スキルイータ

北きつね

第二十七話

 さて、どうしたものか?
 目の前で行われている事を、どう理解したらいいのだろうか?

 俺は、獣人族の救出を行った。ここまでは、俺の気分の問題だ。俺がやりたいから、”やった”だけだ。

 救出した獣人族を引き連れて、拠点に帰ってみれば、岩山の麓に、石壁が出来上がっていた。どのくらいの長さがあるのだろうか?
 確かに、”獣人族を連れて帰る”と伝えた、伝え方が悪かったのか?2,000名規模なら、こんなにいらないよな?
 数キロ・・・スーンからの報告では、5キロ位になるのだろう。扇形に石壁が作られている。俺がなんとなく言った事を覚えていて、岩山の麓に、集会場や重要な施設が集中する形になっていて、下水道や上水道も作られてた。

 これだけの物を、2日程度で作り上げたことに驚愕する。
 魔蟲やエントたちが大活躍と言っても、俺の常識では考えられない。石壁は、それほど高くない、3m程度だろうか?ここにも、堀があって、水入れは、行われ始めている所だ。水が溜まっていない事を、謝罪された。
 水は、上から流れ出て、森の川に繋げていた物を使ったようだ。堀の深さは、10m程度だろう。十分の深さと幅をもたせてあるようだ。

 さすがに、居住する建物は作られていなかった。
 獣人族が住みやすいようにさせるようだ。中央に集まるように通路が作られていて、その通路には、建物を置かない約束になる。また、下水道にも必ずつなげる事が約束として告げられているようだ。

 あとは、獣人族の代表や族長が、うまくやってくれる事を祈ろう。

 一通りの儀式を終えて、洞窟の家に戻る事にした。ピム殿たちには悪いが、明日以降にしてもらう事にした。

「大主。ピム殿は、明日の面談を希望されています」
「そうか、わかった。時間の調整は任せる」
「かしこまりました」

 ピム殿たちの事もあるが、獣人族を落ち着かせる方が先だろうな

「獣人たちの家は間に合わないよな?」
「はい。申し訳ありません」
「いや、人数が人数だからしょうがないけど、食料とかも無いだろう?」
「数日分は、泉の周りで確保して渡していましたし、自分たちで狩りに出ていたので、多少はあると思います」
「そうか、それじゃ心もとないだろう。腹だけでも満たして欲しいからな、スーン。獣人族に、十分な食料を手配してくれ、それから、ライ!」
『はい!』
「ダンジョンに入って、適当に美味しそうな肉を狩ってきてくれ」
『わかった。ヌラたちも連れて行くね』
「あぁ頼む」

『主様』『カズ兄!』
「ん?」
『僕たちは、主様と一緒に居ます。冒険者と合う時に、一緒に居たほうがいい』
「大主。私も、カイ様とウミ様は、ご一緒の方が良いと思います。ダンジョンは、エントとドリュアスも向かわせます」

「そうか、それなら、采配は任せる。絶対に、無理はするなよ。それから、スーン。獣人族の族長には、お前から渡して欲しい、そのときに”家の準備が間に合わなくて済まない。疲れているだろうから、腹だけでも満たしてくれ”と伝えてくれ」
「かしこまりました」

 ライはダンジョンで、食料になりそうな魔物の確保。
 カイとウミは、俺に付き従う。
 スーンは、雑事を担当してもらう。

 一応の方向性が決まった。

「他に、なにかあるか?」
「大主に、お聞きしたい事があります」
「ん?」
「いえ、獣人たちに、ダンジョンを公開されるとお聞きしていますが、転移門はどうされますか?」

 そうか、転移門・・・今は、ゴミ置き場に設置しているのだよな。
 その先に、魔蟲の間がある。地上に繋がる、階段があるけど、それを、別の場所につなげれば、大きな問題は、俺の実際の部屋につながってしまう事と、正面への入口の問題くらいだよな。
 正面は、滝で隠れているから、問題ないし、もう塞いでしまおうかな。空気穴だけあれば問題は無いだろう。

