転生魔王、冒険者になる

ノベルバユーザー167873

6話 新しい仲間

「アモン、ゴブリン多くない?」
「多いですね。普通はこんなにいないのですが、近くに集落でもあるんですかね」
「敵察知使うか」

敵察知をすると近くにゴブリンと見られる反応が200ほどあった

「多くない!?弱くてもめんどいなー。あの場所に炎魔法打ち込んでいい?」
「受付の方によると倒した敵は冒険者カードに記録されるそうなので大丈夫ですよ。ですが回りに人がいないか確認だけお願いしますよ」
「はーい」

ユウキは回りに人がいないか確認し、いなかったため殲滅することにした

「じゃー行きますか『エクスプローージョン!』」

どこぞの爆○狂を思わせる爆裂魔法がゴブリンの集落を襲う

ドカーーーーーン!

「いいですよ私が直せばいいんでしょ」
「ごめん、アモン。毎回悪い…」

アモンが直してくれたあとギルドに帰ることにした

「次はもっと手応えがある敵がいいなー」
「そうですね、近くの山にドラゴンがいるところがありますがそこに行きます?」
「いいな!明日いこ!」
「はい!」

そんな話をしているとすぐ近くの草むらが揺れていた

「ん?なんだポ○モンか?」
「ユウキ様ポ○モンとはなんですか?」
「僕の元いた世界で流行ってたもの」
「そうなんですか」

そのとき目の前に『ぷるん』という効果音と共にそいつは来た

「スライムだ!本物だ!そういえばこの世界に来てから見てなかったな」
「すごい嬉しそうですね」
「当たり前だ。異世界に来たら一度見たかったんだ!やべーすごいぷるぷる。すっげー可愛い」

急に抱き締められたスライムは始めは驚いたような感じだったがすぐになついていた

「なんだかすごいなついてますね。うらやま…じゃなくてテイムしてみてはどうですか?」
「する!お前ついてくるか?」
「ぷるぷる!」
「そうかそうか。じゃーテイムするぞ『テイム』」
「成功しましたね。名前どうします?」
「んー、青くて抱き締めると冷たいからスズ!今日からお前の名前はスズだ!」

どこかで聞いたことあるようなセリフなことは露知らずスズは嬉しそうに跳ねていた

「スズ、今日から俺がお前を最強のスライムにしてやるからなー」
「こんなにも喜んでいるユウキ様すごく可愛いです」
「なんか言った?」
「い、いえ何も。それよりも受付で従魔登録してもらいましょ!」
「そうだな、行くぞー!」
「おー!」「ぷるぷる!」

そして新たにユウキのパーティにメンバーが加わった

「転生魔王、冒険者になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • リムル様と尚文様は神!!サイタマも!!

    この人かな?「私は、爆裂魔法しか愛せない!!」

    1
コメントを書く