転生魔王、冒険者になる

ノベルバユーザー167873

9話 ドラゴン退治(準備)

こんにちは!お気に入り登録が10人を越えましたー!何事も小さなことからこつこつと!ということでこれからもよろしくお願いします!










「ん、んーん…」

ユウキは体の重さで目が覚めた

「なんか体が重いんだけど」

意識が覚醒するとその重さが体に何かが乗っている重さだとわかった

「んー、あ、ご主人様おはようございます」

なぜだろう、目の前に10歳くらいの知らない女の子が裸で挨拶してきた

「誰?」
「え!?ひどくないですかご主人様。スズですよ。スズ」
「んー?夢か」
「現実逃避して寝ようとしないでください!人化出来るようになったんです!」
「あーなんかそんなスキルもあったな」
「ご主人様ご飯まだですか?お腹すきました」
「その前に服着ろ、アモンが来たらどうするんだ」
「ユウキ様、食事の用意が…」

気まずい空気が流れる

「ユウキ様、そういうご趣味があったとは」
「ちがう!ちがうから、だからそんなゴミを見るような目で見ないでー」

ユウキは何とか誤解をとき、今3人で朝食をとっていた

「今日はいよいよドラゴン退治だな」
「そうですね、ワイバーンでしたら近くでもいるので日帰りで行けますよ。まぁ今まで修行で倒してきた敵の方が強いので何とも言えませんが」
「なら3人で遠出でもするか。スズも人化になれるために途中適当に魔物でも倒せばいいし」
「では一週間ほど離れたケリドスの谷というところに黒龍という、龍のランクで白龍と並んで3番目に強い種族です」
「じゃー実力試すにはちょうどいいな」

ユウキとアモンとスズはここ一週間でかなり強くなっていた




『ステータス』
 
 【名前】ユウキ
 【種族】大魔王【性別】男性 【年齢】18
 【称号】魔王 転生者    覇者
 【レベル】MAX
 【体力】???/???
 【魔力】???/???
 
 【魔法】
  創造魔法Lv.MAX
  全属性魔法Lv.MAX
        (火、水、風、光、闇)
        時空魔法Lv.MAX
        空間魔法Lv.MAX
        神魔法Lv.MAX
        
    【スキル】
  鑑定
  アイテムボックス
     剣術Lv.MAX
        魔術Lv.MAX
        体術Lv.MAX
  身体強化Lv.MAX
        自動回復
        吸収
        神気解放
        鬼神化
        
    【加護】
        全能神の加護

    【従魔】
        スズ(スライム)



『ステータス』
 
 【名前】アモン
 【種族】魔族【性別】女性 【年齢】?
 【称号】魔王に使えるもの 魔道王 剣聖
 【レベル】287
 【体力】56,000,000/56,000,000
 【魔力】187,000,000/187,000,000
 
 【魔法】
  創造魔法Lv.MAX
  全属性魔法Lv.MAX
        (火、水、風、光、闇)
        時空魔法Lv.MAX
        空間魔法Lv.MAX
  
    【スキル】
  鑑定
  アイテムボックス
     剣術Lv.MAX
        魔術Lv.MAX
  体術Lv.MAX
        身体強化Lv.MAX
  物理耐性Lv.MAX
  魔法耐性Lv.MAX
        家事術Lv.MAX
        吸収
        影魔法Lv.MAX
        自動回復
        限界突破

    【加護】
        前魔王様の加護



『ステータス』
 
 【名前】スズ
 【種族】キングスライム【性別】女性 【年齢】-
 【称号】ユウキの従魔
 【レベル】215
 【体力】46,000,000/46,000,000
 【魔力】80,000,000/80,000,000
 
 【魔法】
  水魔法Lv.MAX
  風魔法Lv.MAX
        時空魔法Lv.MAX
        爆撃魔法Lv.MAX
        
    【スキル】
  吸収
        自動回復
        打撃無効
        ダメージ吸収Lv.MAX
        魔法強化Lv.MAX
        身体強化Lv.MAX
        人化
        ブースト

    【加護】
        ユウキの加護



「なんかレベルは上がったけどスキルが余り増えてないな」
「スキルなんてここまで来ればなかなか増えないですよ」
「私たちでも勝てるかな?」
「どうですかね?私も直接見たわけではないですから」
「今日はとりあえずギルド行ったり食料や足を調達するか」
「そうですね、食料などはアイテムボックスがあるので問題ないですが転移は一度行ったことのあるとこにしか行けませんからね」
「明日には出発できるようにそろそろ行くか!」
「「はい!」」


        
        



「転生魔王、冒険者になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • リムル様と尚文様は神!!サイタマも!!

    スライムって性別あるんだ

    1
コメントを書く