「転移門の移動ができるかわからないから、今の所は、階段を、正面への通路に繋がる場所に設置して、あとは、塞いでしまおう」

 それから、スーンとライを交えながら、微調整を行って、なんとなく安全が確保できる形での運用ができそうだ。
 スーンからの提案で、転移門の近くに、待機部屋を作成する事になった。待機場所は、6部屋。俺たち専用の待機部屋が用意されて、そこから、洞窟の広間に繋がる。それ以外の待機部屋は、仕掛けは無いが、休めるようになっているだけの部屋だ。

 スーンがこれらの事をまとめて、眷属たちに指示を出して作成が開始される。

『あるじ』
「なに?」
『解除させた武装はどうするの?』
「あぁそうだな。スーン。獣人たちに渡していいか?」
「少しお待ち下さい」

 スーンとしては、必要最低限以上の武器や防具は渡したくないという事だ。
 理由としては納得できる物だが、必要最低限というのがわからない。

 膝の上でくつろいでいた、カイが身体をおこして
『スーン、気にしすぎですよ』
「カイ様?」
『スーンは、主様が、武器を持った獣人族に襲われないかと思っているのでしょ?』
「えぇそうです」
『それこそ、問題ないよ。僕も居るし、ウミも、ライも、居るよ。それに、常に、スーンたちの誰かが居るよね?』
「そうですが、必ず、大主と一緒に居るとは限りません」
『うーん。こう言ったらわかるかな。主様の近くに、誰も居なくなるような事態が発生しないようにすれば、別に獣人程度が武装しても怖くないよね?獣人程度が100人集まって、”なにか”しようと思ったとして、それを実行させなければいいだけだし、100人も動けば、僕たちがわからないはずが無いよね?それに、スーン。前に、キミが言っていた件だけど、ヌルの配下が見つけたみたいだよ』
「本当ですか?」
『うん。まだ正しいかわからないけど、もう少ししたらはっきりすると思うから、そうしたら、主様と一緒に行ってみるよ。スーンも行くでしょ?』
「行ってよろしいのですか?」
『大丈夫でしょ。スーンも、”イリーガル”だから』
「あっありがとうございます」

 なにか、カイとスーンで話がまとまったようだ。
 肩に乗っていた、ウミの顎をなでている間にいろいろと決まったようだ。武器や防具は、獣人族のために作った場所--面倒だから、居住区と呼ぶことにした--の、集会場の近くに、倉庫を作って、そこに、全部保管する事になった。ついでに、洞窟の中にあった物や、俺たちには使いみちがなさそうな物も合わせて、置いておくことにした。使わないスキルカードも合わせて置いておくことにした。

「スーン。そう言えば、獣人族も、スキルカードで物品のやり取りをするのか?」
「いえ、基本は物々交換です」
「そうか、その延長で、スキルカードを使う場合があるというくらいか?」
「そうです」

 ふむ、そうなると、スキルカードは、ダンジョンに入るときに使うくらいだろうか?
 まぁ考えてもしょうがない。まずければ、後で考えればいいだろう。

 スーンに、獣人族の事を頼んで、俺は風呂に入って一休みする事にした。
 さすがに疲れた。ログハウスの風呂も広くて気持ちがいいが、洞窟の風呂も丁度いいサイズで気持ちがいい。身体のサイズに合わせて作ったので、そのうち改修が必要になるかもしれないな・・・必要になるはずである。
 そう言えば、こちらに来て数年・・・身長が伸びた形跡がない。もう成長が止まったとか・・・そんなわけないよな?

