こし、まず周囲を見回す。常夜灯で薄く照らされた自室内には、人影は無い。
 次いで枕元のスマートフォンに手を伸ばし、ボタンを押す。眼鏡は枕元の眼鏡ケースにいれたままなので、画面を顔にぐっと近づける。


 画面には「午前1時55分 10月26日 月曜日」との表示。
 真夜中だ。
 ベッドに入ったのは23時頃だったので、まだ3時間も寝ていないことになる。


 もう一度、周囲を見回す。
 終わらせた宿題が置きっ放しの勉強机、床に積み重ねられた文庫本や漫画本、棚に置かれた美少女フィギュアやロボットのプラモ、ぬいぐるみ達。学校の制服は、今日はちゃんとハンガーにかけてある。
 やはり、人影は無い。勿論、あっても困るのだが。


「……こういうのを寝ぼけるって言うのかしら」


 目が覚めた直後ですら中身を覚えていない夢の声に起こされたのだろうか。
 そもそも夢を見ていたかどうかすら、覚えていない。
 では、心霊現象か何か……?という思考にたどり着いて一瞬背筋が寒くなったが、どうも幽霊が使う言葉にしては雰囲気が無い、と考えるとすぐに落ち着いた。


 再度携帯を見る。午前1時56分。
 漫画かアニメの影響が、夢にでも出たか。


 小夜子がよく読む漫画は、少女漫画よりも少年漫画の方が多く、自然、集めている単行本や小説もバトル物が多くなりがちで。
 そのせいで、こんな寝ぼけ方をしたのかもしれない。
 高校生にもなって、これではまるで小学生だ、と声には出さずに自嘲。


(明日は学校があるんだから、早くもう一度寝ないと)


 そう考えつつ、ぽすん、と身体をベッドに倒す。


 緩やかに意識が黒く塗りつぶされていく最中。


『今から能力がランダムに決まるんで、まずその名前をつけなきゃいけないんだ。そういうルールでね』


 と、先程の声が再び小夜子の頭の中に響いた。
 驚愕と共に、跳ね起きる。


『あ、音量間違えちゃった?大きすぎたかな?』


 そして彼女は見つけた。声の主を。
 ぼんやりとした金色の光に包まれた、こぶし大の大きさの人型。いや、ただの人型ではない、蝶のような形の半透明な羽を持つ、少女の姿をしたモノ。


 細い手足の生えた身体は、ふんわりとしたワンピースのドレスで包まれている。愛嬌のある幼い顔、そのショートヘアにつけた、花の髪飾りが可愛らしい。
 リボンをつけて玩具として渡してやれば、小さい女の子が喜ぶこと、間違いないだろう。


 空中に浮かんだそれはぺこり、とお辞儀をした。


『えーと、お初にお目にかかります。御堂小夜子さん。僕はキョウカ=クリバヤシ。未来から来ました。よろしくね』


「妖精……?お化け……?」


 ベッドの上に乗ったまま、壁際まで後退する小夜子。


『違う違う、未来から来た人間だよ。君達からすれば未来人って奴かな?ああ、この姿?これはアバターだよ。アバター。妖精なんて実在するわけないでしょ?僕は普通の人間だし、実体もここにはないからね。まあ、これは立体映像みたいなモノだと思っておいて』


 キョウカと名乗った【それ】は、一方的に喋りたてる。


『とにかく、時間がないんだ。ああ、もうあと3分ないじゃないか!とりあえず運営に、能力のランダムロールを開始してもらうからね』


 光る粒子のようなものを撒き散らしながら、一言一言に大げさに身振り手振りを加え、部屋の中を落ち着きなく飛び回るキョウカ。


 明らかな怪奇現象でありながらも。
 それを見ながら、小夜子は


「ああ、そう言えばピーターパンにこんな妖精がいたわね」


 などと、子供の頃読んだ絵本をのんびりと思い出していた。
 彼女の脳は既に、これが夢であるとの判断を下している。


『能力が決まったら、それに基づいた名前をつけてね。能力の内容に関係しない名前は認められない決まりだから、短い時間で、いかに捻った名前をつけるかが、君のセンスの見せ所だよ』


 はぁ、と適当な相槌を打ち、小夜子は壁にもたれる。もう、投げやりである。
 これが夢なら夢で、もうこの際、目が覚めるまで付き合うしかない。が、あまり興が乗る内容でもなさそうなのが、残念だ。


 小夜子はそのまま、部屋の中をくるくると飛び回るキョウカの姿をぼーっと眺めていたが、やがてその動きが、ぴたっ、と停止した。


 その場で、わなわなと震えている。
 様子がおかしい。


『ちょっ、何だよコレ!?こんなのアリかよ!』


 頭の中に響いてくる声は、一変して、明らかに狼狽している。


『ダミット!ファック!ファック!ファック!どうしろっていうんだ!始まる前から終わりじゃないか!ハズレだ!不公平だ!おかしいよ!』


 先程までの、調子に乗った子供のような調子は既に失せ。
 今度は、頭を抱えながら自らの境遇を呪っているらしかった。


「えーと、妖精さん?」


 恐る恐る、声をかける小夜子。


『妖精じゃないってば。キョウカ=クリバヤシ。もう、どうでもいいけど』
「あ?なんでよ」


 いい加減小夜子も腹立たしくなってきた。自らの夢とはいえ、この妖精モドキは言い方も態度も不愉快に過ぎる。


『ロールの結果、君に与えられた特殊能力は【何も無し】だったんだ。ハズレもハズレ、大ハズレさ。初戦で君は死ぬよ。間違いなく。僕の試験もこれでおしまいってわけさ。加点どころか、この単位の分を取り返すためにはいくつもレポートを作らなきゃいけないと思うと、気が重いよ!』


 まくし立て終えると、キョウカは首を横に振りながらため息をついた。


『あぁ、あと1分もないな。まあ、とりあえず能力……は無いけど、能力名付けた方がいいよ。時間切れになると、その時点で君は参加資格を喪失して、死ぬ決まりなんだからね』
「何よそれ。ハズレなんでしょ。スカでいいわよ、スカで」
『【スカー】。日本語だと【傷跡】になるのかな?翻訳合ってる?でもこんなんで通るかな?まあいいや。時間も無いし。登録申請してみるよ』
「いや、そんな駄洒落言ってないから」
『あ、通った』
「あら、そう」


 反射的に小夜子が口にした瞬間、彼女の視界は暗転。


『じゃあねサヨコ。なるべく楽に死ねるといいね』


 という声を耳にしながら、小夜子の意識も、視界同様に闇へと沈んでいくのであった。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く