スキルイータ

北きつね

第三話

 違和感で目を覚ました。

 手足は動く、仕事でパイプ椅子3個で寝た時のような疲れではない。

 起き上がると、二匹の猫?が、足に絡みついていた。
 魔物!?猫?は、寝ているようだ。火に、誘われてきたのだろうか?

 茶トラと言われても納得してしまいそうな猫が二匹。短毛と、長毛の違いはあるが、顔立ちや体格が似ている。兄弟なのかもしれない。
 そうだ。眷属化を試そう。できてしまった場合には、食い扶持が増えてしまうが、なんとかなるだろう。

 短毛の猫に優しく触れて。”眷属化”のスキルを発動する。
 短毛の猫が、目を覚まして、アイスブルーの目で俺を見つめる。何も起きないまま数秒が経過した。

 ん?”眷属”になったのか?
 短毛の猫を関係してみた

// 名前:---
// 性別:オス
// 年齢:3
// 種族:フォレストキャット
// 称号:カズト・ツクモの眷属
// 固有スキル:---
// 固有スキル:---
// スキル枠:----
// スキル枠:----
// スキル枠:----
// スキル枠:----
// スキル枠:----
// レベル1:
// レベル2:
// レベル3:
// レベル4:
// レベル5:念話(3)
// レベル6:
// レベル7:
// レベル8:
// レベル9:
// レベル10:
// 体力:D
// 魔力:F

 眷属化した猫?が、目を開けてこちらを見ている。
『ごしゅじんさま』
「え?」
『ぼくです』

 ”にゃー”と可愛い声で眼の前の猫が鳴いた。

「お前か?」
『はい。ごしゅじんさま。僕に名前を付けて下さい。そして、妹とも契約して下さい』
「あぁいいよ。お前は、”カイ”だ。それから、俺の事は、カズトと呼んでいいからな」
『ありがとうございます。僕は、カイです。ごしゅ、カズト様。これからよろしくおねがいします』

 妹と言われた猫にも眷属化のスキルを発動する。
 ”にゃー”と、ひと鳴きしたので、鑑定を行ってみる。

// 名前:---
// 性別:メス
// 年齢:3
// 種族:フォレストキャット
// 称号:カズト・ツクモの眷属
// 固有スキル:---
// 固有スキル:---
// スキル枠:----
// スキル枠:----
// スキル枠:----
// スキル枠:----
// スキル枠:----
// スキル枠:----
// スキル枠:----
// レベル1:
// レベル2:
// レベル3:
// レベル4:
// レベル5:
// レベル6:
// レベル7:
// レベル8:
// レベル9:
// レベル10:
// 体力:G
// 魔力:D

 妹は、スキルは持っていないようだ。
 そうだ、固定化できないか?

「カイ。この会話は念話を使ったのだろう?」
『はい。そうです』
「あと二枚あるよな?お前たちは、固有スキルを持っていないようだけど、そこに念話を固定していいか?」
『え?あっはい』
「念話のカードを出してくれ」
『わかりました』

 カイから、念話カードを二枚受け取って、鑑定してみる。俺が、思っている事と、違っても困ってしまう。

// 対象との間に、話ができるようになる。
// 魔物と人族の場合には、魔物の意識の問題にはなる。
// 眷属との間では、思念が伝達できる。
// 一回の使用で、だいたい10~30分位

 概ね間違いないようだ。
 さて、剣にはできたが、生き物にできるのか?

 カイに念話カードを押し付けながら、固有化スキルを発動する。抵抗なく、カードがカイの中に入る。
 できたか?

