転生魔王、冒険者になる

ノベルバユーザー167873

3話 この世界の現状2

  
  すいません、2話で訂正した点があります。3話更新前に読まれた方はご確認ください。







『ステータス』
 
 【名前】ユウキ
 【種族】魔王【性別】男性 【年齢】18
 【称号】生まれたての魔王 転生者
 【レベル】1
 【体力】50,000/50,000
 【魔力】86,000/86,000
 
 【魔法】
  創造魔法Lv.MAX
  全属性魔法Lv.MAX
        (火、水、風、光、闇)
        時空魔法Lv.MAX
        空間魔法Lv.MAX
  
    【スキル】
  鑑定
  アイテムボックス
     剣術Lv.MAX
        魔術Lv.MAX
  体術Lv.MAX
  身体強化Lv.MAX

    【加護】
        全能神の加護

あの人全能神って聞いてないし!しかもスキルLv.MAXじゃん!

「なあアモン、このステータスってどうなの?」
「さすがユウキ様です!このステータスなら人国の騎士団団長相手でも余裕です!」
「マジで!?そういえばアモンってどれぐらいなの?」
「私はこんな感じですよ」

『ステータス』
 
 【名前】アモン
 【種族】魔族【性別】女性 【年齢】?
 【称号】魔王に使えるもの 魔道王 剣聖
 【レベル】125
 【体力】1,500,000/1,500,000
 【魔力】2,000,000/2,000,000
 
 【魔法】
  創造魔法Lv.MAX
  全属性魔法Lv.MAX
        (火、水、風、光、闇)
        時空魔法Lv.MAX
        空間魔法Lv.MAX
  
    【スキル】
  鑑定
  アイテムボックス
     剣術Lv.MAX
        魔術Lv.MAX
  体術Lv.MAX
        身体強化Lv.MAX
  物理耐性Lv.MAX
  魔法耐性Lv.MAX
        家事術Lv.MAX
        
    【加護】
        前魔王様の加護

「あのーアモンさん?強すぎじゃないですかね」
「そんなことないですよ。まぁ前魔王様がお亡くなりになられましたので魔族最強ではありますが」
 
マジか…アモンさんさすがです

「てか年齢?って?」
「それは私が部分的に隠しているからです。年齢は乙女の秘密です」

それもう歳いってるって言ってるようなもんじゃん。まぁ言ったら殺される可能性もなきにしもあらず。言わぬが仏である

「この世界で仲の悪い種族とかいるの?」
「そうですねー、あまりそういうのは無いですが一部ではそういう者もいます」
「んーまぁそんなもんか」
「そういえば武器を作られてはどうですか?創造魔法Lv.MAXなら神器とかも行けますよ」
「え、マジで!?神器ってそんなに簡単に作れていいの!?」
「けして簡単では無いですよ。そもそも創造魔法Lv.MAXの者もほとんどいませんし相当な魔力を使いますので魔族やエルフでもほとんど作れる者はいませんよ」

まぁそりゃそうか。俺なら作れるらしいし作ってみるか!
 
「どうやって作るの?」
「作りたい種類、剣なら剣を想像して『武器創造』と唱えればできます」
「なら剣を作ってみるか!『武器創造!』」

すると一瞬辺りが光り、光が収まった頃には目の前に禍禍しい魔力をまとった剣があった


        

「転生魔王、冒険者になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く