天才の天才による天才のための異世界

白兎

第十五話  伝説の殺し屋

 
 和也は悩んでいた。


「今後のことを考えて、強い奴と仲間になった方が良いよな?」


「知らないわよ。自分が強くなったら?」


 和也の言葉にリリは呆れ顔で返した。


「俺が特訓したとして、強くなるビジョンが見えるか?」


「……無理ね」


「だろ? なら、仲間を増やす。俺はゲームでも強い奴に手伝ってもらって、楽にレベル上げしたいの」


「言ってる意味が分からないけど、とりあえず、あんたのヘタレさは伝わったわ」


 ここは、ルカリア国立図書館。
 和也は休日なので遊びに来ていた。


「こんなところで油を売っている暇があったら、剣の訓練でもしたら?」


「手厳しいな。それに、今は筋肉痛で訓練どころじゃないんだよ」


 適当に理由をつけると、リリに質問する。


「なぁ、味方になってくれそうな奴しらない?」


「あんた騎士団に入ってるんなら強い人くらいいるでしょ」


「フランはどっか頼り無いし、二クスは脳筋だし、オストワル団長は団長だし、俺は論外だし」


「あんたねぇ……」


 リリは、ため息をつくと棚にある本を一冊取り出した。


「確かこの辺り……あった!」


「ん? なんだ? 名前がいっぱい書いてある」 


「これは、今、牢獄で服役中の人たちの名前よ」


「なんで、そんなんあるんだ?」


「もちろん、普通は見れないわよ。騎士団にいる人しか拝見できないの」


「へぇ~。で、それがどうしたんだ?」


「ほら、この人」


 リリはそう言って、一つの名前を指さした。


「ナトリア・ハンフリー?」


 リリは、まるで怪談話をするような顔で語り始める。


「ナトリア・ハンフリー……彼女は化け物と恐れられた伝説の殺し屋よ」


「殺し屋?」


「実力はあのカリファーさんですら、凌駕すると言われてるわ」


「そんな奴、良く捕まったな」


「それが、自分から捕まりに来たのよ」


「なんで?」


「知らないわよ。けど、こんなチャンス二度とないから、おとなしく捕まってもらったそうよ」


「確かにそいつが凄いのはわかった。で、こいつがどうしたんだ?」


「どうしたって……強い人紹介してくれっていうから」


「なんで殺し屋チョイス!?」


「強かったら問題ないかなって……」


「あるよ!! 問題しかないよ! ジョーカー過ぎて使いずらいよ! なに? もしかしてリリって天然?」


「……てへっ!」


 リリは下を出して自分の頭をこずいた。


「ま、一応あってみるか」


「会うんだ……」


 結局会いに行く和也にリリは、苦笑いを浮かべた。






 ――王宮


「と、いうわけで、会わせて」


「は、はぁ」


 いきなり押しかけてきたと思えば、囚人に会わせてという和也の頼みにセシアは反応に困った。


「面会は別に構いませんが……危険ですよ?」


「大丈夫。俺一人で行ってくるから、別に姫についてきてもらおうとは思ってない――」


 和也の過保護的な発言に、セシアは頬を膨らませる。


「見くびらないでください! これでもカリファーに剣は習っています。あなたよりは強い自信はありますよ」


 セシアの挑発的な発言に和也は反応した。


「冗談は止してくださいよ姫様。さすがに姫に負けるほど弱くはないですよ」


「いやいやカズヤさんの方が……」


「いや、姫さんの方が……」 


 こんなやり取りが数分続いたが、使用人が微笑ましく見ていたのに気付き顔を赤らめて、結局二人で行くことになった。






 ――地下牢獄


 光の魔石が置いてあるが、あたりは薄暗く、じめじめしており少し暑い。声は聞こえず、水が滴る音しかしない寂しい場所だった。


「本に書いてあった割には全然人がいないな」


「ここには、ほんとに危険な人しか収容されていません」


 セシアの話によると、地下牢獄は重罪を犯し、日の光を拝むことができない人が入っているらしい。
 もちろん、普通のきちんとした牢屋は別にある。


 誰もいない牢獄を進み、ついに――


「あんたが、ナトリア・ハンフリーか?」


 そこには一人の女性がいた。体は引き締まっているが出るとこは出ている。さらっとした短い黒髪は、汗で濡れており、手足は壁から伸びている鎖でつながれている。


「……」


 ナトリアはゆっくりと和也を見る。その、黒い瞳は化け物というには儚く、人というにはとてつもなく深い絶望に満ちていた。目の前に置いてある食事はきれいに平らげているあたり、食欲はあるらしい。むしろ、食い終えた後の皿やコップが何枚も積んであった。


 ――分析スキャン


「……で、いつから捕まってるんだ?」


「そろそろ二年が経ちます」


「この皿は?」


 セシアは頬を掻きながら答えた。


「実は……彼女の食欲が尋常じゃなくてですね……」


 ――もしかして、良いように使われてる?