 妹猫が、心配そうな雰囲気を出しながら、カイを見つめている。
 二匹で、”にゃーにゃー”言い合っている。その間に、カイを鑑定してみると、

// 固有スキル:念話(レベル1)

 と、出てきた、名前も、カイとなっている。

 話し合いが終わったのか、二匹揃って、俺に向かって頭を垂れる。

『カズト様。妹にも、名前と念話を与えて下さい』
「あぁ」

 まずは、念話を与える事にする。同じ要領で、固定化した。

「お前は、”ウミ”」
『ありがとうございます。カズト様。ウミは、嬉しいです』

 ウミを鑑定して、名前と固有スキルが付いている事を確認した。
 俺のステータスも確認しておく

名前:カズト・ツクモ
性別:男性
年齢:10
種族:フューム
パーティ:なし
称号:---
固有スキル:眷属化
固有スキル:鑑定
体力:H
魔力:A-
眷属:カイ/ウミ/空き(7)

 眷属化できる数に限りがあるのか?
 後悔は、一切ない。前世?で叶わなかった、もふもふ・ペットライフを夢見る事にする。

 カイとウミが、俺の所に来た理由を聞きながら、これからの事を決める事にした。
 二匹は、森の中で生活していたが、ダンジョンから出てきた魔物人族に襲われて、逃げてきたのだと話してくれた。森にも帰られないし、安全に眠れる場所を探していたら、俺が寝ていたという事だ。俺が安全かは、”賭け”だったようだ。

 森の中には、予想通り”水源”が存在している。ダンジョンと呼ばれる場所も存在しているようだ。他にも、カイとウミは、(猫目線で)食べられる草や果実が有る場所も知っていた。

 話を聞いて、まずは、水源を目指す事にした。
 カイとウミを襲った魔物人族も気になるが、水分と食物の確保が、喫緊の課題だ。

 カイとウミに、先導してもらいながら、森の中を30分位進んだ所で、水が流れる音がし始めた。それから、さらに10分位進んだ所で、小川が見えてきた。清流と言ってもいいのかもしれない。

 生水を直接・・・飲むしか無いようなので、先に鑑定を行う。

// 水:飲料

 カイとウミも、可愛い舌を出しながら、水を飲んでいる。
 まぁ大丈夫だろう。最悪、腹を壊す位なら、喉の渇きを潤す事を優先したい。

 手で掬って口に含む。
”うまい!”
 顔を小川に突っ込んで、喉を潤す。

”ゲフッ”
 俺が、顔をあげると、カイとウミも、川から顔を上げていた。
 二匹とも、なんとなく心配そうな雰囲気を出している。大丈夫といいながら、交互に頭をなでてあげると、安心したようだ。

 まったりとした時間が過ぎていた。何も解決していないが、喉の渇きを潤せただけで、こんなにも気持ちが楽になるとは思っていなかった。
 カイとウミも、俺の膝の上で丸くなって寝始めた。安心してもらえるのは嬉しいが、魔物が襲ってきたら、逃げる一択なのだけどな。

 しばらく、カイとウミをなでながら、小川の流れを見ていた。

”ウゥーウゥー”
「カイ。どうした?」
 カイが身体を起こして、小川の先の茂みを睨んで、警戒する声を上げている。

『カズト様。何か来ます』
「敵か?」
『『はい』』

 カイとウミも臨戦態勢になる。
 二匹の頭をなでて、少し落ち着かせて、剣を構える。剣道の経験はあるが、そんな物が通じるのか?

 逃げるほうがいいのではないか?逃げられるか?

 茂みから出てきたのは、いわゆる”ゴブリン”と呼ばれる魔物のようだ

// 種族:ゴブリン
// 体力:G
// 魔力:H

 なんとかなるかもしれない。
「カイ。ウミ。あいつ一匹だけか?」
『カズト様。あいつだけです』『カズト様。アタシたちも』
「カイ。ウミ。周りを警戒していてくれ、あいつは俺が相手する」
『だめです!』『はい』

 ウミは納得してくれたようだ。カイは、俺の足元に居たが、ウミに連れられて、一歩下がった所で、辺りを警戒してくれる。

 茂みから現れたゴブリンは、本当に一匹のようだ。
 そして、手に棍棒を持っている。ゲームで見てきた姿とさほど変わらないが、より”魔物”という感じがする。

 こちらを見据えている。小川の手前で止まって、足に力が入ったように見えた。”来る!”

