スキルイータ

北きつね

第三十五話

/*** カスパル=アラリコ・ミュルダ・メーリヒ Side ***/
 非常に困惑している。一昨日の様子だと、明日にも、ミュルダに向けて、兵を進めようとしていた、アンクラム・・・いや、アトフィア教のやつらが、急に尻窄みになったと報告が届いた。時間差があるだろうが、一昨日まで来ている情報では、確実に兵と兵站をまとめていたようだが、昨日の報告では、一部のアトフィア教・・・狂の奴らが、騒いでいるだけで、兵も解散されているようだ。

 それに、街に居た奴隷-隷属された-獣人の姿が見えなくなっていると報告に上がっている。

 今日の報告が届いた。
 密偵を、部屋に呼んで問いただした。

「どういうことだ?」
「はい。よくわからない状況なのは間違いありません」
「いま、発生している事を、全部話せ」
「はっ」

 密偵が見たことを要約すると、ミュルダに向かうはずだった兵の一部が、ブルーフォレストに、隷属化された獣人と共に向かったということだ。

 そして、噂はなしのレベルだが、アンクラムの街に派遣されてきていた、アトフィア教の司祭数名が、ブルーフォレストに冒険者や奴隷商と、一緒に向かって、帰ってこないらしい。内部まで調べられないので、市井の噂はなしなのだが、暫く姿を見ていないらしい。

 どうやら、攻めるために、獣人を盾にでもしようとしたのだろう、ブルーフォレストに向かって、そのまま返り討ちにでも有ったのだろうか?
 そんなことが考えられるのだろうか?

「ブルーフォレストには、どのくらい向かった?」
「最初に、3,000~4,000。今回は、多くても500程度だと思われます」
「え?その数に間違いはないのか?」
「はい。残されている、兵の数を考えますと、ほぼ間違いないかと思われます」

 アンクラムは大きな街だが、常備兵は、5,000程度のはずだ。アトフィア教や奴隷商の護衛を連れて行ったとしても、ほぼ全軍をあげての出兵は考えにくい。

「いま、残っているのは?」
「多くても、2,000程度です」
「その根拠は?」
「アトフィア教の人間が、大広場で、全兵力で、ミュルダを落とすと宣伝していまして、そのときに集められた兵数が、1,500でした。領主直轄の兵が、500程度居ますので、2,000程度と判断しました」
「そうか、解った、また何か、聞きたいことが有るやもしれん。館で休むようにしろ」
「はい」

 様子見だな。
 サラトガの奴らの動向も気になるし、手駒が足りないのも事実だ。

/*** イサーク Side ***/

 ツクモ殿との会談が終わった。正直、疲れた。ツクモ殿に関しては、考えや仕草が、年齢相応には見えないが、怖さという面では、それほどでも無い。ただ、周りに居た者からの威圧感が半端なかった。

 それよりも、今は、ナーシャだ。
 こんな形で、アントンの死を知ってしまったのだ。俺と、ピムとガーラントで、これからの事を話し合っている最中にも、部屋から一歩も出てこなかった。

 ガーラントとピムは、武器と防具を見てくると言っていた。俺は、ナーシャのことが気になったので、残ることにした。

「ナーシャ。ナーシャ」

 部屋からの返事は無い。雰囲気で、部屋に居ることはわかる。スキルをつかっても良かったのだが、ナーシャが自分から部屋を空けてくれるのを待つことにした。

 鍵が空けられて、ドアが少し開いた。

「ナーシャ!」
「イサーク?」
「あぁ大丈夫か?」
「へ?」

 間が抜けた声が帰ってくる。
 心配になって、ドアを思いっきり空けた。

「え?なに?あげないよ?」

 あぁぁぁ悲しんでいるわけじゃなかった・・・。

「ナーシャ・・・」
「え?なに?」
「おま、俺の心配した時間を返してくれよ」
「え?なんで?」

 ナーシャは、どこから持ち出したのか・・・いや違うな。持ってきてもらったのだろう。大量のクッキーをテーブルの上に広げていた。

/*** ナーシャ Side ***/

 兄さんのことは、なぜか吹っ切れてしまった。あれだけ心配していたのに、ステータスカードを見たら、”あぁやっぱり”という感じになってしまった。悲しい、悲しいが、イサークを失うことを考えたときよりは、ショックが少ない。
 薄情なのだろう、パパが無事だと教えられた時も、”良かった。無事なんだ”と思っただけだった。

