転生魔王、冒険者になる

ノベルバユーザー167873

22話 魔法学校に入ってみる

謁見が終わってから一週間後、ユウキたちはナズ姉パパに呼ばれていた


パパ「ユウキよ、お主ら魔法学校に入ってみんか?」

ユウ「魔法学校?」

パパ「そうだ。うちの国の同い年の子達と触れあってもらうのもいい経験になるだろうし、ユウキのような魔法の扱いに慣れたものが同学年にいるとなるといい刺激にもなるだろうと思ってな」

ユウ「そうだなー、別に向こうに戻ってからの予定もないし面白そうだな」

パパ「そういってくれるとありがたい」

ユウ「それってアモンたちもつれてっていいの?」

パパ「別に皆で行っていいぞ、クラスも同じにしておく」

ユウ「ありがとうございます」

パパ「では2週間後に一応試験を仮に行う。もし無くしたらよく思わないやからも出るからな」

あーよくラノベで出てくる自分偉いぞ貴族か

ユウ「そうですね、そんなめんどくさいのとは絡みたくないですからね」

パパ「だろ。だからまた頼むぞ」

ユウ「はい」


こうして魔王の学園生活が始まった






すいません、これから書く量こんな感じになると思います。少なくてすいません

「転生魔王、冒険者になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く