 そう思った瞬間に、ゴブリンは、棍棒を振り上げて、俺に襲いかかってきた。
 剣で棍棒を防ぐ。腕に衝撃が走るが、耐えられる。剣に力を入れて、そのまま押し切ろうとするが、ゴブリンが一歩下がる。
”ここだ!”
 一歩踏み出して、剣先をゴブリンに向けたまま一歩踏み出す。全体重をかけて、剣をゴブリンの首筋に突き刺す。

 嫌な感触と共に、緑色の液体が飛び散るのが目に入る。

 横たわる。ゴブリン。絶命しているのが解る。
 緊張で声がでない。初めて・・・の、命のやり取り。

「カイ。ウミ。もう大丈夫だ!」

 二匹が寄ってくる。ゴブリンを見ている。

「どうした?」
『カズト様。死体はどうするのですか?』
「ん?捨てていくけど?ゴブリンは、食べられないだろう?」
『はい。人族は、食べないと思います』『カズト様。食べていいですか?』
「ん。カイ。ウミ。お前たちは食べられるのか?」
『はい。正確には、魔力を食べます。いいですか?』『いい?』
「あぁいいぞ」

 二匹が、ゴブリンに近づいて、”にゃーにゃー”言っている。魔力を食べているのだろう。

「もういいのか?」
『はい』『うん』

 カイとウミが、ゴブリンから離れたのを見て、声をかけた。
 本当に、すぐに食べ終わるようだ。

「さて、行くか。カイ。果物がある場所に行ってくれ」
『わかりました』

 カイは、俺の側を歩いている。ウミは・・・俺の、肩に掴まっている。魔力を吸収して眠くなったと言っていた。

 移動しながら、カイに聞いてみた、ゴブリンの肉は硬くて美味しくないから食べないらしい。死体は、スライムや蟲が始末してくれるらしい。
 カイやウミは、魔力を吸収する事で、力が付くらしい。

 人族はどうするのだろう?
 ステータスにも、鑑定でも、レベルが有るのは、スキルカードだけのようだからな。

 そう言えば・・・
「カイ。俺の種族は、”人族”だと言っていたよな?」
『はい。違うのですか?』
「あぁ俺は、”ヒューム”という種族らしいぞ」
『え?聞いた事がありません。長老とかに聞けば知っているかもしれませんが・・・。申し訳ありません』
「いいよ。いいよ。そのうち解るだろうからな」
『はい!』
「カイ。それよりも、長老って?」
『え?あっフォレストキャットの長老です』

 うーん。なんか、噛み合っていないけど、いいか・・。機会があれば会えるだろう。

『カズト様。僕たちが根城にしていた場所は、あの辺りで、食べられる果実があります』
「そうか、ありがとう」

 さすがに空腹感も出てきたし、何か食べたいと思っていた所だ。
 カイとウミが襲われたと言っていた魔物が居ないことを祈りつつ、指定された場所に急いだ。

 幸いな事に、魔物はすでに居なくなっていた。
 木々に囲まれた場所で、小川から5分位の距離にある。

 カイが言っていたとおり、周りに果物がなっている

// 名前:アプル
// 食用:可能

// 名前:ピチ
// 食用:可能

 2つの果物。”りんご”と”もも”だ。形も匂いも俺の記憶にある物と違いはない。
 魔物が来なければ、”ここ”をしばらくの拠点にしてもいいかもしれない。

 まずは、腹を満たす事にする。
 ナイフがあるので、カイとウミにも切り分けてやる。調子に乗って、りんごを、6個も?いてしまった。一人と二匹で食べるには多すぎた。剥いた皮や芯が、山のようになってしまった。

 一息つけた。”りんご”も”もも”もまだ沢山ある。
 しばらくは、食べるのには苦労しないだろう。こういうときに、IT土方で鍛えられた精神力が嬉しくない効力を発揮する。3食”同じ”カップ麺を1ヶ月続けても飽きなかった精神力が・・・悲しくなってきた。

 辺りを見回す。広場にはなっているが、直径10m程度の広さしかない。柵もなく寝るのには勇気がいる。交代できる人がいれば多少は違うだろうけど、カイとウミと俺だけでは少し心許無い。

 さて、どうしようかな・・・。

「スキルイータ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く