転生魔王、冒険者になる

ノベルバユーザー167873

1話 転生しました

「あれ、ここどこ?
あー、俺転生して魔王になるんだんだっけ?」

俺ことユウキは高校でのいじめにより自殺した。だが、たまたま自分の納めている異世界の魔王が寿命で死に、次期魔王となる転生者を探していた神に選ばれ、チートをもらい魔王になることになった

「お目覚めですか、魔王様」
「あなたは?」
「私は魔王様の専属メイドを勤めさせていた      だいているアモンと申します」

目を覚ますとベッドで寝ている俺の横にアモンという20ぐらいの女性がいた。メイド服を着ており、ものすごく綺麗な俺の理想的なメイドだった

「アモン、何故俺はここで寝てるんだ?」
「それは先ほど神という自称神が次期魔王を見つけてきたと言って魔王様をここに召還されましたのでお目覚めになられるまでここで見守っておりました」

いや、何自称神って。まぁ、確かに普通神に話(念話)かけられることなんて無いだろうし普通っちゃ普通か。これからどうしようかなー。どうせ転生したなら冒険者やってみたいんだよなー

「なあアモン」
「どうなさいました?」
「俺冒険者やりたいんだけど?」
「ふぇ?」

そんなに変だっただろうか、あ、でも魔王なんだから普通はずっと城にいるのか。アモンの返事すごい変な声になっちゃってるし

「そ、それはどういうことですか?」
「いや、なんか憧れというか、一度やってみたかったんだよね」
「そ、そうですか…まぁ別にこの国は何年もの間ずっと平和ですし人類の国ともうまくやってますから大丈夫でしょうが」
「え!?じゃあやっていいの?」
「いいですよ」
「やったー!でもこの国はどうするの?」
「それは私どもにおまかせ下さい!」
「え!?」

アモンと話していると執事の服を着たお年寄りが部屋に入ってきた

「あ、あなたは?」
「私はこの城で執事長を勤めております、セバスと申します」

すげーお決まりな名前なんですけどー

「おまかせ下さいって?」
「私これでも前魔王様の納められていた際のほとんどの仕事を行っておりました。魔王様の代理となり、魔王様が安心して冒険者業を行えるよう勤めさせていただきます!」

なにこの人、すごすぎるでしょ!?一人でほとんどの仕事してたって何!まぁ任せられるなら任せるか

「ではお願いしてもいいですか?」
「おまかせ下さい!今よりさらにいい国にして見せます!」
「あの、私も着いていってもいいですか?」
「え、アモンも来てくれるの!?」
「はい、その…ダメでしょうか?」

何その急な上目遣い!反則でしょ!

「もちろんいいよ!」
「ありがとうございます!」
「それなら早速行くか!」
「はい!」

そして魔王が冒険者になるという異例の事態が起きていることを国民や人類が知るはずもなかった

「転生魔王、冒険者になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く