 巫女姫。
 それが、私の白狼族での役割だった。

 私は、それが嫌だった。族長の娘だから・・・固有スキルに、レベル5念話が付いているからだ。竜族との会話は、念話が必須になる。レベル5念話はスキルカードで入手できるが、利用制限が有るために、常に使うことができる、固有スキルが絶対条件になってくる。
 なぜか、黒狼族には”念話”の固有スキル持ちが産まれない。白狼族には、私のように、”念話”持ちが産まれることがある。

 そして、巫女姫として育てられる。
 育てられて、黒狼族に嫁入りする。相手は、黒狼族の一番の戦士になり、子供は、白狼族で大事に育てられることになる。

 それがイヤで、白狼族から逃げ出した。
 そして、白狼族から出た者が領主をやっている、ミュルダの街に逃げた。家出だ!

 途中で、ガーラントと出会った。ガーラントは、竜族の噂を聞いて、ヒルマウンテンに登ろうと考えていたが、1人では無理だと悟って、ミュルダでパーティーを探すつもりだと言っていた。
 アンクラムから行けば近いのは知っていたが、サラトガ経由で、ミュルダに向かうことにした。

 ミュルダの街では、私は歓迎された。
 そこで、イサークとも出会った。

 その後で、私を追ってきた、兄さんも、ミュルダに留まって、領主の仕事を手伝うようになっていた。領主の息子さんに、忠誠を捧げたと話していた。すごく嬉しそうにしていたことはよく覚えている。

 黒狼族に嫁入りがイヤで逃げ出したのに、なぜか、その黒狼族のイサークと一緒に居る。
 そして、なによりも、イサークが大事だと思えるようになってしまっている。

 兄さんは、カスパルさんと一緒に逝けたのかな?
 最後まで、戦ったのだろうな。兄さん。幸せだったのかな?カスパルさん。クリスちゃんを可愛がっていたからな。大丈夫。なんでか、わからないけど、ツクモ君って言ったら怒られそうだけど、ツクモ君がなんとかしてくれる。
 巫女姫の”かん”がそう言っている。もう、純潔を守っていないから、黒狼族に嫁入りの話しは出てこないだろうから、パパの所に行ってもいいけど、なんか合わせる顔がない。

 でも、でも、パパたちも、ツクモ君に忠誠を誓ったのでしょ?
 獣人族で、群れで生活している人たちが常々言っている、忠誠を捧げる人。我らを導いてくれる人。それが見つかったのなら良かった。

「ナーシャ様」
「はぁーい」

 ドアを開けると、ドリュアスが、大量のクッキーと、ジャムを持ってきてくれた。
 イサークたちにばれないように、念話でお願いしたのだ!念話持ちだったのが、これほど嬉しいことはない。ドリュアスは、スーン殿に確認を取ってからと言っていたが、こうして持ってきてくれた。

「ナーシャ様。それから、大主様から、”これ”も一緒に持っていって欲しいと、言われまして、お持ちしました。どうぞ、お収めください」

 渡されたのは、小さなバックだ。
 ドリュアスの説明を聞くと、腰の所に巻き付けたりするバックで、ポーチと呼んでいた。それに、収納のスキルが付いていて、私が気に入った、ジュースや蜂蜜が入っていると説明された。

 馬鹿な私でもわかる。これは、かなり高価な物だ。
 時間停止が付いているようなアーティファクトではないらしいが、時間経過がかなりゆっくりになるようだ。1/1,000 程度に抑えられていると言っていた。そんな物を簡単に渡して良い物ではないと断ろうとした

「ナーシャ様。大主様から、”もし、気になるのでしたら、貸します。ミュルダに帰る時にお持ちください。そして、帰ってきたら、返してください”と、いうことです」
「え?あっわかった。ツクモ様に、借ります!とお伝え下さい」
「はい。ありがとうございます。中身は、どうぞ食べてください。ナーシャ様の好みに合っていると思います」
「うん!ありがとう」

