スキルイータ

北きつね

第二十四話

/***** カズト・ツクモ Side *****/

「エーリック。戦闘場所に検討がつくのか?」
「すまん。いえ、すみません。話から、黒豹族辺りだとは思います」
「エーリック。別に、言葉遣いは、普段のままでいいぞ。それよりも、場所か・・・戦闘が行われている。そうか!」

『ライ。近くに、スーンの手の者がいるよな?』
『うん』
『逃げた獣人たちは保護しているのだよな?』

 近くに居るエントから念話が届く。

『はい。大主のお言いつけ通りに』
『案内はどうしている?』
『エントとドリュアスを付けています』
『わかった、他に、森の中に逃げた者が居ないか探しながら、洞窟周辺に誘導してくれ』
『かしこまりました』
『それで、まだ見張っているエントかドリュアスが居るだろう?カイに念話で場所を知らせる様に言ってくれ、いいか、安全第一だからな。エントやドリュアス1人で敵対しないようにしろよ』
『大主。かしこまりました。カイ様を誘導するようにいたします』
『頼む』

 カイが、エントからの連絡を受けているようだ。
 俺たちの前に出て、誘導を開始する。

「エーリック。カイが、先導する」
「え?あっわかった」
「カイ!人族がどんな陣形になっているかわかるか?」

 カイは、走りながら、エントたちに確認しているようだ。

「主様。エントたちが言うには」

 カイは、人族の陣形と、今までの状況を話し始めた。
 話を聞いてみたが、陣形と言うようなものではない。単純に、後方があって、戦力を逐次投入しているような形だ。

 何が目的かわからないが、奴隷にするためなら、囲んで心を折ればいいのに、そうしないと、お互いに犠牲者だけが増えていくだけではないのか?

「エーリック。フォレスト・スパイダーを3匹つける。獣人族の本陣に行ってくれないか?」
「おぉ。ツクモ様は?」
「人族の本陣で捕えられている者たちを開放する。同時に、できたら人族の目的が”何か”を確認してくる」
「わかった。俺が行きたいが・・・いや、足手まといだな。すまない。お願いする」

 移動しながら、方針転換を行う。
 30匹連れてきた蜘蛛の中から、3匹を選んで、一番身体が大きかった者をリーダーに指名た。フォレスト・スパイダーに、先導させて、獣人族の陣地に急がせた。

 エーリックと別れてから
「ウミ。フォレスト・スパイダーを3組連れて、東側から廻って、人族の本陣を急襲しろ。なるべく殺さずに、無力化しろよ」
『わかった。行くよ!』

 ウミは、9匹のフォレスト・スパイダーとともに、東側から廻るように指示した。これで、人族の後方が混乱すれば、多少は、獣人族に掛かっていた、圧力を減らす事ができるだろう。

「カイ!」『主様!』
「ん?」
『僕は、主様の傍に居ます』
「そうか・・・ライ!」
『はい』
「一番難しい事を頼む。人族と獣人族が戦っている所に、割って入って、両者を無力化してくれ」
『わかった』
「フォレスト・スパイダーは、残り全部を連れて行け。俺には、カイが着いているから安心していいだろう?」
『ライ。お願いします』『わかった。カイ兄。行ってきます。殺さないほうがいいよね?』
「あぁ殺さないように頼む」

「カイ。包囲しようとしている人族を捕えていくぞ」
『わかりました』

 状況が逐次伝わってくる。

『人族の後方に出た。今から、突入するよ』
『獣人族と人族の戦闘区域に着いた。配置完了。いつでも大丈夫!』
『逃げていた獣人族の数名を確保。安全な場所に移動開始』

 エントからも報告が入る。
 カイも、先程から、人族をスキルで無力化している。

『カズ兄。捕まっていた、獣人族が居たけど、どうする?』
『話が通じそうな奴は居たか?』
『うーん。ダメっぽい』
『そうか、ライ。エーリックに付いている、スパイダーに話が通じるか?』
『大丈夫!』
『リーダに指名した奴に、エーリックと話ができそうなら、ウミの話を投げておいてくれ』
『あるじ。ダメっぽい。リーダ・フォレスト・スパイダーにはつながったけど、エーリックにはダメみたい』
『それじゃしょうがないな。ウミ。獣人族が、逃げたり、反抗したりした場合は、スパイダーで拘束してしまえ』
『はーい』

 ウミと蜘蛛が、人族を拘束したからって、獣人族の味方だと考えるのは、無理があるだろうからな。
 早く、エーリックと合流して、獣人族を安全な所に逃してしまいたい。その後に、捕らえた人族から情報を聞き取ればいいだろう。