 セシアの歯切れの悪い言い方から、ナトリアが抜け出そうと思えば簡単に抜け出せるのでは?と思った。 ナトリアはまっすぐ和也を見ている。すると、ナトリアが口を開いた。


「おな……が……いた……」


「え? なんて?」


 その声は小さく聞こえなかったため、和也は耳を傾けてもう一度言うように言った。
 ナトリアは今度ははっきりと


「お腹が……空いた」


 ナトリアは眼を輝かせている。伝説の殺し屋とは、とても思えないほど彼女は無垢な表情をしている。
 和也はその場でしゃがみ、ナトリアと目線の高さを合わせて、


「腹が減っているなら食べさせてやってもいい。が、条件がある」


 ナトリアは面倒くさそうな顔をするが、和也はひるまず続けた。


「お前が勝ったら、ちゃんとしたうまい飯を食わせてやる」


「!?」


 表情はあまり変わっていないが、食いついたことだけはわかった。


「ただし、負けたら俺のものになれ」


「な、何を言っているのです!?」


 セシアが横から口を挿んだ。どうやらこの勝負には反対らしい。
 だが、二人はセシアの言葉に耳を傾けることなく続けた。


「あなた……正気?」


「あぁ、俺にはお前が必要なんでな。別に悪い条件ではないよな? そんな薄味で質素なもんばっか食べるより、美味いもの食いたいだろ? ま、無理かもしれないけど」


「あまり……私を……舐めないで。見ればわかる……あなたは私より……弱い」


「そんなこと知ってる。だから、やるのは俺だけじゃない」


 ナトリアは首を傾げた。


「ナトリアが相手にするのは第三騎士団だ」


「それでも……足りない。私を倒すなら……騎士団全員……必要」


「勝手に勝負内容を決闘と決めんなよ。俺たちがする勝負は――」


 和也はにっこりと笑い、


「鬼ごっこだ」






 ********************






「どうするつもりですか!?」


 セシアは怒っている。それもそのはず、勝手に囚人に、ましてや敵にするのも恐ろしい人に勝負を仕掛けたのだから。


「なにを? 別に負けたら牢獄から出してやるなんて言ってないんだし」


「そういう問題ではありません。どうやって第三騎士団を動かすのですか? あなたに指揮する権限はありませんよ?」


「そこは権限のある奴が命令するんだよ」


「オストワル団長ですか?」


「違うよ」


 そう言って、和也はにっこりと笑い、セシアを見つめた。






 ――兵舎食堂


「馬鹿なんですか!?」


 フランが机を叩きながら立ち上がる。和也はフランの口を素早く抑え小声で話す。


「声がでかい。これはお前らしか話していない」


「なんで俺たちだけなんだ?」


 その場にいた二クスは和也に質問する。
 和也はフランから手を離し、


「あんまり本当のことは知られたくないけど、協力してくれる人が必要でな」


「にしても、あの伝説の殺し屋がよく勝負に乗りましたね」


 フランの言葉に二クスが頷く。


「確かに。無罪放免ではなく食糧だろ? どんな洗脳をしたんだ?」


「洗脳とは失礼だな。普通に話しただけだ。リリの話によるとナトリアは自分から捕まりに来た。そのうえ、脱獄は可能なのにそれをしなかった。おそらく、出られない理由があるんだろう。なら、自分の欲望くらいまともにしたいと考える」


「それが食事の改善ですか?」


「あぁ。それに、ナトリアはこの勝負に勝利するのは簡単だと思っている。だから、勝負に乗った。あいつにとってこれは勝負じゃない。食事が改善される前の遊びとしか思ってない」


 和也は悪い笑みを浮かべ、続ける。


「つまり、これはこっちには負けても支障が少ないが、勝った場合得るものが大きいという、低リスクハイリターンの勝負」






 ――時は遡り、地下牢獄


「シチュエーションとしてはお前がここから逃走し、第三騎士団が捕らえるという形だ」


「好きに……逃げて……いいの?」


「王宮の敷地内だったらどこでも好きに逃げて構わない。ただし、俺たちは手加減抜きで殺すつもりでかかると思うが、お前は手を出してはいけない。ただ逃げるだけだ」


 ナトリアは、素直に和也のルール説明を聞く。


「物の売買や強奪も駄目だ。で、手錠をかけられたらお前の負け。日没まで逃げきれたらお前の勝ち。オーケー?」


「わかった……」


 ナトリアが合意したことに和也は笑みを浮かべる。


「なら、誓約の儀をしようか」


「勝手に話を進めていますが、わたくしはまだ協力するとは……」


「確か姫さんなんでもするって言ってたような」


「そ、それは……」


「それにこいつは戦力になる。誓約の儀で逃げることもできない。負けても食事内容を変えるだけ。何がそんなに嫌なんだ?」


 セシアはため息をつくが、和也の説得が功を奏し、協力してくれるようだ。
 そして、和也はナトリアと向かい合い、


「明日が楽しみだな」


 和也は笑ってそう告げた。





「天才の天才による天才のための異世界」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く