あなたの未来を許さない

Syousa.

第一夜:03【御堂小夜子】

第一夜:03【御堂小夜子】


 ごおおっ


 どすん!


 音と閃光、衝撃が小夜子を背後から襲った。衝撃で前のめりに押し倒される。
 反射で手をついて、顔を地面に叩きつけられるのは奇跡的に回避。小さな石が手のひらや手首、膝に食い込み、その一部は肌に傷を作った。


「ううっ」と苦悶の声を上げながら、立ち上がり、振り返る。


 5、6メートル程離れたところの地面が、半径2メートル程度、半円の形にくぼんでいた。
 そして立ち込める土煙の中に、一人の少女が立っている。
 小夜子が気付かぬ内に上空へと飛び上がり、轟音と共にそこに落ちてきたらしい。


 紺のPコートを着ていて、開けた前からはブレザーの制服が見える。首のリボンはえんじ色で、ハイソックスは白。スカートは少し短め。背丈は小夜子より高く、150センチ程度だろうか。
 顔立ちと体つきからして、おそらく同年代の高校生なのだろう。


 月明かりの中、目を凝らして顔を見る。少女もここに小夜子がいるのは全く予測していなかったらしく、驚きに満ちた表情で小夜子を見つめていた。
 切れ長の目、薄い唇。鼻はそんなに高くはないが、まあ美人な方ではないか、と小夜子は思った。また、黒いストレートの長い髪が似合っている、とも。


 ただし、(あの子ほどじゃないけどね)と小夜子は心の中で付け加えておく。


 そんな小夜子に、


「あなたが【スカー】?」


 と少女は話しかけてきた。
 その顔には、警戒の色が露骨に浮かんでいる。


「あ、私、御堂小夜子って言います。こんばんは」


 思わずお辞儀して挨拶する小夜子。異常な夢の中とはいえ、初対面の相手だ。自然と敬語を使ってしまう。


「本名じゃなくて能力の方。名前なんか知らない方がいいじゃない?気分的に」
「はあ」
「私は【グラスホッパー】にしたの。あなたは【スカー】にしたんでしょ」
「それなら、ええと、そうかも知れません」
「そう」


 と、やりとりをしたところで【グラスホッパー】はしゃがみこみ、「どうっ」という音だけを残し小夜子の視界から消えた。見れば、地面の窪みの中央、彼女が立っていた場所はさらに窪みが深くなっている。


 地面を踏み込んで跳ねた跡だ、と理解した刹那、小夜子は駆け出していた。
 彼女自身でも驚くほど素早い判断と行動だ。


 轟音が空気を引き裂いて、小夜子の耳へと届く。


(落ちてくる音だ!踏まれる!)


 数瞬の後。


 先程と同じく、閃光と衝撃が小夜子の背後を襲う。
 これまた同様に前のめりに倒された小夜子だったが、今度はずっと素早く立ち上がることができた。
 振り返ると、先程まで小夜子がいた場所は地面が窪んで、周囲は押しのけられた土で盛り上がっている。
 窪みの中心には【グラスホッパー】。
 外したのが意外なのか、小夜子が躱したのが予想外なのか。ややきょとん、とした顔をしていた。


(あ、この顔ちょっと可愛いかも)


 などと緊張感の無い事を考える小夜子。
 だが【グラスホッパー】はすぐに険しい表情に戻り、ちっ、と舌打ちして小夜子の方を睨むと、再びの跳躍の為に、しゃがみこむ。


 彼女がかがんだ時点で、小夜子はまた駆け出していた。
 どうしたら良いかなんて全く分からない。だが、じっとしていたら確実に踏み潰されるのだけは分かった。


 とにかく、走る、走る。
「ひっひっ」と恐怖で声にならない声を上げつつ走る。
【グラスホッパー】が落下する時の「ごおお」という音が小夜子の精神を追い詰める。それでも走る。
 後ろで衝撃と閃光が炸裂するが、振り返らず走る。
 跳躍時に地面を蹴る音が聞こえるが、構わず走る。


 轟音が、小夜子の耳に入った。


(あの人、私を殺すつもりなんだ)


 今度は左前方に衝撃と閃光。右へ向きを変えて走る。そして、再び地面を強く蹴る音。


(先回りしようとしてる!?)


 直感的に相手の意図を察した小夜子は急停止。踵を返して【グラスホッパー】が飛び上がった方向へ走り出す。


 数秒して真後ろに着地の衝撃音。先程よりも。ずっと大きい。
 直後に振り返ると、ちょうどコンクリートのたたき部分に降り立った【グラスホッパー】が見えた。足元の硬いコンクリート床は、彼女を中心に砕けて割れている。
 土の地面に着地した時より砂煙がもうもうと舞っているのは、コンクリートの上に乾いた土や砂が散らばっていたせいだろうか。
 そしてそこは、あのまま走っていれば、小夜子はコンクリートごと踏み砕かれていたかもしれない位置であった。


 間違いなく、彼女は小夜子の走る先を狙って跳躍している。
 コントロールも向上してきているようだ。
 どうやら【グラスホッパー】は、段々と能力の扱いに慣れてきているらしい。


 その状況を、小夜子は理解した。





 それから三度、小夜子は【グラスホッパー】の攻撃を回避した。
 辛うじて、を付け加えるべきではあったが。


 全力で走り続けたせいで、息が苦しい。脇腹が痛む。
 元々小夜子は運動が得意な方ではない。むしろ苦手と言っても良かった。マラソン大会ではビリから数えたほうが圧倒的に早い。運動会や体育祭といった類にも、いい記憶は無い。


 走り続けて方向転換を繰り返している間は、どうやら相手の攻撃も命中しにくいようだ。
 が、無論、いつまでも走り続けられるわけではない。
 限界が近づいているのを感じる。どこかに隠れなければ、じきに追いつかれてしまうだろう。


(走らなきゃ、走らなきゃ!)


 気は焦り、鼓動は早くなり、息は切れ、足は重い。
 ふらつきかけた小夜子前方、15メートルの場所に【グラスホッパー】が落下。
 跳ね上げられた土砂を浴びながら、小夜子は左へ向きを変え、肺と脇腹の痛みに耐えながら走り続ける。


 その前方には「骨材置き場」と表示板のついたやや大きな施設があった。
 施設といっても、コンクリ壁でスペースをいくつか区切り、屋根を取り付けただけのもの。そしてそのスペースごとに、砂や小石がうず高く積まれて小さな山のようになっている。
 コンクリートを製造する際の材料を、種類ごとに分けて保管している場所である。砂の運搬にはショベルカーを使うので、このような構造になっているのだ。


 だが、勿論小夜子はそんなことは知らないし、目前にあるそれはただの障害物でしかなかった。


(方向、変えなきゃ)


 ぜぇぜぇと息をしながら針路を変えようとしたその瞬間、【グラスホッパー】が骨材置き場に【着弾】する。


 土の地面を大きく窪ませ、コンクリートの床を砕く威力である。
 青い炎の膜に包まれた【グラスホッパー】は骨材置き場の屋根を容易く踏み抜き、その下にある砂の山に突っ込む。


 だが、その身体はその時点では砂にめり込まなかった。
 まるで彼女は見えないボールの中心にいるかのごとく、砂は球状の空間を開けて掻き分けられていく。
 ところが、砂山をあらかた掻き分けたところで炎の膜は消えてしまった。ついでに彼女の周りの「見えないボール」も消えたらしい。


 砂を押しのけていた見えない力が無くなり、【グラスホッパー】は、掻き分けたばかりの砂を全周からかぶることになったのである。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く