/*** エーリック Side カズトから別れてから ***/

 本当に、フォレスト・スパイダーか?
 数歩先を移動している、スパイダーを見る。フォレスト・スパイダーなら、俺でも対抗できると思うが、先頭を移動している、個体とは戦いになりそうもない。ツクモ様も、進化した個体と言っていた。
 先頭の特殊個体以外の二体が、時折振り返って、俺が付いてきているのか確認しているようだ。

 俺にもはっきりと獣人族--多分、黒豹族--の存在が認識できる。
 まだ、生き残っていた。特殊個体を除いて、二体が左右に分かれる。どうやら、近くに居る人族を捕えに行くようだ。

 特殊個体は、俺が、黒豹族の存在を認識したのがわかるのか、俺の肩に乗ってくる。怖くないかと聞かれたら、迷わず”とてつもなく怖い”と答えるが、今は、そんな事を考えているときではない。

 見えてきた。
 戦闘も今は行われていないようだ。

「今なら問題ないだろう」

 独り言のつもりだったが、肩に乗っている、フォレスト・スパイダーが、片足を上げて答えてくれている。問題ないようだ。

「白狼族の族長、ヨーン=エーリックだ。無事な者は居ないか?」
「おぉぉ白狼族の、儂は、黒豹族の族長、カミーユ=ロロットじゃ。貴殿だけなのか?」
「説明は、後だ。今は、戦線を縮小して、後方に下がるぞ」
「なっそんな事をしたら、人族が攻め込んでくる」
「大丈夫だ。そちらは、別の者が、対処に向っている」
「・・・あい。わかった」

 それからの行動は早かった。俺も協力して、黒豹族たちを、まとめて、移動を開始した。

「エーリック殿。あの、スパイダーは?」
「大丈夫です。味方です。今は、そう思ってください。後で、説明します」
「了解した」

 けが人を連れて、戦闘区域からの撤退を行った。
 生き残った者は、全部で10名を少し越えるくらいだ。黒豹族としては、500名程度の集団だったと思う。獣人族の中で、一番の集団だったはずだ。

 言葉少なげに、撤退していく族長を見るのは辛い。
 全滅の危機から救ったと言えば聞こえはいいが、実際には、全滅一歩手前の状態だ。

 他の族はどうなった。

 ブルーフォレストに、集団を作っていた獣人族は、獅子族と兎族があったはずだ。全滅したか?
 複数の種族がまとまっていた場所も有ったはずだ。

 肩に乗っている、フォレスト・スパイダーが、俺の頬を叩く、そして、足で方向を示す。

「そっちに逃げろというのか?」

 足を上に上げる。そうだという意味だと取れる。

「ロロット殿?こっちの方角には何がある?」
「そっちには、小さな泉があるが、人族が居たはずだぞ?」

「大丈夫なのか?」

 フォレスト・スパイダーは、大丈夫と言っているようだ。

「ロロット殿。泉に向かいましょう」
「大丈夫なのか?」
「わからない・・・正直、わからないが、大丈夫だと思う」
「わかった、貴殿に救われた命だ。従おう」

 それから、数時間、辺りを警戒しながら、泉に向った。
 近場に居住するだけあって、ロロット殿たちの案内は的確だ。

 声が聞こえる。どうなっている?

「え?」
「へ?」

 隣で移動していた、ロロット殿も俺と同じ様に、奇異な声を出してしまった。
 そう思わせるだけの事が目の前で行われていた。

「ロロット殿。一応、訪ねるが、あんな物有ったか?」
「・・・はっ。イヤ、戦闘に入る5日前には、本当に泉があるだけの場所だ」
「やっぱりか・・・」
「なにか、知っているのか?」
「知っているわけではない。でも、もしかしたら、獣人族は助かったのかも知れない。急ぐぞ!」
「おい。エーリック殿。あれが、人族が作った物でない保証は無いのだぞ!」
「大丈夫だ。あれは、我が主が作らせた物だ!」

 確信が有ったわけではない。
 でも、間違いなく、カズト・ツクモ様が作られた、命じた物だろう。泉があったと思われる場所を、覆うように石壁が作られている。その周りに、柵が幾重にも作られている。
 そして、石壁の周りには、水が張られている。
 橋がかけられている場所には、ツクモ様の所に居たのと同じ衣装を着た者が立っている。
 フォレスト・エントだ。

「エーリック殿。いろいろ尋ねたいのだが?」
「すまん。どこまで話していいのかわからない。ただ、間違いなく、あそこは安全だという事だけは、保証しよう」
「そうか、貴殿を信用しよう」