 布団の上で、スキルカードの説明を確認していると、洞窟の部屋に、ドリュアスが入ってきた。

「獣人族の代表が、面談を求めております」
「そうか・・・上でいいよな?」

 横で寝ていた、ウミとカイを起こして、ログハウスに向かう。面談だから、会議室でいいと思ったが、謁見の間に連れて行かれた。

 どうやら、カイもウミも、ライも、スーンたちを含めて、全員が、俺に領主にでもなれというのだろうか?
 村長くらいならなっても・・・ダメだ、そんな事を言えば、なし崩し的に、王になる道筋が作られてしまう。

/*** 獣人族 Side ***/

 奴隷商人に捕えられていた獣人族と、カズトたちによって救い出された獣人族が合流した。
 他にも、森の中に逃げている獣人族が確認されており、エントたちによって、集められている。

 獣人族は、生き残りを確認している。
 少なくない犠牲が出たのは間違いないようだ。

 各種族が集まって話をして、確認をしている。

 やはり、戦闘部族は、大きな被害が出ているようだ。
 熊族は、長老衆がほぼ全滅だが、族長が生き残っている。白狼族は、族長が生き残っているが、戦える者のほとんどが戦死している状況だ。

 一番の被害は、豹族で、族長や長老衆も死んでしまっている。部族の戦える者で生き残ったのは、10名だけ、無傷な者が1人も居ない状況だ。女子供も半数以上が、アトフィア教の連中に殺されてしまったようだ。隷属化を受け入れた後でも、見せしめの様に殺されていった。

 黒豹族に関しては、族長が生き残って、戦える者もかなりの数が残っているが、無傷な者が皆無な状況だ。女子供は先に逃しているので、無傷な者も多いが、人族に捕まった者も多かった。

 獅子族も、族長や歴戦の勇者たちが、戦死している。女子供を守りながら逃げていた者たちも半数以上が戦死している。

 もともと、戦う方法がなかった、兎族や鼠族や、少し離れた所に集落を作っていた者たちは、無傷な者も多い。

 獣人族は、スーンが決めた通りに、中心部に、兎族や鼠族などの、生産型のスキルを持っている者たちを中央に配置して、外縁部に沿って、戦闘系の種族が配置するようにした。

 外壁の作成は、続けられている状況だ。門が三ヶ所、この場所を、どの種族が守るのかでもめていた。
 押し付けあっているのではなく、反対に、自分の種族が守ると言って譲らない状況なのだ。

「白狼族。お主たちは、門を守るには、少し、戦力が足りないと思うのだが?」
「そう言うが、豹族も同じではないか?」
「ここは、我ら獅子族が、門を守って、ツクモ様に」
「獅子族よ。お主らでは難しいのではないか?ここは、我ら熊族が守る。お主らは、安心して良いぞ」

「ねぇ兎族?」
「ん?何?えぇっと」
「あぁ猫族だけど、この辺りだと珍しいよね」
「うん。始めてみた」
「それはいいけど、あの族長たちどうして争っているの?」
「えぇと多分だけど、門を守る役目って重要なのでしょ?」
「そうなの?」
「猫族は違うの?」
「うん。僕たちは、基本気まぐれだからね。それに、ここって、ツクモ様の領地だよね?」
「うん。そういう事になると思うよ」
「それなら、門番も、ツクモ様に決めてもらえばいいと思うのだけど、なんで、争っているの?」

 兎族の子供と、猫族の子供の話を、近くで聞いていた、白狼族の族長ヨーン=エーリック。熊族の族長ロータル。豹族の族長代理ブリット=マリー。黒豹族の族長カミーユ=ロロット。獅子族の族長代理ウォーレス=ヘルズ。皆でお互いの顔を見ながら、うなずく。
 確かに、部族のプライドは必要だろう。だが、プライドのために、種族の立場を悪くする事は避けたい。

 種族の中から、戦士を出し合って、門を守る事にしたのだ。種族が生活する場所を決めて、それらを、ツクモに確認してもらって、承諾してもらう事にした。

 どんどん高くなっていく石壁と、水がたまり始めている堀を見て、安全は確保されたのだろうと考えている。

 そこに、兎族の族長が駆け寄ってきた。
「スーン殿から、皆で分けろと言われた者があるのだが、どうしたらいいかわからなくて、貴殿たちと相談したい」
「兎族の族長か?」
「あっはい。皆様。兎族の族長オーラフ=コステルです」
「そうか、コステル殿。儂らに敬語は必要ない」

