転生魔王、冒険者になる

ノベルバユーザー167873

12話 ドラゴン退治(終結)

お気に入り登録20越えました!ろくに更新してないのにありがとうございます!これからもよろしくお願いします!












スズとライカの戦いが始まった

「これでも食らえなのじゃ!」

ライカはブレスをスズに向かって放つ。黒龍なだけになかなかの威力だ

「そんなへっぽこブレスに負けないです!」
「へっぽこじゃと!?」

スズが水砲で相殺する

どこがへっぽこだよ…

スズとライカの戦いはお互いが攻撃をしては相殺するの繰り返しで全然らちがあかない

「もうめんどくさいから身体強化とブーストで一気に終わらせてやる!」

スズのステータスが爆発的に上がる

「これは我も本気を出さねばキツイな。竜化!」

ライカの姿が日○昔話風の龍の姿からドラゴンのような姿になった

「この姿になるのも久しぶりじゃな、最近はずっと籠っておったしそんなに強いやつがおらんかったからの」

「おー!かっけー!」

ユウキが目をキラキラさせる

「じゃろじゃろ!お主わかっておるな!」
「そんなに余裕ぶっこいてると殺られますよ?」

一瞬でスズがライカとの距離を詰める

「そんなんで我は死なぬぞ」
「ぐっ!」

今まで拮抗していた実力差が少しライカが優勢になった

「これはキツイですね」
「どうしたのじゃ?余裕がないのー」
「そんなこと無いです!」

しかしどんどんとスズが追い込まれる

「これでも食らえ!」

スズが全魔力を使いばかでかい氷の塊を放つ

「そんなもの吹き飛ばしてやるのじゃー!」

ライカも対向し炎の塊を放つ

「ドオォーーーン」

ぶつかった瞬間暴風が吹き荒れ回りの岩壁が崩れ去る

「おー!」

ユウキは余裕そうにアモンとミルを守るために決壊を貼る

爆風が晴れるとスズとライカが倒れていた

「もう無理です、魔力切れで一歩も歩けないです」
「妾もじゃ」
「しゃーねーな『オールヒーリング』」
「すごいの、ヒーラーでもないのにここまでの回復はなかなかじゃぞ。普通は傷やHP野回復だけで魔力の回復はできんのじゃぞ?」
「そーなのか?」
「ユウキ様、そろそろ自覚してください。あなたは異常です」
「グハッ」

ユウキは膝から崩れ落ちた

「す、すっげーストレートにいうのな」
「そろそろ自覚してほしかったからですね」
「え!?ご主人気づいてなかったの!?」
「カハッ」
「お主ら、もうあやつのHPは0じゃぞ!」

なんでそのネタしってんだよ…

「なあライカ、うちのパーティ入らないか?」
「パーティとな?」
「おう、悪いやつならそのまま討伐しようと思ってたんだがいいやつだしな」
「突っ込み役としても完璧ですしね」
「させとるのはお主らじゃろ!?」
「「「完璧だな(ですね)」」」
「なぜじゃー!!」
「で、どうする?」
「まぁここにいても暇じゃしの。」

するとライカが光だした
そして光が収まると15歳ぐらいの少女がいた

「お前ライカだよな?人化なんてできたのか?」
「今できるようになったのじゃ」
「のじゃロリババア…」
「アモン、聞こえておるのじゃぞ」

確実にライカが落ち込んでいる

「ライカ、認めろ」
「うるさいわ!お主には言われたくない!」
「まぁライカもパーティに入ってくれるし、それじゃぁ帰るか!」
「あの、私のこと忘れてないです?」
「「「「ごめん…」」」」
「ひどいですぅ」


結局ぐだって帰ったのは真夜中だった

「転生魔王、冒険者になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • 爽健美茶1205

    ロリとケモミミは布教しないと

    0
コメントを書く