転生魔王、冒険者になる

ノベルバユーザー167873

25話 実技の授業

あけましておめでとうございます!長い間休んでてすいませんでした!それとお気に入り登録が100人を越えましたー!これからも頑張ります!






教師「今から実技の授業を始めます。皆さんには3つのまとに向かって魔法を打ってもらいます。その後各まとに立っている教師にアドバイスをしてもらう形でやります」

貴A「へっ俺の凄さを見せてやるぜー」

貴B「俺らは何てったって中級魔法を無詠唱で撃てるからな!」


え!?中級無詠唱ってそんなにすごいの!?俺神級無詠唱で撃てるんだけど。なんか中学生に足し算できること自慢された気分だ


貴族A「行くぜー!ファイアーアロー!」

「バシュッ」

貴族B「サンダーアロー!」

「バシュッ」


弱くね!?あんだけ自信満々にいっておいてあれ?しかも同じ魔法でも俺やアモンの方が強いのは何で?

叡知『魔力の込めかたが下手くそだからですね。同じ階級の魔法でも魔力次第でだいぶ変わりますからね』

ユウ『そうなのか。ならここで撃ってもアモンの結界で大丈夫なぐらいの威力で神級魔法撃つこともできるの?』

叡知『できますよ。その代わり1%ほどの威力でしか無理ですね』

ユウ『それでもいいや』


アモ「次はユウキ様ですか、何が教えることがあるのか謎ですがとりあえず撃ってください」

ユウ「全力で結界張っといて」

アモ「はぁ、わかりました」

ユウ「インフェルノ」

「ガァーーーン!!」



周囲の人「…」

アモ「はい次のかたー」

ユウ「早いなー」

貴A「まぁたまたまだろ」

貴B「そうだよな!」


まぁそんなもんか。まぁこれからのことを考えると本当に楽しみだ

「転生魔王、冒険者になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く