 白狼族のエーリックが兎族の族長にそう答える。
 皆が、それにうなずいている。ブルーフォレストの中では、歴然とした力関係があったのだが、それも人族の襲撃で崩れてしまった。

「それならば、儂の事は、コステルと呼んでくだされ、それで、どうしたらいい?なにかの肉と、アプルやピチだけじゃなく、見たことがない物まで大量にあるのだが?」
「そうなのか?」
「あぁ儂らが、肉はあまり食べないと伝えると、大量の野菜も持って来てくださった」
「え?野菜?ここで?」
「まぁ一緒に来てくだされ」

 コステルに誘導されるまま、各種族の族長が、居住区の中央に向かった。
 そこには、大量の肉と、同じく大量の箱の中に入った果物、それと野菜が置かれていた。

 族長たちは、唖然として、目の前に置かれた物が、幻ではないかと思って、目を何度かこすってしまっている。

「コステル。これを、スーン殿が?」
「えぇツクモ様から”家の準備が間に合わなくて済まない。疲れているだろうから、腹だけでも満たしてくれ”と、言われて置いていかれた」

「おい。獅子族の・・・お主たちで、これだけの魔物を用意しようと思ったらどうなる?」
「無理だな。黒豹族の族長。お主たちは?」
「無論、無理だな。集落の者・・・いや、全員で狩りに出ても無理だろう、フォレスト・ボアならなんとかなるかも知れないが・・・それでも、この量は無理だな」
「そうだよな」

 後ろからついてきていた、兎族の子供が、族長に囁いていた。

「え?!それは、本当か?」
「どうした?コステル!」

 族長たちの視線が、兎族のコステルに集中する。

「あっすまない。これから、共同生活をする上で、隠しても、不信感を持たれてしまうかも知れないので、先に行っておくが、兎族の種族スキル”調査”と言って、何の魔物から取れる物なのか知る事ができる。そして、この娘は、ダブルと言って、固有スキルにも”分析”が付いていて、進化名まで判明するスキルなのじゃが、その肉の塊を”調査”したら、”グレード・ブルー・ボア”と出たそうだ、そして、そっちの方の肉は、”レッド・サラマンダー”と出たそうじゃ」

「え?」「え?」「は?」「何?」「はぁ?」

 全員が別々の反応をかえす。
 それもそのはず、カズトが提供した”ボア”は、グレートの称号と、”ブルー”の識別を持っている。
 ブルーの識別から、固有スキルで”水属性”のスキルを宿していたのだろう。グレートは、フォレストの上位になる。身体の大きさも、5mを簡単に超えてくる。

 同じく、サラマンダーは、火を吹くトカゲと言われて、獣人族の族長クラスなら、決死の覚悟を決めれば、倒すことが可能かも知れないが、”レッド”の識別を持っているとなると、話が変わってくる。”火属性”のスキルを宿していたのだろう。

 肉の量だけで、10トン近い量が届けられているのだ。それに、野菜や果物が大量に・・・だ。
 獣人族が呆れ返るのもわかる。全員で食べるにしても、4~5日は大丈夫だろう。

 獣人族は、ひとまず、大人・子供・男・女、関係なく、肉や野菜や果物を、平等に分配した。その上で、種族的な好みもあるので、種族間で交換を行うことにした。
 族長と族長代理たちは、種族が落ち着いた事を受けて、スーンが作った、集会場に集まっている。

エーリック白狼族族長。お主と、ロータル熊族族長ブリット豹族族長代理は、ツクモ様に、忠誠を誓ったと聞いたが間違いないか?」
ヘルズ獅子族族長代理。我らは、ツクモ様に忠誠を誓った、そして、白狼族の保護を求めた。お主たちの救出もお願いした」
エーリック白狼族族長。対価に何を差し出したのだ」
ヘルズ獅子族族長代理!!」「ブリット豹族族長代理。いい。俺が話す」

