観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

エピローグ2

 すると岡島さんは大声を上げ扉から駆け寄ってきた。表情を驚きと共に輝かせて。すぐに門の扉を開けて私の前に立った。

「覚えてる! 覚えてる! アリスちゃんでしょ? 久しぶり~」

 うわ、めっちゃ歓迎されてる。両手まで握ってきた。

「私のことよく分かったね」

「だって、全然変わってないもの。髪型とか雰囲気とか」

「そうかなぁ?」

「そうだよ」

 ちょっととぼけたような仕草。けど、すぐに岡島さんは顔を明るくして私を見てくる。 

「まあ私はそうかもしれないけど、でもアリスちゃんは変わったよね。前とは違って驚いたよ」

「え、そ、そっかなあ~?」

「そうだよ!」

 楽しそうに笑ってる。なんだか恥ずかしい。照れ隠しに、離してもらった両手で頭を掻いたり手を横に振る。

「前よりも大人っぽくなったし」

「そんなことないよ~」

「それに明るくなった」

「そんなことないって~!」

「可愛くなった!」

「いや、それは前からかな」

「あ、そ、そっか」

 六年ぶりの再会に舞い上がってしまう。けれど。私は楽しい雰囲気を固くさせ、表情も引き締めて、目の前にいる岡島さんを真っ直ぐと見つめた。

「あのね、岡島さん。実は、今日ここに来たのには理由があって」

 私の改まった言い方に岡島さんが目をキョトンとさせる。そんな彼女へ、私は言う。

「三年生のころ、岡島さんの靴が隠されたことあったよね。あれ、実は私だったの」

「え? そうなの?」

「……うん」

「へえ~」

「ごめんなさい!」

「え!?」

 私は思いっきり頭を下げた。腰を九十度曲げて。これで許してもらえるなんて思えないけど、でも、出来るだけ誠意を示す。申し訳ない思いを全面に出して、私は頭を下げた。

「いや、え~と」

 なんだけど、叱咤の言葉はすぐには来なかった。というより、おどおどしているような。恐る恐る顔を上げると、案の定岡島さんは戸惑っていた。

「そうだったんだ……。でもあれでしょ? あいつらに脅されたとかでしょ?」

「うん、でも私はあなたにひどいことをしたから」

「まあ、それは~……」

「だからお願いがあるんです!」

「だからお願い? ん、どういうこと?」

「私を殴ってください!」

「ファ!?」

 私は体を起こし、真正面からお願いした。

「ちょっ、何言ってるの? 出来ないよそんなの」

「どうしても?」

「ムリムリ」

「分かりました」

 けれど岡島さんは顔を振って頑なに拒んでいた。しかしこうなるだろうと思っていた私は、最後の手段に打って出る。

「自分で殴ります」

「ええー!」

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く