 俺と、10名の黒豹族は、フォレスト・エントが守る場所に入った。

 ロロット殿は、座り込んで、泣き崩れてしまった。
 そこには、全滅したと思われていた獣人族の女子供が種族ごとに集まって、過ごしていたのだ。

「エーリック様とお見受けします」

 フォレスト・エントが声をかけてきた。

「あぁ」
「ご無事で何よりです。大主より、”人族の8割は捕らえるか、切り伏せた。残りも、撤退している。捕えられていた、獣人族もできる限りは、確保して、泉に向かう。申し訳ないが暫く待って欲しい”との事です」
「あい。わかった。ツクモ様もこちらへ?」
「はい。カイ様とウミ様とライ様と一緒に、こちらに向かうとの事です」
「ここは、貴殿たちが?」

「はい。野ざらしで申し訳ないとは思いますが、まずは安全を確保する事を優先いたしました」
「そっそうか」

 確かに、野ざらしだが、石壁に覆われて、中央に泉がある。どうやったのかわからないが、平坦な場所になっている。
 人族は、1ヶ所にまとめられて、檻のような物に入れられている。その前に、獅子族だろう、獣人族の中でも戦闘に秀でた者たちと、エントが睨みをきかせている。武装は解除されている。あの様子では、スキルカードも没収しているのだろう。

 俺たちに気がついて、幾人かがこちらに駆け寄ってくる。
 ロロット殿と抱き合って喜んでいる。

「白狼族の族長とお見受けする」

 獅子族と、熊族が声をかけてきた。

「あぁ俺は、白狼族の族長、ヨーン=エーリック。エーリックと呼んでくれ」
「失礼。儂は、獅子族。族長代理のウォーレス=ヘイズだ」
「俺は、テイセン。ロータル=テイセン。エーリック殿。お聞きしたい。父は、父は無事だったのでしょうか?」
「ロータル殿は、無事だ人族に捕えられていた、熊族も開放されている」

 テイセン殿は、緊張の糸が切れたのか、その場に座り込んで、”よかった”を連呼している。

「エーリック殿。お聞きしたい事がある」
「何でしょう?」
「お主の肩に乗っている”スパイダー”は?」
「あぁ味方だと・・・しか言えない」
「わかった。それはいいのだが、どういう事なのか説明して頂けないか?」
「・・・すまな。俺も、詳細はわからないのだ」

「ヘイズ殿。俺からも聞きたい。あの人族は?」
「・・・それこそ、儂が知りたい。儂たちの集落に突然人族が攻め込んできた。最初は撃退していたのだが、徐々に押されて、崩壊しそうなときに、女子どもを逃したのだが、そうしたら、フォレスト・エントとフォレスト・ビーナが人族に襲いだして、無力化してしまった。その後で、フォレスト・エントの案内に従って、ここに来てみれば、あの状況だ。檻の前には、さっきの熊族が1人で立っていたから、儂も協力したという流れだ」
「そうか・・・ツクモ様に救われたという事だな・・・」

「エーリック殿。その”ツクモ様”は、フォレスト・エントが言っている、”大主様”なのか?」
「そうだ。そして、白狼族は、カズト・ツクモ様に忠誠を誓った」
「え?なぜ?白狼族全体の意思なのか?」
「俺は、ツクモ様に命を救われた。一族もだ。俺は、族長として判断した。ツクモ様の配下になると、長老衆の意見はまだ聞いていないので、まずは俺個人としての言葉だけだが、長老衆は説得する。カズト・ツクモ様の下に、白狼族は入る。熊族と豹族の族長も同じ意見だ」
「そうか・・・獅子族は、話を聞いていると、一番最後に襲われたようで、犠牲者は出ていない。他の氏族は酷いのだろう?」
「わからない。白狼族は、男の半数は・・・ダメだろうが、女子供は、奴隷に落とされて・・・隷属化された後で殺された者も居るが、無事な者も多い」

「本当か?」

 横から、熊族のテイセンが割って入ってきた。

「あぁ今頃は、ロータル殿の所に移動していると思う」
「よかった・・・それで、その場所は?」

 熊族の若者は、すぐにでも移動を開始しそうになっている。

「すまん。テイセン殿。少し待って欲しい、もうすぐ、カズト・ツクモ様が、こちらに来られる事になっている」
「え?白狼族?それは本当か?」
「あぁ」

 それから、3時間程度が経過しただろうか?
 フォレスト・エントたちが、石壁の入り口に移動し始めた。

「エーリック様。大主がご到着いたします。どうされますか?」
「あっありがとう。もちろん、出迎えます。ロロット殿。ヘイズ殿。テイセン殿。どうされる?」

 他にも、複数の種族が見受けられる。族長や族長代理で出迎える事にした。

「スキルイータ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く