 対立構造ができ始めている。
 最初に保護を求めた、白狼族と熊族と豹族に、対して、救われた形になった、黒豹族と獅子族による、情報の不均等による考え方の違いだ。皆、カズトには感謝をしているのは間違いない。カズトを、主として忠誠を誓っているのも間違いではない。自分たちが生きているのは、カズトのおかげだということは、理解している。

 その上で、白狼族と熊族と豹族が、優遇されていると思えてしまうのが、この問題の難しい所だ

 ロータルが、激昂しかけたブリットを抑えて、口を開く。
ヘルズ獅子族族長代理。まずは、聞いて欲しい。儂が今から語るのは、嘘偽りない事実だ」
「わかった」
「他の者もいいか?」

 獅子族だけではなく、黒豹族の族長や、兎族の族長、鼠族の族長、鳥族の族長が、一斉にうなずく。

 ロータルは、奴隷商人に捕らえられていた事実を話して、それから、救われたこと、カズトとの面談の話を、包み隠さずに話した。

 話を聞き終えた、ヘルズは困惑の表情を浮かべた。
ロータル熊族族長。ツクモ様は、お主たちに、”忠誠”以外の何も求めていないと?」
「違うぞ、ツクモ様は、何も求められなかった、”絶対の忠誠”を捧げたのは、我らからだ、それを、受け取ってくださったのだ。儂たちは、それにすがったに過ぎない」

 長い、長い、沈黙が続く。
 獅子族や黒豹族は、実際に、カズトや眷属が、自分たちを救うために戦ったのを知っている。自分の命を天秤にかけて、人族から救ったのだ。だからこそ、なにか要求されていると考えるのが普通だ。その上、大量の食料と、安全に過ごせる場所。これらを、与えたのだ、”忠誠”なんて曖昧なものではなく、もっと実利のある物を要求されていると思っていた。それが、過大な物なら、最悪な事も考えなければならないと思っていた。

 コステルが沈黙を破る
「あ!」
「どうした、コステル兎族族長
「食料で、頭が混乱して忘れていた。スーン殿が、”人族が使っていた、武器や防具。ツクモ殿が、確保していた魔物素材や、スキルカードを、中央倉庫にまとめておいたから、必要な物は勝手に持っていっていい”と、言われたのを思い出した」
「は?」「え?」「なに?」

 武器と防具とスキルカードを、獣人族に渡すという決定を、カズトがした事が不思議なのだ。特に、戦いに特化した者たちは、武器があればという思いがある。人族は、鉄の武器を使うが、獣人族は、鉄の武器の数がすくなく、一部の者しか持っていない。品質も、かなり劣っている。人族の武装を解除したのは知っていた、獣人族は、カズトが、スーンたちの武装を充実させるのだと思っていたのだ。

 また、獣人族・・・特に、獅子族と、黒豹族は、思考の迷路に迷い込んでしまった。

「あっ!そうか!」
「どうした、猫族」

 猫族の子供が、大きな声を上げた。
 族長ではないが、猫族が1人しか居なかったので、この場に紛れ込んでいた。

「うん。皆が、なにか考えていたら、カイ様と、ウミ様の種族を教えていいって言われてた」
「種族?」
「うん」
「だれの?」
「カイ様とウミ様」

 皆の顔にはてなマークが浮かぶ。

「あっツクモ様が連れている、フォレスト・キャットか?」
「うん。そう。カイ様とウミ様!」
「”様”?」

 今日一番の超弩級の発言が飛び出す

「そうだよ。だって、カイ様は、”イリーガル・デス・ブルー・フォレスト・キャット”で、ウミ様は、”イリーガル・ブルー・スキル・フォレスト・キャット”。後、教えてもらったのは、ライ様は、”イリーガル・グレート・キング・スライム”だって」

 長い沈黙の後で、示し合わせたように

「「「はぁぁぁぁ??」」」

「スキルイータ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く