 ドリュアスは、何かありましたら、控えていますので、お声がけくださいと言って、部屋から出ていった。

 収納袋は、何度か使ったことがあるからわかる。
 魔力の消費が大きいから、狩りで大物を仕留めた時にしか使わない。渡されたポーチは根本的に違うようだ。魔力は、手を入れるときに、少しだけ消費されるようだ。

 そして、中身が頭の中に浮かんでくる。これは同じだ。
 取り出したい物を、頭の中に浮かんだ物を掴むイメージで魔力を流す。手に、なにか触る感触が伝わるので、掴むと、取り出せるようになる。

 本来なら、ここで、取り出しで消費されたであろう、魔力を注ぐのだが、このポーチでは必要ない。
 通常の使い方のように、魔力を注いでも、魔力を取っていかないのだ。通常の使い方では、魔力を注がないでいると、効力が切れて、中身がバラバラと出てくるのだが、そんな気配もない。
 様子見で、一時間程度身につけていたが、魔力を消費した感じはしない。でも、収納のスキルは使えているようだ。

 中からクッキーを取り出して食べる。
 できたてのように、温かい、そして、甘くて美味しい。本当に、沢山作ってくれてある。さっきの会議で貰った物も収納しておく。

 すごく便利!

 ツクモ君から貰った服や、下着も全部入れてもまだ入りそうな雰囲気がある。イサークに買ってもらった服やアイテムも入れる。兄さんたちのステータスカードもなくさないように、しっかりと保管する。

「ナーシャ。ナーシャ」

 イサークだ。
 今、服、脱いで着替えて、下着もつけてな・・。

「ナーシャ!」

 よし、大丈夫。
 下着も付けた、洗ったやつだ。洗ってない汚れた物は、ポーチにしまった。よし大丈夫!

 鍵をあけて、少しドアを広げた。

「イサーク?」
「あぁ大丈夫か?」
「へ?」

 何が?大丈夫だよ。危険なことなんてしていないよ・・・ね。

 もしかして、クッキーが欲しくなったの?
 それとも、甘い飲み物!

「え?なに?あげないよ?」
「ナーシャ・・・」
「え?なに?」
「おま、俺の心配した時間を返してくれよ」
「え?なんで?」

 どうしたの?
 何を呆れているのかわからないよ?

/*** カズト・ツクモ Side ***/

「どうだ?」
「彼らなら、二人は居住区に向かいました」
「わかった、ダンジョンに行くと思うか?」
「はい。十中八九」
「わかった。スーン。できるだけ、安全に入れるように注意してくれ。ライ。眷属たちにも頼んでおいてくれ」
『わかった』

 これで暫くは時間ができるだろう。

「さて、カイ。ウミ。ライ。竜族に会いに行くのか?」
『主様』
「ん?」
『スキルの整理はよろしいのでしょうか?』
「そうだな。誰が一緒に行く?」
『僕とウミとスーンと考えています』
「ライは?」
『ライには、ダンジョンでの、スキル集めをしてもらおうかと思っています』『あるじ。あのね。変わったスキルが、沢山有ったの!それでね。ダンジョンでも探してみたい!』
「あぁいいよ。そのスキルって何?」
『レベル6目印や分析』
「何枚かあったのか?」
『うん。目印は、5枚で分析は4枚かな?兎族の種族スキルが、分析みたいだから、多分、兎族を人族が殺したときに得たんじゃないかな?』
「そうか、分析が欲しくて、兎族を殺すのも、ダメだろうからな。ライ。頼むな」
『うん!』
「そうだ。カイ。階層を少し進めるか?実験の結果も出始めているし、次の段階に行ってもいいだろう?」
『主様。そのために、竜族を優先しましょう』
「そうか?」
『はい。僕とウミだけでは、これから攻略が進まないかも知れません』
「スーンやライや、ヌルたちも居るだろう?」
『そうですが、相手もスキルを使い始めていますから、それに対抗する必要があります』
「安全マージンを考えてだよな?」
『もちろんです』

 実験結果を確認してから、次の実験の指示をして、竜族を訪れてもいいだろう

「スキルイータ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く