転生魔王、冒険者になる

ノベルバユーザー167873

20話 謁見

ついに国王との謁見が始まった

国「シルフィ王女、よくぞ参られました。そしてユウキ殿もシルフィ王女の護衛ご苦労である。この度我らエルフ国と人国は平和的な関係を…」


割愛!


てな感じで無事終わった。え?内容がわからない?仲良くしましょうってだけだ!

シル「やっと終わりました。なんでしょうかね?普段はナズ姉のお父様とも普通に話せるのに今回すごく緊張しました」

ナズ「しょーがないよ。シルフィは謁見なん                            てはじめてなんだし」

ユウ「うちのスズとミルなんて寝てたぞ」

スズ「そ、そんなことないわよ!ね、ミル!」

ミル「そ、そうですよ、ただ窓からの日差しでポカポカしてうとうとしてただけです!でも所々話の内容が飛んでますね」

ユウ「寝てんじゃねーか」

ナズ「ことあと個人的な話があるからこいって言ってたぞ」

スズミル「そんなー」 

ナズ「冗談だけどなw」

スズミル「ほっ」

ナズ「でも話自体は元々あるから今から行くぞ」

ユウ「何の?」

ナズ「いけばわかる」


国王自室

国「シルフィーよく来たなー!」

シル「お久しぶりですおじさま!」

他「…」

ユウキ「ナズ姉、どういうこと?」

ナズ「うちの父さん昔っからすっごいシルフ ィとなかいいんだよねー」

ユウ「いや、いいとかの問題じゃねーだろ」

ナズ「ちなみに趣味のお菓子作りを始めたのもシルフィのためだぞ」

ユウ「やベーな」

アモ「そんなにシルフィ様が愛情を注がれているのに嫉妬しないのですか?」

ナズ「大丈夫だよ、私と互角にやりあえるようになるって言って騎士団長と稽古してくれてるし」

ユウ「もうなんも言えねー」

国「ユウキ殿、改めてここまでの護衛感謝する。ところでそなた、うちの娘たちに手は出しておらぬだろうな」

こいつ人国の王女自分のとこに取り込もうとしてるぞ!

ユウ「そんなことしておりま…」

ナズ「一度やりあったがすごかったぞ!」

国「なんだとこら!?」

ユウ「誤解を招く言い方すんな!」


説明中


国「そうであったか、取り乱して悪かったな」

ユウ「いえいえ」

国「これはシルフィの護衛依頼の褒美だ」

中には金貨が100枚入っていた。ちなみにお金の価値は

鉄貨=10円
銅貨=100円
銀貨=1000円
金貨=10000円
白金貨=100000円
黒金貨=1000000円

つまり1000万円である

ユウ「は!?」

国「どうした、少なかったかの?」

ユウ「いやいやいや多すぎです」

国「そんなこともないぞ、王女というだけで値段は上がるし狙うやからも多いからまた上がる」

ユウ「シルフィが好きすぎてこんな値段なのかと思った」

国「そ、そんなことないぞ」

ユウ「…」

国「な、なんじゃ」

ユウ「なにも」

国「そうか、まぁこの国にも何日か滞在するじゃろうしまた頼む」

ユウ「はい」

「転生魔王、冒険者になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • 澤丸

    金貨10000が100枚で千万?((((;゚Д゚)))))))

    0
コメントを書く