泡沫

小田 恵未里


僕は微笑んだ。
水面がキラキラ空を反射するのを見て。
白鳥が羽を靡かせ飛ぶ姿に、胸が躍った。

君は微笑んだ。
好きな人からの電話の着信音を聞いて。
何気無い会話の一つ一つに、胸が躍った。

スマホを片手に僕の横を通り過ぎていく少年。

僕は知らない君の幸せ。
 君も知らない僕の幸せ。


僕は泣いた。 
映画の最後に、主人公の家族が消える瞬間を見て。
何度もその場面を思い出しながら目を瞑った。

君は泣いた。
友達に酷い事を言ったと後悔をして。
明日に不安を抱いて、落ち着かぬまま目を瞑った。

仲直りをして手を取り合う二人の少女。

僕は知らない君の悲しみ。
君も知らない僕の悲しみ。

きっと、これからも知る事はない。
僕は僕であって、君は君。

僕にとっての僕。
        それが、この世界で一番確かなもの


「泡沫」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く