あなたの未来を許さない

Syousa.

第一夜:04【御堂小夜子】

第一夜:04【御堂小夜子】


 完全に、埋もれたわけではない。
 だが【グラスホッパー】の腰から下は砂で隠れてしまっていた。
 そして、巻き上げられた砂が目に入ったのだろうか。彼女は何事かを喚きながら、しきりにコートの袖で目をこすっている。


 好機である。
 勿論、逃げ出すための。


 反撃するという思考には小夜子は至らなかった。
 そもそも、どう反撃しろというのか。非力な小夜子が殴ったり蹴ったりしても、一人の人間の動きを止めることなど出来そうにない。
 とにかく一秒でも早く、一歩でも遠くへ。【グラスホッパー】の目が塞がっている内に、姿を隠さなければ。
 小夜子の思考は、その一点で占められていた。


 できればどこか建物の中に逃げこみたかったが、プラントの脇にある何かの操作室や事務所らしき建物は、鍵が掛かっていて入れなかった。
 映画みたいにドアを蹴破れる程の力も小夜子には無いし、そんなことをしたら、形跡で「ここに逃げ込みました」と書いて知らせるようなものである。
 音がするという理由で、ガラスを破って侵入するのも止めた。それに、割ってみたところで残ったガラス片を綺麗に取り除いて窓から入る時間など無い。【グラスホッパー】の【練習】で飛来したアスファルトかコンクリの破片で割れたとおぼしき窓もあったが、同様の理由で手を付けないことにした。
 冷静に考えたわけではない。こうすると見つかる、という恐怖心からくる消極的な選択である。


 結局、小夜子が限られた時間で慌てて選んだ隠れ場所は、骨材置き場からは見えない所に停められていた、ミキサー車だった。
 ダメ元で運転席のドアハンドルを引いた所、ドアが開いたからだ。


 車両担当者がズボラだったのか、たまたまなのか。事務所や操作室は施錠されていたのに、その車は鍵を抜かれただけでドアはロックされていなかった。
 不用心な話だが、小夜子には幸運である。
 急いで中に入り込み、ドアを閉め、その音が【グラスホッパー】に聞こえない事を祈りつつ、中から鍵をかける。
 そして、運転席と助手席の足を入れる部分に身体を潜りこませ、外から小夜子の姿が見えないように隠れた。


 間もなくして。
 轟音が響き、閃光が走り、衝撃が伝わってきた。飛来した土や石が窓ガラスに当たる。それが二度、三度。いや、まだ続く。
 どうやら、砂から抜けだした彼女が小夜子を見失い、手当たり次第に跳ねては踏みつけ、を繰り返しているらしい。


 平静を保てないのか、虱潰しにやっているのか、閃光を光源に小夜子を探そうとしているのか。


 小夜子の位置からは運転席の窓越しに星空と月、そして例の30メートル近い高さのプラント建屋と、そのすぐ脇に立つセメントサイロの上部しか見えない。
 とはいえ車から出て周囲を見回すことも出来ず、ただただ、彼女はじっと息を潜めているしかできなかった。


(静かにしなきゃ)


 と思っても抑えられない、小夜子自身の乱れた呼吸音と心臓の動悸が頭にまで響いてくる。
 流石に心音まで相手に聞こえることは無いが、それでも小夜子は自分の心臓を止めんとでもするかのように、胸を強く押さえて、口を塞いでいた。


 虱潰しにするのを諦めたのだろうか。
【グラスホッパー】が跳ね回る音は、いつの間にか止んでいた。


(隠れてから、何分たったのかしら)


 あいにくと腕時計はつけていないので分からない。先程制服のポケットを漁ってみたが携帯も何も入っていなかった。
 これでは警察も呼べない。


(警察……?夢の中で?)


 はっ、と気付く。
 そもそも自分自身でもこれは夢と判断していたのではないか。夢の中でどうやったらお巡りさんが来てくれるというのか。
 そこまでの思考に至ったことで、小夜子の精神はやや落ち着きを取り戻す事ができた。


(そう、夢なんだから、別に慌てる必要なんて無い)


 急激に、呼吸と心音が落ち着いていくのが実感できた。


(何だか相手も静かにしているし、後は目が覚めるまでじっとしていよう)


 変わらず運転席の足元に横たわり身を隠したまま、ぼんやりと窓を見上げる小夜子。


 次の瞬間。


 彼女の目が大きく開かれ、心臓は激しく動悸を始めた。


 窓から見える視界。敷地の中央、あの、背の高い建物。プラントの屋根の上に、人が立っている。
【グラスホッパー】が、高所から周囲を見回しているのだ。


(まずい!)


 月明かりは運転席まで差し込んでいる。あのプラントの高さから見れば、ミキサー車の運転席の中が丸見えかも知れない。
 かと言って、動いて逃げることは出来ない。そんなことをしたら、動きと音でそれこそ自ら位置を明かすようなものだ。小夜子には、先程の追いかけっこをもう一度繰り返して、【グラスホッパー】から逃げ延びる自信はとても無かった。
 とにかく、彼女は息を潜めて隠れ続けるしか選択肢は無かったのである。


【グラスホッパー】は、プラントの屋上で周囲を見回し続けている。
 こちらを見ていたと思えば、反対側。かと思えば、左右をきょろきょろと。


 苛ついているのが、遠目にも理解できた。
 そのため、落ち着いて観察することが出来ないのか、それとも光量が足りなくて見つけられないだけなのか。とりあえずまだ、小夜子は発見されずに済んでいる。


【グラスホッパー】はまたプラントの反対側を見ている。今度はじっくりと見ている様子だ。
 ぎこちなく見回すやり方から、一方向ずつじっくりと見ていく、というやり方に切り替えたらしい。


 その後しばらくして、彼女は左に向きを変えた。
 今度はその方向を注視するのだろう。
 できるだけ視界を確保するために、プラントの端へ向かって歩き始める【グラスホッパー】。


 そして、彼女は転んだ。


 見ていた小夜子は思わず「あっ」と声を上げる。


 足がもつれたのか、滑ったのか。それともプラントの屋根に躓くような突起でもあったのかもしれない。だが、小夜子の位置からはそこまでは見えない。
 何があったかは分からないが、とにかく【グラスホッパー】は屋根の端近くで転んだのだ。
 そしてそのまま、彼女がプラントの屋上から落ちていくのを小夜子は見てしまった。
 手をばたつかせながら、頭から落ちていくのを。


 運転席の窓から見える部分から、その姿はすぐに消えた。
 直後に、


 ごつっ。


 という音が聞こえた。


 初めて聞く音だ。
 だが、あれが何の音かは、多分理解している。



「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く