転生魔王、冒険者になる

ノベルバユーザー167873

30話 合流

ユウキは今エルフの国に戻ってきていた

ユウ「あーやっと終わったー」

アモ「ユウキ様お疲れ様です」

ユウ「あ、アモン、帰ってきてたのか」

アモ「ついさっき他の生徒を学校に送り終わったので」

スズ「ご主人!」

ユウ「スズか、そっちのグループはどうなった?」

スズ「こっちも全員無事だよー。多分もうすぐミルとライカも来ると思う」

ライ「お!やっと見つけたのじゃ!」

ミル「やっと着いたのです、ライカに振り回されて大変だったのです」

ライ「悪かったのじゃ」

ユウ「それにしてもだんだんとユグドラシルの光が戻ってきたな」

アモ「そうですね、これで無事今回の事件も終了です」

ナズ「あ!ユウキさんたちいました!今すぐ王城まで来てもらってもいいですかね?」

ユウ「え!?何でばれたの!」

ナズ「何の話ですか?国王が今回の件でお礼がしたいそうなのですが」

ユウ「あ、そーゆーことね」

アモ「ばれたって何やったのですか」

ユウ「え?ナ、ナンノコトカナー。それより国王待たせちゃダメだし行くぞ!」

アモ「はー、後でしっかり話してもらいますからね」

ユウ「はーい」

しっかりばれたユウキだった

「転生魔王、冒険者になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く