観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

残酷な真実2

 トイレに入ったら上から水をかけられたことも、みんなが私を避けるようになったことも。まるで孤独な世界に立たされたような悲しみを。

 だけど、他には? 思い出して私、私はここで、ここで!

 トラウマの記憶、メモリーが近づく。触手がみるみると。

 頭が痛い。私は激痛に目を閉じ両手で頭を抱える。

「くっぅ」

 痛みが走る。記憶が乱れる。この教室で、私は、私は。

「オオオオオン!」

 メモリーの叫び声に恐怖が絶頂する。

 だが、意識すら飛びそうな恐怖は過去の体験を思い出させて――

「ハッ!」

 目を開く。そうだ、私は!

 バン! 瞬間だった、教室の壊れていない方の入口が思いっきり開かれ、そこからホワイトが現れた。

「思い出すなー!」

 大声で私に叫ぶ。私は頭を抱えていた両手をゆっくりと放し、そんなホワイトを唖然と見つめた。

「私……」

「オオオオオン!」

 メモリーが叫ぶ。漆黒の体に生えた緑の触手を振り回し。教室に入り切れない巨体を震わせて。そして、身体が霧状になっていった。みるみると、この黒い世界から消えていく。

「アリス、お前、まさか……」

 ホワイトは入口で立ったまま、驚いた表情で私を見つめている。そんな彼を見つめ返したまま、私は、言った。

「思い、出した……」

 メモリーが消えていく。あれほど恐怖を振り撒いていた怪物が。けれどそんなことはどうでも良かった。もう、いいんだ。

 私は唖然と、ホワイトを見つめたまま立ち尽くす。そんな私の頬を伝い、一つの涙が零れ落ちた。

 思い出した。ようやく思い出した、ここで起きたことを。

 そして、どうしてホワイトがそこまで真剣に、焦った表情で私を見ているのか、その理由すら、今の私には分かる。理解、してしまう。

「私、サイテー、だ……」

 胸から湧き上がる感情。それは悲しみだった。今までとはまったく違う。

「う、うう、うっ……」

 私はその場に泣き崩れた。深い悲しみに、耐えきれず嗚咽を漏らしながら。

 私は、かつての自分を思い出した。

 いつものように、小学三年生だった私は登校し教室へと入った。しかし、私の机に書かれた悪口に、私は泣いていたんだ。周りからは小さな笑い声と、静かな視線しか感じなかった。

 私はずっと、一人で、まるで閉じ込められたような黒い世界で、泣いていたんだ。

『誰!? こんなことした人!?』

『え?』

 なのに、誰かが言った。泣いているだけだった私に、誰も構ってくれなかった私に、庇ってくれた女の子がいたんだ。

『だいじょうぶ? アリスちゃん?』

 岡島祈おかじまいのりちゃん。黒い髪のショートカットで、元気で明るくて、正義感が強い子だった。

 嬉しかった。誰一人、助けてくれる人がいなかった私に、彼女だけが声を掛けてくれた。心配してくれて、優しくしてくれたんだ。

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く