《冷姫》に告白をした結果泣かれてしまったが、なぜかその後積極的に話しかけてくる件

ささかま

第五話



「中学生一年生位の頃だったかな…私ね、その頃もストーカーにあっていたの」


「……そうなんだ」


 中学一年生…もう、六年くらい前か。…まさか、今回も同じ犯人じゃあるまいな…。


「通学の時とかはボディーガードがいたから大丈夫だったんだけどね」


「…ええと、せが…結奈って、もしかしてどっかの社長さんの娘さんだったり?」


「うん。そうだよ」


「……」


 デスヨネー。そりゃあ、普通の中学生にはボディーガードなんて付きませんよねー。おかしいと思ったよー…。


「最初は家に手紙が来る程度だったの。ずっと君のことを見てるとか、愛してるとか、ね」


「おお…」


 随分とヤバイ人がいるもんだな。結奈はその時から可愛かったのかもしれないけど…それにしても、中学生相手に愛してるとか、まともじゃないな。


「初めは無視してたんだけどね、次第にエスカレートし始めたの…。なんで無視するの?僕はこんなに愛しているのに、なんで返してくれないの?とか…」


 完全なストーカーだな…ソイツ。自分のことしか考えられない、残念なヤツだ。


「その手紙が来て一週間くらいした時かな。私ね、誘拐されそうになったの…」


「誘拐!?」


 おいおい。…遂に、実力行使に出たってことか。ますますヤバイ奴だな。


「ボディーガードがいないタイミングを狙われちゃって…数人の男の人に、無理やり車に乗せられちゃって…凄く怖かった」


「……」


 そりゃあ怖かっただろう。今こうしてここに無事でいるのが奇跡に思える。…てか、ボディーガード無能だな…警護対象から離れるなんて、論外だ。


「でもね、しばらく経った頃に何かが車にぶつかったみたいでね、男の人たちは皆外に行ったの」


「…うん」


「外を見て見たら、男の人達が誰かと戦ってて…少ししたら、男の人達は皆地面に倒れてた」


「……」


 へ、へぇ…そ、そんな奇跡が起こることもあるんダナー。


「助けてくれたのは、一人の男の人と…の少年だったの」


「…なんで、同い年の少年って断定した…の?」


「その後、交番の前で降ろしてくれた時にね…その少年が生徒証を落としたの。それに書いてあったの」


「あーー………」


 あの時落としちゃってたのか…道理で探しても見つからなかった訳だ。


「あの時助けてくれたのは…啓介君だよね?」


「……」


「…そう、だよね?」


「…はぁ。そうだね…確かにそれは僕だ」


 確かに、そんなことがあった。親父との帰り道に、同い年位の少女が車に押し込まれて走り去るのを見た。
 それを見て…親父が追うぞ、と言って車で追い始めた。まぁ、親父の職業的にやるとは思ったが…まさか自分ののってた車を止めるとは思わなかった。…その後、母にめちゃくちゃ怒られたのだが。


 その後、降りて来た男達を親父が二人、僕が一人倒して少女を保護した。交番に、その少女を連れて行ったのだが…そうか。生徒証を落としていたのか…不覚だ。


「啓介君って、何者なの?」


「…別に、何者でもないよ。親父が、警察関連で働いてて…それで僕も、護身術の心得があるってだけ」


 …少しだけ嘘を付いたが、ほぼ本当の話だ。昔、親父から戦闘術を叩き込まれた…それだけだ。


「その後ね、お父さん達がもの凄く警戒しちゃって…お礼を言いに行けなかったんだ…だからね、同じ高校に行こうって決めたんだ」


「……は??」


 えっ?今なんて言った??


「お父さんの弟さんがね、教育関連の偉い人だから…それでね、ちょっと…そのぉ…」


「その人に頼んで、僕の進路を調べた…と」


「うん!!」


「……」


 マジか…。そうなのかぁ…。てか、そんな簡単に進路を調べられるとか…もう誰も信用できねーなー。


「同じ高校に入れたまでは良かったんだけど…中々話しかけられなくて…気づいたら、沢山の人から告白されてて…」


「だから、この前啓介君が告白してくれた時…凄く嬉しかった…」


「……え?」


 嬉しかった…?って、どういう事だ…だって…


「嬉しすぎて泣いちゃった…それで、勘違いしちゃったんだよね?」


「えっ…ちょっ…」


 勘違い…?それって…まさか…


「あの時の返事をさせてください。私は、あの時助けてくれた…怖くないように、ずっと慰め続けてくれた啓介君のことが、大好きです。お付き合い、させてください」


「……本当に??」


「うん…」


 顔を赤らめて、僕の問いに答える結奈。




 今日は、色々あったけど…どうやら、僕に人生初めての彼女が出来たようです。











「《冷姫》に告白をした結果泣かれてしまったが、なぜかその後積極的に話しかけてくる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く