転生魔王、冒険者になる

ノベルバユーザー167873

27話 森

今ユウキたちは森にいる

ユウ「アモーン、俺らって魔物と戦う練習するために森に来てるんだよな」

アモ「そうですよ」

ユウ「全然いないんだけど」

今ユウキたちは森に入ってから1時間、一度も魔物と遭遇していない

ユウ「周囲の敵性反応も見ているが1体も見つからない、普通こんなことあるか?」

アモ「確実になにかおかしいですね」

そのとき町から莫大な反応が感じられた

ユウ「アモン!ここは任せた」

アモ「分かりました、お気を付けて」

ユウキは反応が感じられた所に転移した。
その先にあったのは

ユウ「な!?どう言うことだ」

光が一切感じられないユグドラシルとその周りに溢れ出している五千もの魔物だった



すいません、短いですがご了承ください



「転生魔王、冒険者になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く